広告 株式投資

今買うべき株はどれ?安くて購入しやすい銘柄を詳しく解説【個別株】

つみたてNISAやiDeCoの登場で投資に興味を持った人は多いでしょう。

2つの投資制度は、金融庁が厳選したファンドを選び積み立てるものです。

2024年から始まる新NISAにもつみたて枠があり、最高で年間120万円投資でき、最大で600万円分投資することができます。

さらに、新NISAにはつみたて枠だけでなく成長投資枠が年間で240万円、最大で1,200万円投資可能です。

成長投資枠では、つみたて枠で選んだ銘柄だけでなく、個別株への投資もできます。

しかし、個別株への投資はつみたて枠での投資よりもリスクが高く、バリュー株とグロース株のどちらを選ぶのかなど迷ってしまいます。

そんな個別株に対して、いきなり大金を投じるのは恐ろしいものです。

そこで、この記事では安くて購入しやすい金額で投資できる銘柄を紹介していきます。

この記事では、次のことがわかります。

  • 個別株投資について
  • 購入しやすいバリュー株について
  • 購入しやすいグロース株について

個別株について学んで、安い銘柄で始めてみましょう。

米国株の情報収集におすすめの投資家向けアプリ・証券会社

moomoo証券

【moomoo証券のおすすめポイント】

  • 米国株の最新情報をアプリ・パソコンで確認できる
  • 全世界で2,000万人のユーザーが利用
  • デモ取引で取引の練習ができる
  • 約7,000と最多水準の取扱銘柄
  • 米国株取引に24時間対応
  • 大口投資家の売買動向を確認できる
  • プロのアナリストの株価予測を確認できる
  • 投資の神様ウォーレンバフェットのポートフォリオと売買銘柄を確認できる
  • 日経新聞にも投資家が使うツールとして掲載された実績あり


\今なら米国株がもらえるキャンペーン開催中!無料で登録/

moomoo証券の詳細をみる(公式サイト)



moomoo証券- 米株24時間取引・株価・投資情報
moomoo証券- 米株24時間取引・株価・投資情報
posted withアプリーチ

個別株投資について

つみたてNISAやiDeCoで購入する銘柄は投資信託です。

投資信託にはアクティブ運用とインデックス運用の2種類があり、アクティブファンドは機関投資家(投資のプロ)が、インデックス運用はAIが指数に連動するように運用します。

投資信託の特徴は、自分たちのお金を運用会社に預けて、自分の代わりに運用してもらうことです。

そのため、株式の知識が無くても始めやすいことから、初心者におすすめされます。

個別株投資は投資信託と違い、購入する株の精査を自分でしなければなりません。

企業の貸借対照表や損益計算書といった財務諸表を確認することも必要です。

個別株投資には主に2種類あります。

  • バリュー株投資
  • グロース株投資

どちらを選ぶのかで、確認するポイントが変わってきます。

自分の思い描くライフスタイルによってどちらを選ぶか選択する必要もあるでしょう。

2種類の投資方法について紹介します。

バリュー株投資について

バリュー株とは、実際の価値より割安な企業のことを言います。

企業の業績が良いにもかかわらず、株価に反映されていない銘柄です。

バリュー株の特徴には次のものがあります。

  • 株式市場で売りの動きが強く、一時的に株価が下がっている
  • 長期的には安定しているが、今後の成長が期待しにくい
  • 知名度が低い

一時的に株価が下がっている銘柄を購入できれば、株価が戻ってきたときに差額で利益を得られます。

長期的に安定しているという特徴があるため、配当金や株主優待で長期にわたり収入を得ることを目的とした投資も可能です。

株価が上下しにくいため、比較的低リスクで運用できます。

バリュー株の主な目的としては後者の配当金狙いが一般的でしょう。

私も割安になった銘柄を購入し、配当金で収入を得ることを目的としています。

グロース株投資について

グロース株は今後の株価上昇が見込まれる成長企業のことです。

現時点での企業価値や株価に関係なく、将来的に業績やk部下の伸びが期待されることがポイントになります。

グロース株の特徴は次のとおりです。

  • 市場需要が大きく業績の急上昇が予想される
  • 競合他社が参入しにくい、独自性のあるサービスを展開している
  • IT・テクノロジー関連など、時代のトレンドに沿っている業界
  • 革新的サービス・技術が生まれやすい業界

世界的に有名なグロース株としては、Google(Alphabetの子会社)・Amazon・Facebook(現Meta社)・Appleという巨大メガテック企業が記憶に新しいでしょう。

日本ではメルカリがユニコーン企業として有名になりました。

企業の成長を予測して、売却時の差益を得ることがグロース株投資の目的になります。

予測があたれば株価が10倍以上になることも夢ではありません。

しかし、予測が外れると痛い目を見るためバリュー株よりもリスクが高い投資といえます。

購入しやすいバリュー株について

10万円以下で購入できるおすすめのバリュー株について紹介します。

次の2銘柄です。

  • ENEOSホールディングス
  • 日本電信電話株式会社

それぞれ配当利回りも高く、安定した企業です。

ENEOSホールディングス

1つ目はENEOSホールディングスです。

(引用:株探HP

テレビCMのエネゴリ君でおなじみの石油会社であるENEOSは、1単元(100株)の購入で61,150円と比較的安価で購入できます。

さらに配当利回りが3.60%と高く、安定した配当利回りが期待できます。

(引用:Yahoo!ファイナンスHP

一時期、1,000円近くまで株価は上昇していたものの、新型コロナウイルスの蔓延により株価は下落。

その後、順調に株価を戻しつつあります。

もともと1,000円近い株価のポテンシャルがあることを考えると、まさにバリュー株といえるでしょう。

日本電信電話株式会社

続いては日本電信電話株式会社(NTT)です。

(引用:株探HP

NTTは日本の携帯会社の三大キャリアの一角、docomoを保有する大企業です。

国営企業だった名残もあり、知名度や信頼感も抜群の企業になります。

株価は10年単位で見ても右肩上がりです。

(引用:Yahoo!ファイナンスHP

株価が上がり続けているため、お買い得とは言えないかもしれません。

配当利回りも2.71%と高い、とまでは言えず中途半端に感じます。

NTT株の凄さは、購入のしやすさにあります。

1株184.7円と非常に安く、1単元(100株)購入しても18,470円と2万円をきります。

初めて個別株投資を行うならば、なるべく損はしたくないものです。

NTTのような安定した企業に投資できるならば、安心感もあるでしょう。

配当金も入るうえに長期的に右肩上がりの株はお買い得といえます。

購入しやすいグロース株:楽天グループ㈱

購入しやすいグロース株について紹介します。

グロース株については非常に迷いました。

購入しやすい金額として10万円以内を想定したため、IT企業などの成長分野の企業が選択肢から外れたためです。

グロース株の候補としては、楽天グループを紹介します。

(引用:株探HP

楽天は日本人なら誰もが知っている企業でしょう。

CMでは楽天カードマンでおなじみの楽天カードやAmazonクラスで知名度のあるECサイト楽天市場を運営しています。

また、楽天銀行や楽天証券といった金融業に楽天でんきといったインフラまで整っています。

さらにポイント還元などを駆使し、楽天サービスだけで生活ができるようにした楽天経済圏を構築しており、現在のトレンドに乗った企業といえます。

グロース株の特徴で紹介した特徴である

  • 市場需要が大きく業績の急上昇が予想される
  • IT・テクノロジー関連など、時代のトレンドに沿っている業界

2点に合致します。

しかし、残念な点があります。

株価の推移を見ると右肩下がりなことです。

(引用:Yahoo!ファイナンスHP

楽天の株価の低迷はモバイル事業にあります。

4つ目のキャリアの座を狙って参入したモバイル事業ですが赤字が続き、好調な他の事業を圧迫しています。

(引用:楽天グループHP

モバイル事業の赤字が続くためか、楽天市場でのポイント還元率が改悪されており、楽天経済圏の終焉がささやかれる事態になっています。

しかし、裏を返せばモバイル事業が上手くいけば楽天の事業は完ぺきなものになります。

日本国内ではAmazonに匹敵するECサイトを持ち、金融などのインフラ事業も行い、キャリアとしての地位もある大企業になることが可能です。

今後の成長性という面で見れば、楽天グループは購入しやすいグロース株ではないでしょうか?

まとめ:安くて安定した株の購入なら日本電信電話株式会社

ここまで個別株投資について紹介してきました。

  • 個別株投資にはバリュー株とグロース株への投資がある
  • バリュー株ではENEOSと日本電信電話株式会社への投資が安く行える
  • グロース株では楽天グループへの投資が安く行える

初めて個別株投資をするときはかなり緊張しますし、勇気がいります。

私も初めて個別株投資を行ったときはそうでした。

なるべく安価な銘柄でなおかつ低リスクなものを選ぶなら、日本電信電話株式会社が一番でしょう。

1単元(100株)購入しても2万円をきり、株価は右肩上がりで配当金も出ます。

これ以上ない銘柄ではないでしょうか。

個別株投資を行う上で参考にしてください。

米国株の情報収集におすすめの投資家向けアプリ・証券会社

moomoo証券

【moomoo証券のおすすめポイント】

  • 米国株の最新情報をアプリ・パソコンで確認できる
  • 全世界で2,000万人のユーザーが利用
  • デモ取引で取引の練習ができる
  • 約7,000と最多水準の取扱銘柄
  • 米国株取引に24時間対応
  • 大口投資家の売買動向を確認できる
  • プロのアナリストの株価予測を確認できる
  • 投資の神様ウォーレンバフェットのポートフォリオと売買銘柄を確認できる
  • 日経新聞にも投資家が使うツールとして掲載された実績あり


\今なら米国株がもらえるキャンペーン開催中!無料で登録/

moomoo証券の詳細をみる(公式サイト)



moomoo証券- 米株24時間取引・株価・投資情報
moomoo証券- 米株24時間取引・株価・投資情報
posted withアプリーチ

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-株式投資