広告 転職・キャリアアップ

起業したいけどスキルがない!スキルなしから起業までの道のりを解説【今すぐチェック】

将来、起業したいけど、特別なスキルがないから、無理かもしれないと思っていませんか。

実は、スキルがなくても起業は可能です。

この記事では、スキルがない状態からでも、成功に導く起業ステップを詳しく解説します。

起業するにあたって、準備するものやアイデアの見つけ方を初心者でも分かりやすい形で順を追ってご紹介します。

今すぐチェックして、あなたも起業家の道を歩み始めましょう。

スキルなしで起業して大丈夫なのか

スキルがない状態でも、起業することは十分可能です。

現代のインターネット社会では起業に必要な知識やスキルを、後からでも段階的に学ぶことができます。

オンライン講座やYouTube、ウェブセミナーなどで手軽に利用ができ、学べる機会が増えています。

起業後でも必要なスキルを身につけることが容易になっています。

起業に必要なスキルは何があるのか

起業に必要なスキルは何が必要でしょうか。

みなさんはパッと出てきますでしょうか。

恐らく、すぐに出てくる人は少ないのではないでしょうか。

実際、起業に必要なスキルは一概には言えません。目指すビジネスの種類や分野によって大きく異なります。

場合によっては分野の専門スキルが必要になることもあります。

しかし、起業する段階で、スキルがなくても起業はできます。

その代わりにスキルとは別にビジネスを運営する上での基本的な知識が必要です。

たとえば、財務管理、マーケティング、経営戦略などの知識は、どのようなビジネスにも必要であり、起業の成功に不可欠です。

もし必要なスキルとしてあげるのであれば、行動力のスキルになるでしょう。

筆者自身もスキルがない状態でしたが、起業してみようと思い行動しました。

スキルなしで起業する4つの基本ポイント

起業を成功させるためには、目指すビジネスや分野に特化したポイントも重要ですが、あらゆる分野に共通する基本的なポイントがあります。

これらのポイントはスキルがない状態からの起業においても、あなたのガイドとなり得ます。

次に紹介する4つのポイントを心に留めておけば、起業時の羅針盤として正しい方向へ導いてくれるでしょう。

ポイント1 起業への動機を明確にする

なぜ起業したいのか、その理由を明確にしましょう。

この理由が、ぶれてしまうとスキルの有無に関係なく起業に成功することは難しくなるでしょう。

理由はあなたのビジョン、情熱、または改善したい社会問題など、何でも構いません。

重要なのは、その理由があなたにとっての強い信念となり、起業やビジネスをするにあたって、中心的な軸となります。

筆者自身の起業は、会社に縛られない自由な働き方をしたいという思いから始まりました。

ポイント2 自分の得意分野や、好きなことを探求する

スキルがない状態で起業する場合、まずは自分自身が得意なことや好きなことを見つけることから始めてみましょう。

あなたが得意とする分野や心から楽しんで取り組めることが、起業において大事なスキルになり得るかも知れません。

なぜなら、他の人が苦手とする分野が市場ニーズに直結している可能性があるからです。

ポイント3 どんなことで起業するか書き出す

起業にあたっては、どんなビジネスをするか、市場ニーズは何が求められているのかを見極めることが重要です。

人は何に困っていて、問題解決したいかを見つけることができれば、ビジネスチャンスが広がり、また問題解決にあたって自分の得意分野であれば、尚更スキルなしで起業は目指せるでしょう。

具体的には、アイデアを紙などに書き出し、それらを整理することをお勧めします。

これにより、自分が取り組むべきビジネス分野がより明確になり、どのような方向性で進めば良いかが見えてきます。

書き出す過程で、新たなアイデアが浮かぶこともありますし、市場のニーズに合致するアイデアが見つかるかもしれません。

ポイント4 起業した経験者から学ぶ

起業においては、独りだけで考えるのではなく、すでに起業している人、ビジネスで成功している人に会うことをおすすめします。

特に起業が未経験の場合、自分の考えが正しいのか、方向性があっているのかを判断するのが難しいです。

そこで、経験豊富な起業家に会うことでアドバイスや経験談を聞くことで、ビジネスへの解像度が高まるでしょう。

また、人に会うことで自分だけでは見つけられなかったスキルやアイデアが見つかる可能性が高まります。

スキルなしで起業までの流れ

スキルなしで起業する場合は、考えることも重要ですが、それ以上に行動することが最も大切です。

何事も行動しなければ成功も失敗も経験できません。

まずは失敗を恐れずに行動することをおすすめします。

今回、紹介するプロセスは前項で紹介したポイントをふまえながら、実際に筆者自身もこの流れで起業した内容になります。

少しでも筆者の経験が皆さんの参考になれば幸いです。

流れ1 需要ニーズの調査

自分自身の得意分野でどんな問題解決ができるのかを市場ニーズを調べてみましょう。

解決できそうなジャンルは人それぞれになると思います。

ニッチからメジャーニーズまで調べるのがいいでしょう。

幅広くニーズを知ればビジネスへの取り組み方、打ち出し方を流動的に行うこともできるようになります。

流れ2 成功している人の真似をする

市場ニーズ調査ができたら、次にニーズを満たしている成功しているビジネスモデルを見つけ参考にしていきましょう。

すでに成功しているビジネスをベンチマークし、真似することで自分のビジネスの成功を高めるのに効果的な方法です。

さらに自分だけが提供できる価値を加えることで他との差別化していきましょう。

流れ3 スモールスタートさせる

起業時にはスモールスタートをすることをおすすめします。

ジャンルによってはスモールスタートが難しいビジネスはあります。

特に初期投資が大きくなる店舗型ビジネスは、可能な限りは避け、費用を最低限にしてwebを活用したビジネスモデルから始めるのが賢明です。

スモールスタートさせる理由は明確です。

すぐに事業を開始できること、失敗した場合のリスクも最小限に抑えられること、状況に応じて事業の方向展開が可能であることなど、多くのメリットがあります。

筆者自身も初期投資は数万で抑え、Webを中心に活動できるビジネスを展開しています。

実際に、ライター業務などWebを活用したビジネスは、低コストで開始でき、柔軟な運営が可能です。

流れ4 少しずつ事業拡大を目指す

事業が順調に成長してきたなら、次は少しずつ事業規模を大きくしていきましょう。

急激な拡大は多くのリスクを伴います。

筆者が見てきた多くの事例では、拡大に伴う費用が増えたり、人材管理、顧客対応が難しくなったりして結果として失敗に終わるケースを見てきました。

ビジネスの成長を図ることも重要ですが、それ以上に重要なのは失敗を避けることです。

まずは焦らず、徐々に拡大していくのがいいでしょう。

まとめ

起業するには、スキルがあるに越したことがありません。

しかし、スキルがなくても積極的に行動することによって起業は可能です。

確かにスキルは重要ですが、それ以上に重要なのは、起業してビジネスへ世界に飛び込む勇気です。

スキルは後からでも学べるし色々な経験を通じて徐々に身につけることができます。

まずは行動し、色々な経験、失敗をしていきましょう。

失敗の中から成功へのヒントが見つかるかも知れません。

筆者自身も、トライ&エラーを何度も繰り返しながら日々、成長しています。

皆さんもまずは行動し、楽しい人生、明るい未来への道を歩いていきませんか。

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

-転職・キャリアアップ