広告 借金・債務整理

【ニーズ別】カードローンおすすめ8選!選び方から申込方法まで解説

「カードローンって、結局どれがおすすめなの?」

「そもそも申込方法がわからない!」

カードローンとは、消費者金融や銀行が提供する個人を対象にした融資サービスです。

ローンカードやスマホアプリなどを使い、利用限度額まで何度でも借入できます。

ただ、初めて利用するときには選び方や申込方法がわからず、不安を感じることも多いのではないでしょうか。

この記事では、元銀行員で個人融資も担当した筆者が厳選した、おすすめのカードローンを紹介しています。

また、気になる審査基準や申込の流れについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

カードローン選びで確認したいポイント

初めてカードローンの利用を考える場合、さまざまな種類から自分に合ったものを選ぶのは大変ですよね。

そのようなとき、ある程度の基準があると選びやすくなります。

カードローン選びで特に確認しておきたいポイントは以下の通りです。

〈カードローン選びで確認したいポイント〉

・金利負担は大きすぎないか
・審査や融資のスピードはどうか
・無利息期間はあるか
・家族や知人にバレないか

それぞれ確認していきましょう。

金利負担は大きすぎないか

金利とはお金を借りた場合に支払う利息の割合で、一例は以下の通りです。

カードローン金利
レイク年4.5%〜年18.0%
アイフル年3.0%〜年18.0%
三井住友銀行カードローン年1.5%〜年14.5%
みずほ銀行カードローン年2.0%〜年14.0%

例えば年18.0%で10万円を30日借りた場合、以下の計算になります。

1日分の利息:100,000円×18.0%×365日=49.315…円

30日分の利息:49.315…円×30日=1,479.452…円

初めての借入では基本的に上限金利が適用されるので、その金利負担が自分に耐えられるものか、あらかじめ考えたほうが良いでしょう。

また、消費者金融のカードローンよりも、銀行のカードローンのほうが金利が低い傾向にあることは覚えておいてください。

審査や融資のスピードはどうか

特に急ぎでお金が必要な場合、審査スピードは重要です。

同じカードローンでも最短即日で借入できるものもあれば、数日時間がかかるものもあります。

カードローンの種類による、審査・融資スピードの目安は以下の通りです。

消費者金融のカードローン最短即日
銀行のカードローン2日〜1週間程度

せっかくカードローンを契約しても、必要なタイミングに間に合わなければ意味がありません。

審査状況により融資スピードは異なりますが、事前に公式サイトなどでおおよその所要時間を確認しておくと良いでしょう。

無利息期間はあるか

無利息期間とは、主に消費者金融のカードローンで設定されている、利息がかからない期間のことです。

「契約日の翌日から60日間」「初回借入日の翌日から30日間」などと、会社ごとに条件や期間が異なります。

無利息期間があれば完済までに支払う利息が節約でき、おトクに借入できるでしょう。

家族や知人にバレないか

お金を借りることは悪いことではありませんが、なるべく家族や知人に借入を知られたくないと思う人も多いでしょう。

そのような場合は、以下のようなポイントを満たすカードローンを選ぶのがおすすめです。

〈家族や知人にバレないカードローンのポイント〉

・ローンカードが必要なく、WEBやアプリで取引できる
・郵送物が送られてこない
・電話による職場への在籍確認がない

ニーズ別おすすめカードローン8選

ここでは前項のポイントにもとづいて、筆者が厳選した8つのカードローンを紹介していきます。

自分が重視したい項目から、納得できるサービスを選んでみてください。

〈ニーズ別おすすめカードローン8選〉

・低金利な銀行カードローン
 −手数料無料の三井住友銀行カードローン
 −住宅ローン契約者の金利が優遇されるみずほ銀行カードローン


・最短即日!審査・融資が早いカードローン
 −最短20分で融資完了のアコム
 −最短15秒で借入可能額までわかるプロミス


・おトクな無利息期間のあるカードローン
 −最大180日間利息0円のレイク
 −最大2ヶ月金利実質0円のクレディセゾン


・家族や知人にバレないカードローン
 −原則電話での在籍確認なしのアイフル
 −本人への電話でOKのSMBCモビット

1つずつ、その特徴を見ていきましょう。

低金利な銀行カードローン

前述のように、銀行カードローンは消費者金融のカードローンに比べて金利が低い傾向があります。

「即日融資でなくでも良い」「長期で借りるから、無利息期間がなくても金利が低いほうが良い」という人は、ぜひ検討してみてください。

ここで紹介するのは以下の2つです。

〈低金利な銀行カードローン〉

・手数料無料の三井住友銀行カードローン
・住宅ローン契約者が優遇されるみずほ銀行カードローン

手数料無料の三井住友銀行カードローン

〈三井住友銀行カードローンの特徴〉

・提携するコンビニATMの利用手数料がかからない
・金利は年1.5%〜14.5%
・審査回答は最短当日

三井住友銀行カードローンは、提携するコンビニATMの利用手数料がかかりません。

低金利なうえ、他の多くのカードローンで毎回必要になる110円〜220円の手数料がかからないので、全体として低コストで利用できます。

審査結果も最短当日に出るため、銀行カードローンの中でも比較的審査スピードが早いと言えるでしょう。

住宅ローン契約者の金利が優遇されるみずほ銀行カードローン

〈みずほ銀行カードローンの特徴〉

・住宅ローン契約者は上限金利が14.0%から13.5%に下がる
・条件を満たせばコンビニATM利用手数料も優遇される
・ローンカードとキャッシュカードを兼用できる

みずほ銀行カードローンでは、住宅ローン契約者は上限金利が年14.0%から上限年13.5%に下がります。

さらに、以下の2つの条件を満たすことでコンビニATM利用手数料が優遇されるのも特徴です。

〈コンビニ(イーネット)ATM手数料の優遇条件〉

ステップ1:みずほダイレクト(インターネットバンキング)の初回登録をする

ステップ2:以下の表のいずれか1つの条件を満たす

条件コンビニ(イーネット)ATM時間外・利用手数料
預金残高30万円以上月1回まで0円
J.Scoreの利用(*新規受付終了)
以下の対象のキャッシュレス商品の利用
・みずほマイレージクラブカード
・みずほJCBデビット
・みずほWallet
・J−Coin Pay
月2回まで0円
積立投資信託1万円以上の利用
給与の受取
みずほ学割の加入
「みずほマイレージクラブカード」および
「みずほJCBデビット」年間100万円以上の利用
月3回まで0円
資産運用商品合計100万円以上の利用
借入残高あり

(参考:みずほ銀行|みずほマイレージクラブ「うれしい特典」)

また、キャッシュカードとローンカードが兼用できるので、カードローンの利用が周囲に知られにくいのも嬉しいポイントです。

最短即日!審査・融資が早いカードローン

続いては、緊急で資金を必要としている人におすすめの、審査・融資スピードが早いカードローンです。

多くの消費者金融が「最短即日」をうたっていますが、中でも以下の2つは融資や事前審査のスピードが早くおすすめです。

〈最短即日!審査・融資が早いカードローン〉

・最短20分で融資完了のアコム
・最短15秒で借入額までわかるプロミス

最短20分で融資完了のアコム

〈アコムの特徴〉

・最短20分で融資完了
・WEB完結、電話、郵送など幅広い申込方法に対応している
・返済日は「35日ごとの返済」「毎月指定日の返済」の2種類から選べる

アコムは最短20分で融資が完了する、スピード感が魅力です。

申込方法も豊富で、以下の4つの方法から都合に合わせて選択できます。

〈アコムの申込方法〉

・WEB完結(最短20分融資)
・店舗(最短20分融資)
・電話
・郵送

最短20分融資は適用されないものの、電話や郵送に対応しているのはWEB手続きに慣れない人にはありがたいサービスでしょう。

ちなみに筆者の知人によると、WEB完結では21:00頃に申し込んでも即日で融資してもらえたとのことでした。

その人の審査状況によるものの、夜間でもスピーディーに対応してくれるのはありがたいですね。

また、返済日は「35日ごとの返済」「毎月指定日の返済」の2種類から選べます。

「35日ごとの返済」とは、借入日から35日以内ごとの返済期日まで、いつでも返済できる方法のことです。

自分の都合に合わせて返済できるので、自分の都合に合わせて返済したい人におすすめです。

最短15秒で借入可能額までわかるプロミス

〈プロミスの特徴〉

・最短15秒で借入可能額までわかる事前審査に回答可能
・契約日ではなく「初回借入日の翌日」から30日間利息0円
・最短20分で融資完了

プロミスでは、最短15秒で借入可能額までわかる事前審査に回答できます。

「審査に通りそうか」「いくら借りられるのか」がわかれば、他のカードローンを検討するなど、その後の対応を考えやすくなるでしょう。

また、初回契約日ではなく、初回借入日の翌日から30日間無利息なのも大きな魅力です。

万が一に備えて契約しておいても、いざ借入するときには無利息期間を無駄なく使えます。

おトクな無利息期間のあるカードローン

無利息期間中に完済できれば利息を一切払わなくて良いということなので、大変おトクにカードローンが利用できます。

短期間での借入を考えている人は、ぜひ検討してみてください。

中でも無利息期間が充実しているのは、以下の2つです。

〈おトクな無利息期間のあるカードローン〉

・最大180日間金利0円のレイク
・最大2ヶ月金利実質0円のクレディセゾン

最大180日間金利0円のレイク

〈レイクの特徴〉

・契約日翌日から60日間利息0円
・初めての5万円以下の借入は無利息期間を180日間も選べる
・返済金額がわかりやすい

レイク無利息期間は、60日間と長めに設定されています。

WEB申込限定、かつ借入額200万円以内という条件はありますが、平均30日程度の無利息期間が倍になるメリットは大きいでしょう。

さらに、初めての5万円以下の取引なら無利息期間180日も選べるので、少額利用したい人にはピッタリのカードローンと言えます。

また、返済額がわかりやすいのもポイントです。

残高ごとに定められたパーセンテージで計算するカードローンもある中、以下のように基準残高ごとに返済金額が決まっています。

特に初めて利用する人にとっては、返済額のわかりやすさは安心感につながるでしょう。

〈利用残高に応じて返済額が変動する「残高スライドリボルビング方式」の場合〉

契約期間中の最大利用残高返済額
1〜100,000円4,000円
100,001〜200,000円8,000円
200,001〜300,000円12,000円
300,001円〜400,000円12,000円
400,001円〜500,000円14,000円

(金利年18.0%、返済回数60回以内)

〈利用残高に関わらず定額で返済する「元利定額リボルビング方式」の場合〉

契約金額毎月の最低返済金額
10万円4,000円/36回まで
20万円8,000円/36回まで

(参考:レイク「ご返済方式」)

最大2ヶ月金利実質0円のクレディセゾン

〈クレディセゾン(MONEY CARD GOLD)の特徴〉

・最大2ヶ月金利実質0円
・事業性資金にも使える
・金利は年15.0%

クレディセゾンのMONEY CARD GOLDは、最大2ヶ月金利実質0円になるのが大きな魅力です。

入会日の翌月末までに借入した分について、3ヶ月後の引落日までに返済した分の利息がキャッシュバックされる仕組みです

また、多くのカードローンとは異なり、借入金は事業性資金にも使えます。

運用資金や設備資金を用意したい自営業・自由業の人にも喜ばれているカードローンです。

家族や知人にバレないカードローン

家族や知人にカードローンの利用を知られないためには、前述のように以下のポイントが重要です。

〈家族や知人にバレないカードローンのポイント〉

・ローンカードが必要なく、WEBやアプリで取引できる
・郵送物が送られてこない
・電話による職場への在籍確認がない

次に紹介する2つのカードローンから検討すると良いでしょう。

〈家族や知人にバレないカードローン〉

・原則電話での在籍確認なしのアイフル
・本人への電話でOKのSMBCモビット

原則電話での在籍確認なしのアイフル

〈アイフルの特徴〉

・原則電話での在籍確認がない
・使い勝手の良いスマホアプリ
・契約日翌日から最大30日間利息0円

アイフルは原則電話での在籍確認をおこなわないので、職場の同僚にカードローンの利用が知られる可能性は低いでしょう。

スマホアプリも消費者金融のものとは分からないアイコンに着せ替えできるので、スマホの画面を見られたときも安心です。

また、アプリ自体の利便性も高く、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMの両方に対応しています。

他にも以下のような機能が備えられており、便利に使えるでしょう。

〈アイフルのスマホアプリの機能の一例〉

・生体認証/PINコードによるログインシステム
・利用状況がひと目で確認できるわかりやすい表示
・スマホカメラを使った書類送信機能

本人への電話でOKのSMBCモビット

〈SMBCモビットの特徴〉

・原則電話での在籍確認がない
・電話連絡をする場合は本人の携帯電話でもOK
・Tポイントをカードローンの返済に充てられる

SMBCモビットでも、原則電話での在籍確認はおこないません。

さらに電話での確認が必要になった場合でも本人の携帯電話に電話をしてくれるので、職場はもちろん、家族にも知られる可能性は低いでしょう。

また、Tポイントが使えるのも独自の取り組みの1つです。

返済利息分200円で1ポイント貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円分で返済に使えます。

カードローンの審査基準とは

ここまでおすすめのカードローンを紹介してきましたが、利用するためにはまず審査を突破しなければなりません。

カードローンを提供する会社は、貸したお金を確実に返済してもらわなければ利益が上がらないため、審査によって貸出の可否を決定しています。

審査基準は各サービスによって異なりますが、以下の3つの項目は共通して確認されています。

〈カードローンの審査で確認されているポイント〉

・信用情報に傷がない
・安定した収入がある
・総量規制に抵触していない

審査通過の確率を高めるためにも、それぞれ確認しておきましょう。

信用情報に傷がない

審査に通るためには、まずは信用情報に傷がないことが大切です。

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの申込や利用状況に関する情報のことで、カードローン会社などが顧客の信用を判断する参考資料として使われます。

自己破産などはもちろん、クレジットカードなどの支払いを数ヶ月にわたり滞納した場合にも記録され、いわゆる「ブラックリストに載る」という状態になってしまいます。

自分の信用情報の状況が心配な場合は、以下のような信用情報機関で情報開示してもらうと良いでしょう。

〈代表的な信用情報機関〉

全国銀行個人信用情報センター
(株)日本信用情報機構
(株)シー・アイ・シー

また、日頃から引落日の数日前から銀行口座の残高を確認しておくなど、支払いを滞納しない工夫も必要です。

安定した収入がある

安定した収入があることは、カードローン利用の必須条件です。

前述のように、貸したお金を確実に返してもらわなければ、カードローンを提供する会社は利益が出ないからです。

ただし、必ずしも正社員でなければいけないわけではなく、継続した収入が見込めると判断されればアルバイトやパートでも審査を通過できます。

総量規制に抵触していない

総量規制とは、「年収の3分の1を超える貸付を、原則禁止する」という貸金業法で定められたルールです。

例えば年収300万円の方の場合、貸金業者から借入できるのは100万円までになります。

(引用:日本賃貸業協会「お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)」)

本来この総量規制は銀行には適用されませんが、顧客の支払い能力を超えた利用を防ぐため、自主的に取り入れているところもあります。

消費者金融、銀行のいずれのカードローンを検討する場合でも、借入希望額は総量規制の範囲内にしておいたほうが確実でしょう。

他社からの借入状況に問題がない

他社からの借入状況に問題がないことも大切です。

前述の信用情報には他社からの借入状況も反映されているので、例えばすでに総量規制のギリギリまで借入をしている場合、新たなカードローンの審査を通過するのは難しくなります。

また、一度に複数のカードローンに申し込むことも辞めましょう。

信用情報に複数の申込履歴があると、「支払い能力のない人」と判断され、審査に悪影響を与えてしまいます。

カードローンの申込に必要な書類と借入までの流れ

ここでは、カードローンの申込に必要な書類と借入までの流れを紹介していきます。

すぐに借入しない人も、いざ資金が必要になったときに備えてぜひ確認しておいてください。

カードローン申込に必要な書類

カードローンの申込には、主に以下の2つの書類が必要です。

・本人確認書類
・収入証明書(50万円以上の借入をする場合)

本人確認書は以下のものが利用できます。

〈本人確認書の一例〉

・運転免許証
・マイナンバーカード
・健康保険証
・パスポート
・運転経歴証明書

また、50万円以上の借入をする際に必要な収入証明書は、以下のものが利用できます。

〈収入証明書の一例〉

・給料明細
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書
・確定申告書

収入証明書は最新のものを提出する必要があるので、事前に用意するようにしましょう。

申込から借入までの流れ

カードローンを利用してお金を借りる場合、一般的に以下のような流れになります。

①WEBや電話などで申込をおこなう
②本人確認書・収入証明書(50万円を超える場合のみ)を提出する
③審査を受ける
④郵送されるカードを受け取る(※カードレスを選択することも可)
⑤振り込みやATMなどでお金を借りる

現在はパソコンやスマートフォンでWEB申込をするのが一般的ですが、カードローンを提供する会社によっては電話や郵送でも申込できるので、自分に合った方法を選んでください。

カードローンに関するよくある質問

カードローンに審査が甘いものはある?

審査が甘いカードローンは存在しません。

カードローンを提供する会社によって審査基準が異なるため、一概に判断できないからです。

ただし、NTTドコモが提供するサービスの利用状況を点数化して審査に反映するdスマホローンなど、独自の審査方法を取るものもあります。

日頃からドコモのサービスを利用している人は、利用を検討してもいいかもしれません。

カードローンを選ぶポイントは?

カードローンを選ぶときは、以下のポイントに注目してみてください。

〈カードローン選びで確認したいポイント〉

・金利負担は大きすぎないか
・審査や融資のスピードはどうか
・無利息期間はあるか
・家族や知人にバレないか

本記事では、それぞれのポイントを押さえたカードローンを紹介しています。

カードローン選びに迷ったときには、ぜひ何度でも読み返してください。

カードローンは複数社に申込してもいい?

同時に複数社のカードローンに申込をするのは辞めましょう。

信用情報に複数の申込履歴があると、「支払い能力のない人」と判断され、審査に悪影響を与えてしまいます。

誰にもバレずにカードローンを使うにはどうしたらいい?

誰にもバレずにカードローンを使いたい場合は、以下のようなポイントを満たすものがおすすめです。

〈家族や知人にバレないカードローンのポイント〉

・ローンカードが必要なく、WEBやアプリで取引できる
・郵送物が送られてこない
・電話による職場への在籍確認がない

本記事でおすすめしている、家族や知人にバレないカードローンも参考にしてください。

まとめ

カードローンには多くの種類があるため、初めて利用するときには迷うこともあるでしょう。

そのようなときは、本記事で紹介した以下のポイントから、自分が何を重視したいのかを考えてみてください。

〈カードローン選びで確認したいポイント〉

・金利負担は大きすぎないか
・審査や融資のスピードはどうか
・無利息期間はあるか
・家族や知人にバレないか

基準を設けることで、少しずつ選択肢が絞られていくはずです。

目的に合ったカードローンを上手に利用して、日々の生活や人生の選択肢を広げていきましょう。

ライター名:望月 優衣

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-借金・債務整理
-,