広告 お得情報

Amazonが安い理由と激安商品を購入する際の注意点を解説!

Amazonの価格が安すぎて、『大丈夫かな?』と気になったことはありませんか?

価格があまりにも安いと、心配になりますよね?

本記事では、Amazonが安い4つの理由と、激安商品を購入する際の注意点を解説します。

本記事を読むと、Amazonがなぜ安いかと激安商品の粗悪品を見抜く方法が理解できるでしょう。

安い理由と粗悪品の見分け方が理解できれば、今後も安心してお得にお買い物できます。Amazonをまだ、使ったことがない方もぜひ、参考にしてみてください。

Amazonが安い4つの理由

Amazonは、近所のスーパーや家電量販店より安い商品もありますよね?

なぜ安く商品を提供できるのかを解説しています。

Amazonの価格が安い理由は、おもに4つです。

1.価格競争

Amazon内で起きている価格競争について解説します。

  • Amazon出品者は利益の出る商品を販売したいと思う。
  • Amazonで売れている商品をリサーチし仕入れる。
  • 同じように考えている出品者が多くいる。
  • 少しでも安くしないと購入してもらえなくなる。
  • 価格競争が起きる。

購入者は少しでも安く、購入したいと思います。

そのため、出品者は周りの出品者の価格に合わせていかざるを得ません。

Amazonの市場で競争が起こることで、価格が安くなる構造ができあがっています。

価格が安いからと言って、必要以上に怪しいと思う必要はありません。

2.大量仕入れ

商品を一度に大量に仕入れることで、仕入れコストを安くできます。

Amazonは、同じ仕入れ先で商品をたくさん仕入れているため、価格設定が安い商品が多い。

メーカーにとって、商品を大量に仕入れてくれる会社はとてもありがたい存在です。

そのため、Amazonはメーカー会社にとって貴重な存在でもあります。

大量仕入れをしてくれる大口の顧客となります。

大口顧客からの要望であれば、メーカー会社は売上を継続してもらうために値交渉を飲まざるを得ません。

Amazonの商品価格は安く設定されている商品が多い。

3.人件費

ネット通販のため、人件費が店舗型販売よりも抑えられます。

Amazonの商品は巨大倉庫に保管されています。

Amazonは、一般的な小売店と比べ、取扱商品数が比較にならないくらい多い。

しかし、機械化、効率化されているため、スタッフ1人当たりが管理する範囲が広く、少ない人数で商品販売しています。

4.ネットショップ

Amazonは、ネット通販のため、実店舗を構えていません。

商品を管理するための倉庫は巨大です。

しかし、全国にたくさん店舗を構えて、テナント料や店舗を維持する費用を支払うことと比べると、かかる費用は格段に安くなります。

激安商品に注意!粗悪品を見抜くポイント3つ

Amazonが安い理由を解説しましたが、極端に安すぎる商品には要注意です。

本物に似た、粗悪品の可能性があります。

そこで、粗悪品かどうか、簡単に見抜くポイントを3つ紹介します。

1.販売元を確認

(引用:Amazon)

販売元(出品者)を確認しましょう。

販売元がAmazon.co.jpであれば、商品をAmazon自体が管理しているため、安くても粗悪品の可能性はありません。

Amazon以外が販売元で、極端に安すぎる商品は、注意が必要です。

2.ショップの評価をチェック

(引用:Amazon)

販売元がAmazon以外の場合は、販売元のショップ評価をチェックしましょう。

メーカー公式ショップの場合や店舗の評価がとても良い場合は安くても粗悪品の可能性は低いでしょう。

逆に評価数が少なかったり、評価が低い販売元は要注意です。

販売元をクリックすると、ショップの評価が確認できます。

(引用:AnkerDirect)

画像の商品の販売元『AnkerDirect』はメーカー公式ショップです。

評価も高く、評価数も多いため、価格が安い場合でも、粗悪品の可能性はありません。

3.裏コマンド入力で粗悪品を排除

商品の購入を考えるときに、いちいちや販売元やショップの評価を確認するのは手間ですよね?

その手間を解消できる裏コマンドを紹介します。

検索URLの末尾に下記のコマンドを入力するだけです。

Amazon以外の販売元の商品を削除できる裏コマンド「&emi=AN1VRQENFRJN5」

Amazon以外の販売元の商品を削除できる裏コマンド「&emi=AN1VRQENFRJN5」を検索URLの末尾に入力するだけで、Amazon以外の販売元を検索結果から排除できます。

Amazon以外の販売元の商品を削除できる裏コマンド「&emi=AN1VRQENFRJN5」を検索URLの末尾に入力する
Amazon以外の販売元の商品を削除できる裏コマンド「&emi=AN1VRQENFRJN5」を検索URLの末尾に入力する

(引用:Amazon)

画像のように検索結果URLにコマンドを追加。

Amazon以外の販売元の商品は全て削除されます。

Amazonが直接管理している商品のみが検索結果に表示されます。

裏コマンド「&emi=AN1VRQENFRJN5」をぜひ活用してみてください!

まとめ

この記事では、Amazonが安い理由4つと激安商品を購入する際の注意点3つを解説しました。

Amazonが安い理由は、Amazon市場内での価格競争、大量仕入れでコスト削減、人件費が抑えられている、ネットショップの利点で費用削減があげられます。

安い理由を理解できれば、心配がなくなり安心してAmazonでお買い物ができますね。

激安商品を購入する際の注意点は、販売元の確認、ショップ評価のチェック、裏コマンド入力です。

ネットショップでの買い物で『粗悪品を購入してしまった。』という方もいるのではないでしょうか?

激安商品を購入する際は、3つの注意点を確認していただき、粗悪品を購入しないようにお気を付けください。

Amazonを正しく知って、楽しいお買い物をお楽しみください。

ライター名:日商簿記検定2級保有ライター たけぼー

Amazonの株主になりたい方はこちら↓

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-お得情報
-,