広告 株式投資

スターバックス株主優待の廃止理由と代替銘柄やお得にスタバを楽しむ方法を紹介

株を購入する目的の一つに株主優待があります。

株主優待とは、自社の株を保有している株主に対して自社商品やクオカードなどを送付してくれる制度です。

世間には株主優待だけで生活している人もいるほど、多種多様な株主優待が存在します。

そんな中、人気だったにもかかわらず株主優待を廃止した企業があります。

それが、スターバックスコーヒージャパンです。

スターバックスコーヒージャパンの株式を100株保有していると、年2回コーヒー無料券が貰えました。

なぜ、スターバックスコーヒージャパンの株主優待は廃止されたのでしょうか。

この記事を読めば次のことがわかります。

  • スターバックスコーヒージャパンの株主優待が廃止された理由
  • スターバックスコーヒージャパンに代わる株主優待をくれる銘柄
  • お得にスターバックスコーヒーを楽しむ方法

以上、3点をご紹介します。

スターバックスコーヒージャパンの株主優待廃止について

スターバックスコーヒージャパンの株主優待が廃止されたのは2014年、会社自体の上場廃止が原因です。

上場が廃止されたことにより、株が買えなくなり株主優待もなくなりました。

2014年秋にアメリカのスターバックス本社により子会社化されたのです。

(引用:株探米国https://us.kabutan.jp/stocks/SBUX)

日本からでも、米国株であるスターバックスの株は購入できますが、株主優待はありません。

株主優待制度は日本では多くの企業が導入していますが、欧米企業では導入している企業は少数派です。

株主優待より、株価の上昇や配当金によって株主に還元するという文化が根付いているからといわれています。

スターバックスの配当利回りは図のとおり2.23%です。

97.02ドルの2.23%は約2.16ドル、日本円に換算すると326円、100株購入していると年間32,600円になります。

為替レートやその日の株価にも左右されますが、30,000円前後を目安に考えておくとよいでしょう。

配当金も魅力的ですが、株主優待をメインに銘柄を選定している人にとっては、スターバックスの代わりとなるカフェの銘柄が気になるところ。

次は、競合コーヒーチェーンの株主優待を紹介していきます。

スターバックスコーヒージャパンに代わる株主優待銘柄

日本にはスターバックスの強豪コーヒーチェーン店がたくさんあります。

  • ドトール
  • タリーズ
  • コメダ
  • 星野珈琲

など、さまざまです。

これらの競合店が提供している株主優待はどんなものでしょうか?

個人的におすすめの銘柄を3つ紹介していきます。

サンマルクホールディングス

(引用:株探https://kabutan.jp/stock/?code=3395)

個人的に一番おすすめなのが、サンマルクカフェでおなじみのサンマルクホールディングスです。

100株以上保有することで、自社グループの店舗で20%割引が受けられる株主優待カードが貰えます。

このカードは、翌年のカードが届くまで何度も使えます。

サンマルクホールディングスは、カフェだけでなく鎌倉パスタなどの飲食店も経営しているため、使用頻度は高いでしょう。

100株で20%割引というのもお得です。

さらに配当利回りが2.49%もあり、還元率は高いといえます。

サンマルクホールディングスの店舗を利用する頻度が多い人は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

コメダ・ホールディングス

(引用:株探https://kabutan.jp/stock/?code=3543)

続いてのおすすめはコメダ珈琲店でおなじみのコメダ・ホールディングスです。

100株以上保有することで、自社プリペイドカードである「KOMECA」が貰えます。

年2回1,000円相当の電子マネーがチャージされます。

KOMECAは、利用金額の1%をポイント還元してくれます。

「1ポイント=1円」の計算で、10ポイント単位で利用可能です。

配当利回りはサンマルクホールディングスに劣るものの、株主優待と配当金の両方を手にできる銘柄となっています。

さらに、300株以上を3年以上継続して保有することで1,000円分の電子マネーが増額されます。

シロノワールなど人気のカフェメニューが豊富なコメダ珈琲のヘビーユーザーは購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ドトール・日レスホールディングス

(引用:株探https://kabutan.jp/stock/?code=3087)

最後はドトール・日レスホールディングスです。

ドトールコーヒーショップやエクセルシオールカフェで割引が受けられる優待カードが貰えます。

年1回5月末に届き、保有株数により金額が増加します。

  • 100株以上 1,000円相当
  • 300株以上 3,000円相当
  • 500株以上 5,000円相当

ドトール・日レスホールディングスも配当金が貰えますが、利回りが先に紹介した2社より低く、株主優待も金額が低めなので最後にしました。

よくいくカフェの株を購入して、お得にカフェを楽しみましょう。

お得にスターバックスコーヒーを楽しむ方法

スターバックスの株主優待に代わる3つの企業の株主優待を紹介しましたが、やはりスタバのコーヒーは一線を画します!

そこで、スタバのコーヒーをお得に楽しめる方法をご紹介します。

それは、

スタバカードを作る

ことです。

スタバカードを作るメリットは次のとおりです。

  • クレジットカードでチャージが可能(クレジットカードのポイントも貰える)
  • 会計で貯めたスター(Star)でドリンクやフード、コーヒー豆がもらえる
  • ドリップコーヒー、カフェミストの2杯目が108円になる
  • アプリやWebから事前に注文・清算が可能
  • カードデザインが豊富でおしゃれ
  • 入会費・年会費無料
  • たまにドリンクチケットがもらえる

スターは、スタバのポイントのようなものです。

54円(税込)ごとに1スターが貯まり、150スターで好きなドリンク・フード・コーヒー豆のうち1品と交換できます。

しかし、スター交換にはまず、1年間で250スターを集めてゴールドスター会員にならなければなりません。

1年間で貯められなかった場合はリセットされるので注意しましょう。

頻繁にスタバを利用しない場合はスター集めを目的とせずに、たまに貰えるドリンクチケットや2杯目108円のサービスを目的にしましょう。

スタバカードは店員さんに伝えるか、アプリから登録することで手に入ります。

米国株であるスターバックス100株の配当金はおよそ30,000円。

それをクレジットカードでチャージして、ポイントもお得に貯めるとスタバの株主優待に勝るとも劣らないお得なスタバ利用術になります。

まとめ:スタバの株主優待は廃止されました

人気があったスターバックスコーヒージャパンの株主優待ですが、2014年にアメリカのスターバックス本社の子会社となったことにより、東証上場を廃止。

そのため、株主優待はもちろん、株を購入することもできなくなりました。

しかし、米国株としてスターバックスの株を購入することは可能です。

株主優待はありませんが、配当金が貰えます。

この配当金を使って、スタバカードへクレジットカードでチャージすることで、株主優待の代わりにできるでしょう。

スターバックスの競合企業の株主優待でおすすめの企業は次のとおり。

  • サンマルクホールディングス
  • コメダ・ホールディングス
  • ドトール・日レスホールディングス

どの企業も株主優待と配当金の両方が手に入る優良企業です。

個人的には、配当利回りが高く、100株で自社グループ店舗を利用し20%割引を1年間ずっと受けられるサンマルクホールディングスがおすすめです。

カフェ関連の株主優待銘柄を購入するときの参考にしてみてください。

米国株の情報収集におすすめの投資家向けアプリ・証券会社

moomoo証券

【moomoo証券のおすすめポイント】

  • 米国株の最新情報をアプリ・パソコンで確認できる
  • 全世界で2,000万人のユーザーが利用
  • デモ取引で取引の練習ができる
  • 約7,000と最多水準の取扱銘柄
  • 米国株取引に24時間対応
  • 大口投資家の売買動向を確認できる
  • プロのアナリストの株価予測を確認できる
  • 投資の神様ウォーレンバフェットのポートフォリオと売買銘柄を確認できる
  • 日経新聞にも投資家が使うツールとして掲載された実績あり


\今なら米国株がもらえるキャンペーン開催中!無料で登録/

moomoo証券の詳細をみる(公式サイト)



moomoo証券- 米株24時間取引・株価・投資情報
moomoo証券- 米株24時間取引・株価・投資情報
posted withアプリーチ

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-株式投資