広告 転職・キャリアアップ

楽に働くための鍵・楽に生きる仕事の心得を伝授!

ストレスを軽減し、楽に働くための鍵は、現在の職場での働き方をリラックスして働けるようにできるかどうかです。

残業を断り、趣味に時間を充て、在宅ワークを取り入れることで、楽に生きるための道が拓かれます。

しかし楽に生きるためには転職することを強くお勧めします。

仕事を選ぶ際には正規雇用にこだわらず、給料や責任に拘らない柔軟な姿勢が重要です。

業務内容への干渉を避け、社内競争が少なく、ノルマに縛られない環境が重要です。

これらの条件を満たす職場に転職することが、楽に働くための鍵・楽に生きる仕事の心得となります。

楽に生きるための職場での仕事の向き合い方

楽に働くための鍵・心得としてまず、現在の職場での働き方については、リラックスして仕事に向き合うことが効果的です。

力を抜いて仕事に取り組むことで、効率が向上し、プレッシャーを感じることも減ります。

ではどうやってリラックスして仕事に取り組むのかということになりますが、次の3点が重要になりますので注目していきましょう。

1:残業は断る

残業は断り、仕事が終わると一切仕事のことを考えずに生きましょう。

昇進・昇給を目指すことよりも現状維持を意識することが大切です。

2:趣味に時間を使う

残業を断ってできた貴重な時間を趣味に使ってください。

自分に贅沢に時間を使うことで、メンタル面の安定や仕事へのアプローチも変わります。

3:可能な限り在宅ワークする

コロナ禍により生まれた在宅ワーク。

実はこの在宅ワークへの切り替えがストレス軽減や自由度の増加につながり、自分に合った働き方を見つけることが人生を充実させるのです。

通勤時間や身支度などの時間が無くなるので、想像以上に自分の時間が有効に使えるようになります。

会社が許してくれる範囲で在宅ワークに切り替えましょう。

楽に生きるために転職して仕事を変えるのもおすすめ

おそらく今働いている職場ではストレスがかかるため、楽に生きることができないといったケースが多いのではないでしょうか。

そういったケースについては、思い切って転職をしてみましょう。

転職となると少し気が引けるかもしれませんが、日本の転職経験率は59.7%と過半数が転職経験者です。

しかも世界で見ると次の表のように転職するのが当たり前のようになっています。

国名転職経験率
イギリス92.7%
アメリカ90.1%
ドイツ84.2%
韓国75.8%
日本59.7%

(出典:プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES) 

この表からも転職することに何ら抵抗感を持つ必要はないのです。

迷うことなく楽に生きるため・楽に生きる仕事をするため転職を考えてみましょう!

では転職先はどうやって探せばいいのでしょうか?

具体的には、転職先の社員同士が競争を意識していないことや、昇進に対する意欲があまりないといった環境であるならば、楽に生きられる可能性に期待ができるでしょう。

しかしながら、そういった環境の職場は実際には少ないというのが現状です。

では楽に働くためにはどういった条件を選べばいいのでしょうか?

ストレスを抱えず楽に生きる仕事を選ぶ条件

楽に生きる仕事を選ぶ条件として、 4つ挙げておきます。

できるだけこの4つのことを念頭に仕事を選んでください。

条件1:正規雇用に拘らない

勤めるうえで正規雇用、つまり正社員にこだわらないことが、楽に生きる方法として重要です。

正社員となればプレッシャーを抱えて働かなければいけないため、日々の労働がストレスになります。

そのため、ストレスを抱えず楽に生きるためには正規雇用に拘らず、非正規雇用のアルバイトやパートとして働くことをおすすめします。

アルバイト・パートは正規雇用の正社員に比べてストレスが各段に少ないので、日々働くなかでの負担が少なくなります。

条件2:給料に拘らない

仕事をする目的は、なんといってもお金を稼ぐことです。

そして、良い生活をするには高い給料の仕事に就くことが常識です。

しかし、収入面の良い仕事は業務上で厳しいノルマが課せられたり、上司からの高い要求があったり、業務量が多かったりと、ストレスを感じる状況になります。

だから給料がたくさん貰えるのです。

逆に言えば、安い給料で良ければストレスを感じる状況ではなくなるのです。

だから給料の安い仕事を探してみてください。

給料が安いため生活水準は高くはないでしょう。

しかし仕事上で抱えるものがなく楽に働ける可能性はかなり高くなります。

条件3:責任を感じない

楽に生きる仕事をするうえでストレスを抱えないためには、責任を負わないことが重要です。

責任を負う仕事をすると、収入アップといった点では素晴らしいのですが、それだけ会社の重要な人物となってしまうため、責任を負うケースが多くなります。

つまり、日々のストレスやプレッシャーを抱えながら働かなければならないということです。

また、職歴を重ねる毎に、会社からは昇進・昇給の話をされますが、それを承諾してしまうと、楽に働き・楽に生きるという希望は遠ざかってしまいます。

人生を楽に過ごしたい場合は、いつまでも平社員でいることが重要です。

向上心を持って業務に取り組むことは、素晴らしいように見えますが、楽に生きるという理想とは逆方向に進むことになりますのでご注意ください。

条件4:業務内容に干渉しない

楽に生きるためには仕事をするうえで、業務内容について発言をしないことも大切です。

つまり一切干渉しないということです。

業務に対して発言をするということは、仕事への意識が高いということになり、つまり会社からすると頼りになる重要な人物となってしまいます。

また、同僚や後輩、先輩や上司などから信用や信頼される人物になってしまうと、責任を負いながら働かなければなりません。

こういった事態を避けるため、特に仕事に対して強い意欲はなく、昇進や昇給にも関心がないといった姿勢を貫く必要があります。

楽に働くための仕事の特徴

楽に生きることができる仕事の特徴は特に次の4つです。

特徴1:社員に競争意識がない

普通の会社では社員同士の競争をあおりながら業績を伸ばすものですが、もし競争をあおらず、のんびりとした雰囲気の会社があれば、楽に生きることが可能であると言えます。

そういった会社を見つけると大チャンスです。

特徴2:ノルマに追われない

次にノルマを設けていない会社を見つけてください。

そういった会社に勤めると自分のペースで業務を進めやすく、のんびりと働くことができます。

特徴3:終業時間さえくれば終業となる

仕事量ではなく時間で終わらせてくれる会社がいいです。

終業時間がくると仕事の途中でも帰ることができる職場なら、なお素晴らしいです。

アルバイトの場合は結構そういったケースは多いです。時間で帰宅できると楽に仕事ができます。

特徴4:柔軟性がある

柔軟性がある会社は働きやすいです。

柔軟性とは、例えば体調不良で急な休みにも対応してくれることです。

病気でも休めないというプレッシャーがなく、いつでも休むことができるという安心感が、楽に仕事ができる鍵となります。

まとめ:楽に生きるために仕事を見直そう!

今回は、楽に働くための鍵・楽に生きる仕事の心得をご紹介しました。

まず、リラックスした姿勢で仕事に向き合うことが重要で、そのためには、残業を断り、趣味に時間を割き、可能な限り在宅ワークをすることをお勧めします。

また、思い切って仕事を変えることも大切です。

楽に生きるための仕事を選ぶ条件として、正規雇用への拘りを捨て、給料や責任にこだわらない、そして業務内容に干渉しない姿勢が大切です。

これらの条件を満たす職場を探すことが、ストレスを軽減し、仕事を楽にする鍵となります。

特に、楽に生きることができる仕事の特徴として、社員同士の競争意識が低く、ノルマに追われず、終業時間さえ守れば仕事が終わる、そして急な休暇を取れる柔軟性がある職場を挙げました。

これらの特徴を持つ職場で働くことは、仕事に対するストレスを減らし、自分らしく楽に働くことが可能になるでしょう。

皆さんの仕事内容を見直し、自らが求める条件に合った職場を探すことが、より充実した働き方を実現する第一歩となるでしょう。

楽に働くための鍵や特徴を把握し、自分の人生と仕事をより良い方向に導くため転職を検討することを強くお勧めします。

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-転職・キャリアアップ