広告 News・最新情報

Amazon Pay(アマゾンペイ)使えるお店は?コンビニや実店舗でも使える?

オンラインショッピングする際に、個人情報の入力、支払方法の選択などいろいろな項目を入力するのって、かなり面倒ですよね?

しかし、Amazon Payを使えばAmazonアカウントにログインし面倒な入力なしに決済できます。

面倒な入力を必要とせず、個人情報はAmazonに管理されているので、情報漏洩の心配もありません。

この記事では、Amazon Payの支払方法やメリット、登録方法、使えるお店などを解説していきます。

Amazon Payが少しでも気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

Amazon Payとは?

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは世界最大級のショッピングサイトAmazonが提供している決済サービスです。

Amazonのアカウント情報を利用し、Amazon以外のオンラインショッピングサイトで決済できます。

既にAmazonを利用し、Amazonアカウントを登録している場合、登録情報をそのまま別サイトでも利用可能です。

そのため、初めてのお店でも素早く決済を完了できます。

(引用:Amazon Pay公式サイト

この画像のように、

『Amazon Pay』や『Amazonアカウントでお支払い』

というマークがあるサイトや店舗であれば、利用できます。

Amazon Pay支払方法3つ

1.チャージしたAmazonギフトカード残高で支払う

Amazon Payの一番おすすめな支払元は、『Amazonギフトカード』です。

通常会員は0.5%、プライム会員なら1%分のAmazonギフトカード残高が付与されます。

支払い方法の項目に料金分の『Amazonギフトカード残高』が記載された状態でAmazon Payでの決済をすれば、後日特典がもらえる仕組みとなります。

エントリーなどは不要で、特典付与上限もありません。

Amazonギフトカード残高は原則として注文の2ヶ月後の中旬頃に付与されます。

2.Amazonに登録しているクレジットカード/デビットカードで支払う

Amazonに登録しているクレジットカードもしくはデビットカードで決済できます。

利用できるクレジットカードは下記の5つです。

  • VISA
  • MasterCard
  • American Express
  • JCB
  • Dines Club

ただし、クレジットカード単体決済では、Amazonからの特典は何も付与されません。

1.チャージしたAmazonギフトカード残高での支払いを使用すると、通常会員は0.5%、プライム会員は1%還元となります。

Amazon Payを利用するなら、お得な支払い方法(Amazonギフトカード)を選ぶべきです。

3.あと払い(ペイディ)で支払う

あと払いの決済サービス『ペイディ』を利用できます。

買い物ごとの利用代金を翌月にまとめて支払いが可能です。

ペイディの利用代金は、『コンビニ支払い』『銀行振込』『口座振替』のいずれかの方法で精算できます。

口座振替であれば、手数料が発生しません。

手数料無料で利用したい方は、買い物をする前に振替用の口座設定しておくことをおすすめします。

Amazon Payのメリット

ここからは、Amazon Payのメリットをお伝えしていきます。

注文時の面倒な個人情報の入力が不要

オンラインショッピングでは、各サイトで会員登録やパスワード、クレジットカード情報の入力を必要とします。

しかし、『Amazon Pay』が利用できるサイトであれば、使用中のAmazonアカウントで登録済みの決済情報・住所を使って買い物ができます。

オンライン決済時に、面倒なクレジットカード情報や住所を登録する必要がないので、スムーズに決済完了できます。

情報漏洩の心配がない

Amazonは、世界最先端のセキュリティ技術を用いて個人情報を管理しています。

クレジットカードの情報は利用店舗に渡ることなく、Amazonによって管理されます。

そのため、情報漏洩の心配もありません。

安心してお使いいただけます。

買い物分を一括管理

AmazonPayを利用して購入したモノを確認する場合は、Amazon Payサイトの『注文履歴の確認』をクリックすると確認可能です。

様々なサイトで買い物をしていても、日付や金額などを一括で管理できます。

Amazon Pay登録方法

Amazonアカウントをお持ちで、クレジットカード登録も完了している方は、すぐにでもAmazon Payを利用できます。

Amazonアカウントをお持ちでない方はアカウント登録から始めましょう。

Amazonアカウントの作成方法は下記のとおりです。

  1. Amazon公式サイトから画面上部の『アカウント&リスト』をクリック、表示された画面で『新規登録はこちら』をクリック
  2. Amazonのアカウントを作成する画面で名前やメールアドレスなどの情報を入力し、『Amazonアカウントを作成』をクリック。
  3. メールアドレスの確認のため、先に入力したメールアドレス宛にメールが送信される。届いたメールに記載されているコードを入力。入力完了後『アカウントの作成』をクリックして、Amazonのアカウントの作成が完了します。

Amazon Payを利用するには、クレジットカード情報が必要です。

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードのいずれかを登録していれば、Amazon Payを利用できます。

Amazon Pay使い方

Amazon Payのオンラインショップで使用する手順

  1. 支払い方法の選択でAmazon Payを選ぶ
  2. Amazonアカウントにログインする
  3. 内容を確定して、注文を確定する
  4. 支払完了

オンラインショップの支払いにAmazonアカウントの情報が使用できるので、住所やクレジットカード情報の入力が必要ありません。

かなり手間が省けますよね。

Amazon Payが使える店

Amazon Payが決済方法に利用できるECサイト(通販サイト)は下記で確認してみてください。

Amazon Payが使えるECサイトを見てみる

Amazon Payが使えるECサイト一覧

Amazon PAYはコンビニ利用できる?

Amazon Payはコンビニや実店舗での利用はできません。

2022年1月31日までは実店舗で『Amazonアプリ』を利用できました。

しかし、現在は利用できる店舗はないようです。

Amazon PAYで国税納付が可能

2022年12月から国税をAmazon Payで納付可能になりました。

納付しようとする金額が30万円以下の場合に利用できます。

決済手数料は無料で、アカウント残高での支払い方法のみ利用可能です。

そのため、事前にチャージが必要になります。

ご利用をお考えの方は事前のチャージを忘れないように気をつけましょう。

(※ 出典:国税庁 スマホアプリ納付のQ&A

まとめ

この記事では、Amazon Payについてやお得な支払方法、メリット等を解説しました。

Amazon Payを使用するとオンラインショッピングする際に、Amazonアカウントの情報を使用できます。

そのため、個人情報の入力や支払方法の選択等をする必要がありません。

少しでも快適にオンラインショッピングをしたい方は、ぜひAmazon Payを利用してみてください。

関連記事:

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-News・最新情報