広告 News・最新情報

独身女性の移住がおすすめかは目的次第!メリットやデメリットを紹介

独身女性の移住はおすすめなのでしょうか?

コロナ禍をきっかけに人気が高まっている地方移住ですが、独身女性の移住がおすすめかどうかは目的や理由によって変わります。

目的や理由によっては移住しなくても叶う場合があるからです。

今回は、独身女性が移住するメリットやデメリットを紹介します。

移住準備についてや、おすすめの移住先も紹介しているので、最後まで読んで参考にしてください!

独身女性が移住するメリットを6つ紹介!

まずは、独身女性が移住するメリットを紹介します。

地方移住には、さまざまなメリットがあります。

地方移住と聞くと、ファミリーでの移住を想像しがちですが、独身だからこそ得られるものもあります。

自分の考えのみで行動しやすいという機動力をはじめ、独身女性が移住するメリットを6つ紹介します。

メリット1:独身だからこそ自分で全てを決められる

移住するときに、自分の考えだけで行動しやすいのは、独身の大きなメリットです。

例えば、ファミリーで移住する場合には、配偶者の仕事のことや子どもの学校のことなどを考えて、移住地を検討する必要があります。

家族の希望を汲んだ条件は、人数が多ければ多いほど複雑になります。

独身で移住するよりも条件が複雑になるため、何かを諦めたり、妥協したりする可能性も高くなります。

また、移住時期も家族の都合を考慮する必要があり、「思い立ったら即行動」ということはできません。

独身で移住する場合は、自分の希望や条件、タイミングで行動できます。

ファミリーでの移住に比べて条件も少ない傾向があるため、移住地の選択肢が広がりやすいとも言えます。

メリット2:移住先で新しい出会いや人間関係が広がりやすい

移住先で新たな出会いや人間関係が広がりやすいことも、メリットです。

田舎は都会と比較して、人間関係を重視する傾向があります。

季節ごとにおこなわれる地域行事やお祭りなど、人とのつながりを感じる場面が増えます。

独身であれば、地域行事やお祭りなどに自分の意思のみで参加でき、参加のハードルが低いです。

独身の移住者は、地域住民にとっても、気軽に声をかけやすい存在のため、交流が広がりやすいと言えます。

また、田舎には、古き良き日本の文化でもある「近所の人同士で助け合う」習慣が残っていることが多いため、日常生活の中でも人との関わりを感じるでしょう。

田舎では、清掃やごみ出し当番などの地域活動や回覧板、野菜のおすそ分けや情報交換など、さまざまな場面で人との関わりがあります。

人口1,500人以下の村に移住した友人は、「毎日お隣さんから野菜やおかずなど何かしらいただいている」と嬉しそうに話していました。

人との交流が好きな人にとっては、田舎への移住はおすすめだと言えます。

新しい出会いや人間関係が、あなたの人生を大きく変えるかもしれません。

メリット3:新しいことに挑戦しやすい

独身での移住は、フットワークを軽くして新しいことに挑戦しやすいです。

家族で移住する場合、自分の都合だけで動くことは難しく、何をするにも家族の都合とすり合わせる必要があります。

24時間まるまる自分の時間として使えるのは、独身ならではのメリットと言えます。

移住をきっかけに、これまでの生活とは全く違う趣味やライフスタイルを確立することも可能です。

例えば、家庭菜園を始めたり、釣りをしたりと、田舎の自然を満喫できる趣味は食材調達にもつながるのでおすすめです。

新鮮な食材をふんだんに使い、料理の腕を磨くのも楽しいかもしれません。

また、自治体の広報誌などには、地域密着型のサークルのような活動が掲載されているので、興味があるものに参加するのもおすすめです。

サークルのような活動だと、他に参加する仲間がいることがほとんどのため、出会いも広がります。

メリット4:都会に比べると物価が安い

田舎に移住すると、都会に比べて家賃や食費が抑えられて生活費が安くなります。

総務省の「消費者物価地域差指数」によると、物価水準が最も高いのは10年連続で東京都、次いで神奈川県、最も低いのは5年連続で宮崎県、次いで群馬県だそうです。

物価指数が高い東京や神奈川で支出の割合をもっとも多く占めているのが家賃です。

田舎は都会に比べて人口密度が低いため、家賃は安い傾向にあります。

また、田舎は農業や漁業、畜産などが盛んな地域も多く、食材を安く手に入れやすいと言えます。

私自身も農業が盛んな地方の田舎に住んでいるのですが、地元産の野菜は安く販売されています。

また、家庭菜園でたくさん取れたから…とおすそ分けをいただくこともしばしば。

生活に直結する家賃や食費が安く抑えられるのは、田舎に移住するメリットと言えます。

メリット5:人ごみがなくのびのびと過ごしやすい

田舎へ移住すると、人ごみと無縁になり、のびのびと過ごせます。

都会で暮らしていると、通勤するだけで満員電車や渋滞に悩まされてどっと疲れるかと思います。

休日に遊びに行っても、人が多くて待ち時間があったり、ゆっくり過ごせなかったりしませんか。

一方で、田舎は人口密度が低いため、人ごみはほとんどありません。

移住先にもよりますが、田舎だと電車ではゆっくり座れたり、車はすいすい走れたりすることがほとんどです。

せわしなく動かずにゆったりと過ごせるのは、田舎へ移住するメリットとなるでしょう。

メリット6:自然豊かな環境で心が安らぎやすい

都会から田舎へ移住すると、自然豊かな環境に身を置けるため、心安らぐ生活を送れます!

田舎の魅力といえば、山や海、川などの自然が豊かということ。

普段、ビルが立ち並ぶ場所で生活をしているならば、田んぼが広がるのどかな景色を見るだけでも、きっと肩の力が抜けるはずです。

都会の喧騒から離れ、川のせせらぎや、波打ち際の音、木漏れ日などの自然に触れながら生活をすると、きっとあなたの心は癒されるでしょう。

美味しい水が豊富だったり、温泉が沸いていたり、野菜が美味しかったり…と、五感で豊かな自然を感じられるのは、大きな魅力です。

独身女性が移住するデメリットを4つ紹介!

地方移住には、メリットだけでなくデメリットも存在します。

独身女性に限らず、移住を考えるときに感じやすいデメリットを4つ紹介します。

性格や人柄によっては、あまりデメリットだと感じない部分もあるかもしれません。

また、移住先によっては、紹介するデメリットがない場合もあります。

「このデメリットは自分にとって辛いな…」と思うならば、それを避けた移住先を選ぶことも可能です。

デメリット1:車の運転や自炊など生活スキルが問われる

田舎に移住する場合は、自分の衣食住に関する生活スキルが必須です。

地方都市を含む田舎では、都心部に比べて公共交通機関が発達していません。

そのため、移動には車が必須になる可能性があります。

都心で暮らし公共交通機関のみで移動していた人にとって、買い物や通勤で車移動の必要があるのは、大きなデメリットと言えるでしょう。

実際に都心から九州の田舎へUターン移住した友人は、長年ペーパードライバーでした。

両親に付き合ってもらいながら運転の練習をして、ようやく地元のスーパーまで買い物に行けるようになったけど、交通量の多いところにはまだ行けない…と嘆いていました。

また田舎は、都心部に比べてコンビニやスーパー、飲食店が少ないため、気軽に外食したり、お惣菜を購入して食べたりすることが難しくなります。

当然、自炊スキルが必要です。

都心の何でも揃う便利な生活と比べると、田舎暮らしは多少の不便さが伴います。

少し不便な田舎暮らしを乗り越えられる生活スキルは必須と考えた方がよいでしょう。

デメリット2:職種が限定的で仕事を探す難しさがある

田舎は都会に比べると人口が少ないため、仕事も量自体が少ない傾向にあります。

職種も限られる場合が多く、希望する仕事が見つからない可能性もあります。

生活の安定をはかるためには、安定した収入が確保できるように、仕事の確保は重要です。

ただ、全くないわけではなく、農業や林業、漁業などの地域密着型の仕事であれば、求人があります。

また、地方には都会に本社があるメーカーの工場が多数進出しているため、製造業も比較的募集がある傾向です。

移住するときに転職も考えているのであれば、事前に就職先の目処をつけておくと安心です。

移住をきっかけに起業を考えているのであれば、自治体に事前に相談しておくのがベスト。

必要な支援を受けられるように、準備しておくことをおすすめします。

デメリット3:地域行事が多く負担になる場合がある

前項で紹介しましたが、田舎は人と交流する機会が多いのがメリットです。

しかし、田舎は行事が多く、気が進まないときでも参加する必要があります。

ある知人が住む地域では、神輿の担ぎ手が少ないため、地域の長が1軒ずつ家を訪ねて誘っているそうです。

また、行事だけではなく自治会に加入して、男性は消防団、女性は婦人会への加入が必須だという地域もあります。

「地域を守るのは自分たち」という意識が強く、顔と顔が見える関係を大事にしています。

田舎になればなるほど、つながりを大事にして仲間意識が高い傾向があります。

参加しないと住民の反感を買ったり、仲間に入れてもらえなかったりする可能性があるため、地域行事には参加必須と考えておきましょう。

人との交流が苦手な人や、自分のペースで行事に参加したい人は、地方都市など田舎すぎない場所に移住することをおすすめします。

デメリット4:住む地域によっては移住前よりもお金がかかる

前項で田舎は物価が安く、家賃や食費が抑えられるとご紹介しましたが、実は、必ずしも生活費が安くなるとは言い切れません。

田舎に移住すると、家賃や食費が抑えられる一方で、それ以外にかかる費用が都会よりも高くつく場合があります。

たとえば、雪が降る地域は電気代や灯油代などの光熱費がとても高くなります。

北海道の知人は、1日中ストーブを焚いているとのこと。

光熱費が跳ね上がることは容易に想像できますよね。

また、公共交通機関があまり発達していない地域に住むと、車が必須となり、維持費や税金の支払いなどの負担が増えます。

移住先の生活環境や気候によって生活費が大きく左右され、移住前よりもお金がかかることもあります。

独身女性が移住するために必要な準備8ステップ

移住は計画的に準備しておくことが大切です。

移住してから「こんなはずじゃなかった」「失敗した!」となると、時間も労力もお金もムダにしてしまいます。

移住は1つの大きな決断です。

移住の目的や理想の暮らしを思い描き、入念に準備することで移住成功へとつながります。

本項では、独身女性が移住するために必要な準備について、8つのステップで紹介します。

一緒に確認しながら、移住準備を進めましょう。

ステップ1:移住する目的を明確にする

まずは移住する目的を明確にしましょう。

「どうして移住したいのか」を言葉で説明できることが大事です。

移住する目的や理由を明確にしておくと、住む地域を決める基準や移住先での暮らしかたも明確になります。

目的が決まっていないと、自分が望んでいた生活と離れてしまい、「こうなるはずじゃなかったのに…」と失敗しやすくなります。

面倒くさくても、少し時間をかけて移住の目的を明確にしておくと、後のステップでもスムーズに話が進められます。

ステップ2:住むエリアや地域を決める

次に住むエリアや地域を検討していきましょう。

「移住先でどんな暮らしを送りたいか」を明確にしておくと、住みたいエリアや地域を絞りやすくなります。

理想の暮らしを考える際に、優先順位が高い要素は何かを整理しておくと、移住先を絞りやすくなります。

あなたの理想の暮らしを全て叶える移住先があれば良いのですが、現実的には難しいでしょう。

妥協できる部分とできない部分で、それぞれ順位をつけておくと、移住先をスムーズに考えられます。

ステップ3:移住に関する情報を集める

移住に関する情報をしっかり集めると、安心して移住準備が進められます。

移住に関する情報は、ネットやリアル、雑誌や情報誌などさまざまなところに溢れています。

検討している地域について、「治安はどうか?」「就職先は見つかりそうか?」「家賃相場はどのくらいか?」「自然環境はどうか?」などの情報を収集しましょう。

ただし、全ての情報が正しいとは言えないため、さまざまな角度から収集することが大切です。

ステップ4:自治体の担当者や移住者からよりリアルな情報を得る

自分である程度の情報収集ができたら、自治体の移住・定住窓口の担当者や移住者から、よりリアルな情報を聞きましょう。

ネットや雑誌に掲載されている情報は移住者を増やす目的で書かれているため、良いところにフォーカスされている場合が多いです。

ステップ3で収集した情報は、実際のところどうなのかを確かめておくと現実とのギャップをできるだけ減らせます。

実際に私も移住・定住窓口担当の方に、その地域のデメリットを聞いて確かめました。

デメリットに目を向け、自分が妥協できるかどうかを考えたうえで検討することで、移住後の暮らしに安心感を持てます。

ステップ5:現地でお試し移住をしてみる

移住先を3つ以内に絞れたら、実際に現地へ足を運ぶことをおすすめします。

現地に訪れることで、ネットや雑誌では得られない情報を手に入れられます。

検討している移住先の雰囲気や匂い、そこに住む人々の距離感や空気感などが自分に合っているかを確かめることは大切です。

お試し住宅や、パッケージ型の移住ツアーを提供している自治体も多いので、事前に利用するのがおすすめです。

何日か暮らすことで、ごみ出しのルールや物価、利便性などを把握できます。

ステップ6:資金計画を立てる

移住にかかるお金のことも考えておく必要があります。

引越し費用や当面の生活費などをおおよそで計算しておくと移住後も安心できます。

資金計画を立てる際には、住まいなどの大きな固定費から考えると計算しやすくなるのでおすすめです。

住まいは賃貸か、戸建てかを決めると、支出の大きな部分を占める家賃の目安がわかるので、生活に使える金額が明確になります。

車が必須の地域に住む場合には、車関係の費用も考慮しておきましょう。

ステップ7:移住後の仕事を探す

移住後の仕事は事前に探しておくと安心できます。

夢のような生活を描いていても、移住後に待っているのは日常生活です。

前項のデメリットでもご紹介したように、田舎は仕事が限定的で探す難しさがあります。

移住後に会社勤めを考えている場合は、移住先の求人は必ず確認しましょう。

転職先を決めてから移住すると、移住後にスムーズに生活を営めるのでおすすめです。

ステップ8:移住後の住まいを探す

移住後の住まいもしっかり検討しましょう。

住まいを探すときに軸にして欲しいのは「移住後にどんな暮らしを送りたいか」です。

移住後に家庭菜園がしたいと考えている人ならば、畑や土地付きの物件や、貸し農園が近い物件などが候補になるでしょう。

海や山の近くでゆったり暮らしたいと考えているならば、それに合う条件の家を探さなくてはなりません。

移住先探しと同じで、あなたの理想全てを叶える物件に出会う確率は低いので、優先順位を考えておくことをおすすめします。

独身女性の移住におすすめな都道府県とは?6つを紹介

ここでは、独身女性におすすめの移住先を紹介します。

日本には魅力的な市町村がたくさんあり、どこに移住しようか迷うでしょう。

移住者にとって満足しやすい自治体には、下記3つの特徴があります。

  • 移住支援制度が充実している
  • 先輩移住者が暮らしている
  • ある程度の利便性がある

これから紹介する移住先は、上記3つの条件を考慮しながら選びました。

あなたの理想の暮らしに全てマッチするとは言えませんが、独身ならではの目線も加えて調査したので、参考にしてみてください。

移住支援制度が充実している静岡県

利便性を保ちながら、自然に囲まれたのどかな暮らしをしたいあなたにおすすめなのが、静岡県です。

静岡県は、首都圏や中京圏にほど近く、利便性のよさがあります。

また、日本のシンボルである富士山が眺められるのはもちろん、熱海や伊豆の海岸、浜名湖などがあり、自然豊かな環境です。

静岡県は、移住支援制度が充実しているという魅力もあります。

「静岡県移住・就業支援金制度」や「テレワークリフォーム補助制度」などは、静岡県全体の移住支援制度です。

また、各市町村でも独自の取り組みが実施されており、移住者にとって嬉しい制度が用意されています。

都心へのアクセス良好でほどよい田舎の山梨県

都心へのアクセスが良く、気軽に出かけられる田舎に住みたいなら、山梨県がおすすめです。

山梨県は東京と隣接しているため、都心へのアクセスが良好で都会に近い田舎暮らしを楽しめます。

また、富士山をはじめ南アルプスの山々に囲まれた土地で、四季折々の景色を楽しめます。

なんと山梨県は日照時間の長さが日本一。

日差しをたっぷり浴びると、ストレスが軽減されるため、心の健康を保てます。

昼と夜の寒暖差が大きいため、桃やぶどう、柿など美味しい果物が豊かなのも魅力の1つです。

利便性が良く、自然豊かで食べ物も美味しいので、ストレスなく過ごしやすいと言えます。

心機一転したいならば北海道

移住を機に心機一転したいなら、北海道がおすすめです。

北海道といえば、なんといっても広大な土地と豊かな自然です。

漁業や農業、林業が盛んなため、移住を機に新しいことにチャレンジしたい場合にぴったりです。

冬にはウィンタースポーツにも挑戦しやすいのも魅力の1つです。

また、北海道は先輩移住者が多いため、土地勘がなくても移住しやすい場所と言えます。

移住後に相談できる相手がいるというのは、独身女性の移住にとって、心強いこと間違いなし!です。

首都圏で物価が低い群馬県

首都圏で余裕ある暮らしを実現したいなら、群馬県がおすすめです。

群馬県は、自然環境だけでなく、商業施設も充実しており、地域によってさまざまな雰囲気を楽しめます。

草津温泉や伊香保温泉など、日本でも有名な温泉街も群馬県にあります。

首都圏であるにもかかわらず、物価が低いのは大きな魅力です。

総務省の「消費者物価地域差指数」によると、群馬県の物価水準は全国で2番目に低いそうです。

生活にかかる食費や家賃を抑えられるため、余裕のある生活を送りやすい地域と言えます。

コンパクトな都会で暮らしやすい福岡県

山・海・川などの自然を楽しみつつ、都会的な暮らしをしたいなら、福岡県もおすすめです。

福岡県内には、海水浴場やキャンプ場が整備されていたり、気軽にハイキングを楽しめる山も数多くあります。

また、福岡県の中心部には、商業施設や美術館、博物館やコンサート会場などが充実しており、都会的な暮らしも実現可能です。

県内各地から空港へのアクセスも良いため、国内だけでなく海外にも足を運びやすいのは、メリットの1つです。

バスや地下鉄、電車やモノレールなど、公共交通機関が発達しているため、利便性が高く住みやすい場所と言えます。

先輩移住者が多く自然豊かな長野県

本州の中心にあり、8つの県と隣接している長野県も移住先としておすすめの場所です。

なんといっても日本アルプスの雄大な山々が身近にあるのが大きな魅力。

自然豊かな環境のため、スキーやキャンプ、ハイキングやトレッキングなどアウトドアレジャーで訪れる人が絶えません。

また、東京からのアクセスが良く、北陸新幹線を使えば、東京駅から長野県まで1時間30分ほどで行き来できます。

NPO法人「ふるさと回帰支援センター」の移住希望地ランキングでは、常にランキングの上位に入ることからも、長野県は人気の移住先と言えます。

そのため、先輩移住者が多く、移住者のコミュニティも存在するほどです。

都会からしっかりと離れ、新しく田舎暮らしを送りたい人におすすめの移住先と言えます。

まとめ:独身女性に移住がおすすめかどうかは目的によって変わる!

今回は、独身女性が移住するメリットとデメリットを中心に、移住についてご紹介しました。

移住すると、これまでになかった「ひと・もの・こと」との出会いが広がる可能性があります。

しかし、ただ都会での暮らしに疲れたから田舎暮らしがしたい…という気持ちだけでは移住は成功しません。

移住の目的を明確にし、入念に情報収集することが大切です。

この記事を読んで移住してみたい!と思ったあなたは、ぜひ、8ステップに沿って、少しずつ移住準備をしてみてくださいね。

関連記事↓

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-News・最新情報