広告 News・最新情報 節約

コンタクトレンズを安く買う方法!ネット通販を徹底比較【2023年最新】

毎日使うコンタクトレンズの購入は、年間にすると大きな負担となります。

「もっと安く買えたらいいのに…」

「通販サイトを利用したいけど、通販で買うのは心配」

という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は

  • 通販とポイントサイトを駆使してコンタクトを安く買う方法
  • コンタクトを通販で買うときの注意点

を解説します。

本記事を読むことで安く、安全にコンタクトを買う手順が分かり、年間で数万円単位の節約が可能です。

ぜひ、本記事を日々の節約にお役立てください。



コンタクトレンズを安く買うならポイントサイト経由でネット通販

毎日使うコンタクトレンズは「ポイントサイト経由でネット通販利用」がおすすめです。

おすすめの理由は3つあります。

  1. 店舗よりも安い
  2. いつでも注文できる
  3. ポイントが貯まる

ネット通販は人件費や店舗の場所代などのコストがかからないため、通常よりも安く販売できます。

24時間いつでも注文できることも魅力です。

忙しくて「店舗の営業時間に間に合わない」という方も多いでしょう。

通販利用なら、空いてる時間に購入できます。

さらに、ネット通販で買うならポイントサイト経由の購入がおすすめです。

筆者もコンタクトの購入で毎月100〜300円ほどポイントを貯めています。

通販サイトによっては独自のポイント制度もあるため、ポイントの二重取りも可能です。

最も安いコンタクトレンズ通販は?ポイント率も比較

ここでは、「ワンデーアキュビューモイスト」を例に、店舗型1社と通販4社を比較します。

ポイント率は代表的な3社「モッピー」「げん玉」「ハピタス」を比較しました。

店舗値段(税込)送料(税込)ポイント率:モッピー(1P=1円)ポイント率:げん玉(1P=0,1円)ポイント率:ハピタス(1P=1円)
レンズクイック4箱:8,960円必要無し無し無し
BestLens4箱:12,300円無料購入金額の4%購入金額の3%購入金額の2.8%
レンズアップル4箱:9,920円無料新規購入:300ポイント
リピート:購入金額の3%
購入金額の3%新規購入:300ポイントリピート:購入金額の3%
アットネット4箱:9,620円600円購入金額の 2%購入金額の5%購入金額の2.4%
レンズアップ4箱:10,300円無料購入金額の 4%購入金額の3%
アットコンタクト4箱:9,840円無料購入金額の 4%購入金額の1,5%購入金額の 3%(期間限定。通常は1,5%)
店舗型A社4箱:1,5040円
コンタクトレンズ通販比較表

※2023年3月3日時点

※初回割引やクーポンの適用は除外しています。

多くの通販では4箱から送料無料になるため、4箱以上のまとめ買いがおすすめです。

「店舗型A社」と最安値通販の「アットコンタクト」を比較すると、5000円以上の価格差があります。

筆者もアットコンタクトで、定価よりも安く買えた経験があります。

ネットでコンタクトレンズを安く買う手順3ステップ

ここでは、比較で最もお得だった「モッピーを経由して、アットコンタクトで購入」を例に、購入手順を解説します。

1:ポイントサイトからコンタクト通販サイトを探す

画像引用元:モッピー公式サイト

モッピーのサイトへアクセスし、カテゴリから「コンタクトレンズ」を選択します。

通販サイト一覧へ飛び、そこからお目当てのサイトを選択しましょう。

モッピー公式サイトはこちら



2:リンクを踏んでから通販サイトへ

画像引用元:モッピー公式サイト

詳細ページに飛んだら「ポイント獲得条件」を読みます。

初回利用のみ適用の場合や、初回とリピートでポイント率が異なる場合もあるため注意が必要です。

条件をよく読んだら「POINT GET!」のリンクから、通販サイトへ移動します。

リンクを踏まないと、ポイントを獲得できないため気をつけましょう。

3:コンタクトレンズを選び購入



通販サイトへ移動したら新規登録し、商品を選んで決済します。

レンズは、処方箋に従って選びます。

通販は「お試し」ができないため、以下のレンズ情報は間違えないよう注意が必要です。

  • 度数
  • ベースカーブ

あとはコンタクトが届くのを待つだけです。

多くの通販サイトでは3日〜5日程度で届きます。 

ポイント獲得までの期間はサイトにより異なりますが、おおむね30日程度です。

コンタクトレンズをネット通販で安く買うのは危険?

コンタクトレンズを初めてネットで購入する方の中には

「眼科と提携しているお店で買わなくてはダメなのでは?」

と不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

結論、コンタクトレンズを通販で買うことに問題はありません。

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」に指定されていますが「医薬品」ではないため、購入は「処方箋の提示」なしでも可能です。

そのため、必ずしも提携店で購入する必要はありません。

「高度管理医療機器等販売業」の許可を得た店ならば、通販でも購入できます。

通販利用の際は「会社概要」のページからコンタクト販売許可に関する記載があるか確認しましょう。

▲販売許可の記載例(左下部分。アットコンタクトHPより)

ただし、処方箋不要とはいえ、目の健康のためには定期検診が必要です。

最近では処方箋のみを発行してくれる眼科も増えています。

処方箋のみ発行してもらえるか、受診前に確認しましょう。

コンタクトレンズをネット通販で安く買うときの注意点

コンタクトレンズのネット購入は便利ですが、通販ならではの注意点もあります。

ひとつずつみていきましょう。

注意点1:眼科で処方箋をもらう

コンタクト購入の際には必ず眼科で処方箋をもらい、定期的に検査を受けましょう。

処方箋は義務ではないものの、安全に使用するためには必須です。

メーカーによっては、処方箋提示を義務付けています。

長期間受診せずにいると、目の異常に気づかなかったり、視力低下に気づかないこともあり、危険です。

定期的に眼科を受診し、目の健康を守るよう心がけましょう。

注意点2:国内正規品の通販を利用する

コンタクトの通販には「国内正規品を取り扱うサイト」と「海外製品の個人輸入代行サイト」の2種類があります。

大前提として、個人輸入自体に問題はありません。

筆者も利用経験がありますが「製造自体は同じでパッケージだけ外国語表記」という製品がほとんどです。

もちろん、使用感に問題はありませんでした。

しかし、個人輸入には以下の点でリスクがあります。

  • 基本的に返品交換ができない
  • 輸入品にはメーカー保証がなく、万が一の際は自己責任

国内通販サイトは返品交換対応があり、最近は個人輸入と同じくらい格安です。

今から購入するなら、国内正規品の通販をおすすめします。

国内正規品か判別するためには「会社概要」のページを確認すると良いでしょう。

個人輸入代行会社の多くは、海外に拠点を構えています。

注意点3:度数、ベースカーブが間違っていないか確認

購入前に「度数」「ベースカーブ」が間違っていないか、もう一度確認しましょう。

通販サイトによっては「返品交換不可」となっていることもあります。

また、返品交換にも日数がかかるため、間違いがないかチェックすることが大切です。

注意点4:お届け日数を確認

通販は届くまでに日数がかかるため、余裕を持って注文することが大切です。

特に「祝日」「年末年始」などの休業日には注意しましょう。

筆者も「祝日」を計算に入れず、到着日数がかかり、コンタクトを切らしてしまったことがあります。

万が一のためにも、余裕を持って注文しましょう。

まとめ:コンタクトレンズはネット通販とポイントサイトで安くお得に買おう!



今回は、通販とポイントサイトを駆使した、コンタクトレンズの購入方法をご紹介しました。

コンタクトレンズは毎日使うからこそ、安く購入できれば大きな節約となります。

とはいえ、目の健康のためにも、安さだけを求めるのは危険です。

不適当なレンズの選択や誤った使い方は、視力低下や目の障害につながります。

本記事で説明した注意点を踏まえ、賢く安全に利用しましょう。

初心者にも貯めやすい!お小遣いサイト3選

モッピー(moppy)
ハピタス(Hapitas)
げん玉(Gendama)


  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

たまたま見つけた知識や聞いたことが人生を変化させることってありますよね。それが幸せになることも悲しみになることもあるはず。 当メディア「マネーリテラシー」は、ちょっとしたお得情報や体験談をわかりやすく、正確にまとめることで皆さまの幸せを増やします。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォローするだけで自然にお得な情報が得られます↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-News・最新情報, 節約
-,