広告 クレジットカード

ステータスが高いクレジットカードはくだらない?おすすめのハイステータスカードと魅力を紹介

ステータスを気にするなんてくだらない、ダサいと聞いて、「ステータスでクレジットカードを選ぶなんでダサい?」と思っていませんか?

ですがそんなことはないです。

筆者の知人の経営者は「取引先に業績が良いと思ってもらうためにステータスの高いクレジットカードを使っている」とアメックスプラチナカードを使っていました。

そこでこの記事では、ステータスカードの魅力、おすすめのクレジットカードについて紹介していきます。

クレジットカードのステータスとは?

クレジットカードの「ステータス」とは、所有者の社会的な地位や信頼度を示します。

ステータスが高いカードほど、審査が厳しく、これを通過できること自体が、その人の社会的ステータスの高さを象徴しています。

ステータスが高いクレジットカードはランクが高い

クレジットカードのステータスには以下の5つのランクがあります。

①ブラックカード:最もランクの高いステータスカード。カード会社からのインピテーション(招待)が必要な場合がほとんど。

②プラチナカード:2番目にランクが高いステータスカード。ブラックカードがなく、プラチナカードが最高ランクのカード会社もある。

③ゴールドカード:3番目にランクが高いステータスカード。一般的にはこのゴールドランク以上のカードのことをステータスカードと呼ぶ。

④スタンダードカード:4番目にランクが高いカード。ステータス性はほぼない。

⑤年会費無料のカード:最もランクが低いカード。審査に通りやすく、学生や初めてクレジットカードを持つ人におすすめ。

一般的にはランクが上がるほど、特典や優待サービスの内容が充実します。

プラチナランク以上のカードはステータスが非常に高く、保有しているだけで一目置かれます。

一方、スタンダードカードや年会費無料のクレジットカードは、学生でも持つことができ、ステータス性はありません。

ステータスが高いクレジットカード発行会社はどこ?

クレジットカードは、発行しているカード会社によってもステータスが変わります。

最もステータスが高いクレジットカードは、国際ブランドから直接、発行されているカードです。

ステータスが高い順に並べると、【国際ブランド>銀行>航空会社>信販会社>小売業者】となります。

発行元ステータス性主なクレジットカード例
国際ブランド⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️アメリカン・エキスプレスカード
銀行⭐️⭐️⭐️⭐️三井住友カード
航空会社⭐️⭐️⭐️JALカード
信販会社⭐️⭐️オリコカード
小売業者⭐️イオンカード

国際ブランドのクレジットカードは、世界中のさまざまな国や地域で使用できます。

例えば、日本でよくみるVisaやMastercardは国際ブランドです。

招待制のクレジットカードはステータスが高い

インピテーションがあるクレジットカードは、ステータスが高いです。

「インピテーション」とはクレジットカード会社による上位ランクカードへの招待のことです。

招待される条件は公開されておらず、カード会社によっても異なります。

下位ランクカードの利用履歴が良いほど招待される可能性が高まり、対象者には郵送やメールで通知され、申し込みと審査を経てランクアップができます。

ステータスが高いクレジットカードは年会費が高い

ステータスの高いクレジットカードは、年会費が高額な傾向があります。

しかしその分、一般のクレジットカードよりも特典や優待サービスが充実しています。

クレジットカードの最高峰と呼ばれる「アメックス・センチュリオンカード」は、入会金(55万円)と年会費(38万5,000円)を合わせると93万5,000円になります。

「これだけの金額が払える=収入が高く安定している=ステータスも高い」と判断されます。

ステータスが高いクレジットカードの魅力は?

ステータスが高いクレジットカードの年会費は高いですが、その分たくさんの魅力があります。

決済時にドヤれる

筆者が感じるステータスカードの一番の魅力は、お店で決済する際にハイステータスなクレジットカードを出してドヤれることです。

これだけが理由で高い年会費を払ってでも、ハイステータスカードを使っているという方も多いのではないでしょうか。

社会的な地位や身分の証明になる

ステータスカードを保有していることは社会的な地位や信用、身分の証明になります。

特に海外で役立つ場面が多いです。

例えば、海外旅行中に急に病院で受診する場合です。

治療費が高額になるケースが多く、その支払いが可能な証明になります。

豪華な特典を受けられる

ハイステータスカードを持つことで、多くの特典が受けられます。

一般的な特典としては、「コンシェルジュサービス」「空港ラウンジサービス」「ホテルの優待」「レストランの優待」などがあります。

コンシェルジュサービスでは、レストランの予約や旅行プランの提案などを行ってくれます。

空港ラウンジサービスや、ホテルの優待はゴールドカードでも利用できますが、コンシェルジュサービスはプラチナカード以上のランクに付帯する特典です。

ハイステータスカードを手にれた際には、真っ先に利用してみたいですね。

ステータスの高いクレジットカードの審査ポイント

多くの魅力があるステータスカードですが、実はどのカード会社でも明確な審査基準は公開されていません。

そこで、判断する際に一般的に重要だと言われているポイントを解説します。

収入の安定性が見られる

多くのクレジットカードの申し込み条件に「安定継続収入のある方」との記載があります。

年収の高さも重要ですが、収入の安定性も重要視されていると言われています。

つまり勤務先や勤続年数なども審査のポイントになりそうです。

クレジットヒストリーに気をつける

信用情報機関に記録された信用情報(クレジットヒストリー)も審査に重要だと言われています。

クレジットカード利用額、滞納や延滞がないかなどの確認。

カードローンの返済や携帯電話・スマートフォンの分割払いなども関係します。

ステータスの高いクレジットカードの選び方

ステータスカードを選ぶ際には、次の4つのポイントがあります。

①ステータス性の高さ

②付帯サービスの豪華さ

③ポイント還元率の高さ

④入手のしやすさ

①ステータス性の高さで選ぶ

同じランクのクレジットカードでもステータスの高さには違いがあります。

【ステータスが高いカードの条件】

✔︎ランクはブラック

✔︎発行会社は国際ブランド

✔︎招待を受けなければ申し込みできない

そして、年会費は高ければ高いほど良いと言われています。

②付帯サービスの特徴で選ぶ

クレジットカードごとに利用できる付帯サービスには違いがあります。

利用できる空港ラウンジの多さが魅力のカード、ホテルの宿泊優待が豪華なカードなどそれぞれのカード会社で力を入れているポイントが異なります。

③ポイント還元率の高さで選ぶ

クレジットカードの一般的な還元率は0.5%ですが、カードごとにポイントの還元率には違いがあります。

例えば「三井住友プラチナ・プリファード」は、通常の還元率が1%と高いうえに、プリファードストアという独自の加盟店で利用する際の還元率は脅威の最大10%です。

高額な年会費を払うので、できるだけ高還元率のカードがおすすめです。

④入手のしやすさで選ぶ

クレジットカードごとに入手の難易度も変わります。

審査が甘いクレジットカードの特徴は以下の2つです。

1.申し込み年齢が20歳以上

2.年会費が安い

申し込み資格が30歳以上というクレジットカードもあります。

30歳以上の条件より、20歳以上の条件の方が、若い人向けの基準で設定されている、と考えられるため審査にも通りやすいです。

またプラチナランクカードの中でも年会費は1万円〜13万円と幅広くあり、年会費が安ければ審査も甘い傾向があります。

とにかくプラチナランク以上のステータスカードが欲しい!という方であれば、審査の通りやすさを基準にして選ぶのも1つの選択肢です。

ステータスの高いおすすめのクレジットカード6選

それでは、いよいよおすすめのハイステータスなクレジットカードを紹介します。

それぞれのカードの特徴とおすすめポイントをまとめました。

ぜひ、参考にしてみてください。

【おすすめのプラチナカード】

  • UCプラチナカード
  • 三井住友カード プラチナプリファード
  • アメリカン・エキスプレス® プラチナ・カード
  • ラグジュアリーカード Mastercard® Black Card
  • JCB THE CLASS
  • ダイナースクラブ プレミアムカード

それぞれ詳しく解説します。

UCプラチナカード

【出典:UC Platinum Card公式】

UCプラチナカードは見た目はブラックカードですが、プラチナランクのクレジットカードです。

年会費に対する特典が充実していて、高コスパのプラチナカードを探している方におすすめです。

✔︎基本情報

年会費(税込)本会員:1万6,500円
家族カード:3,300円
還元率0.9%〜1.2%
国際ブランドVISA
申込年齢20歳以上
付帯サービス・24時間365日対応のコンシェルジュサービス
・空港ラウンジ(1,300ヶ所以上)
・国内・海外旅行傷害保険(最高1億円)
・FP・士業相談サービス(無料)
追加可能なカード家族カード・ETCカード

三井住友カード プラチナプリファード

【出典:三井住友カード プラチナプリファード公式】

三井住友カード プラチナプリファードはポイント特化型クレジットカードです。

コンビニやタクシーなど、日常生活でよく利用する際のポイント還元率が脅威の7%です。

また、筆者のおすすめポイントは、SBI証券での積立投資で5%還元されることです。

これ、毎月5万円投資するだけでほぼ年会費がまかなえます。(5万円×12万円×5%=3万円)

まさに、「ポイント特化のクレジットカード」といえます。

✔︎基本情報

年会費(税込)本会員:3万3,000円
家族カード:無料
還元率1.0%〜10.0%
国際ブランドVISA
申込年齢20歳以上
付帯サービス・24時間365日対応のコンシェルジュサービス
・国内主要空港のラウンジサービス
・国内・海外旅行傷害保険(最高1億円)
・SBI証券の積立投資で5%ポイント還元
・FP・士業相談サービス(無料)
追加可能なカード家族カード・ETCカード

アメリカン・エキスプレス® プラチナ・カード

【出典:アメリカン・エキスプレス® プラチナ・カード公式】

アメリカン・エキスプレス® プラチナ・カードは、プラチナランクの中でトップクラスにステータスが高いクレジットカードです。

その分、年会費16万5,000円と高額です。

実は2023年9月に値上がりし、それまでの年会費は14万3,000円でした。

かなり高額な年会費ですが、その分の特典も豪華です。

特に、アメックスのセンチュリオン・カード、プラチナ・カード会員の方だけが使える空港ラウンジ「センチュリオン・ラウンジ」を利用する機会が多い方におすすめです。

✔︎基本情報

年会費(税込)本会員:16万5,000円
家族カード:無料
還元率0.3%〜0.50%
国際ブランドAMERICAN EXPRESS®
申込年齢20歳以上
付帯サービス・プラチナ・コンシェルジュ
・デスク・センチュリオン
・ラウンジの利用
・入会特典で最大12万ポイント獲得可能
・スマートフォンプロテクション (スマホ修理代15万円まで補償)
・1年に1度、対象ホテルに無料で一泊できる宿泊券がもらえる
追加可能なカード家族カード(4名まで無料)・ETCカード

【おすすめのブラックカード】

ブラックカードは基本的に、招待を受けなければ申し込みができませんが、招待なしでも申し込みができるブラックカードを見つけましたのでまずはそちらを紹介します。

ラグジュアリーカード Mastercard® Black Card

【出典:LUXURY Mastercard® Black Card公式】

ラグジュアリーカード Mastercard® Black Cardは一般的なプラスチック製のクレジットカードとは違い、80以上の特許技術を用いて作られた、マットブラックの金属製カードです。

圧倒的な重厚感で、一目見ただけで特別なカードであることがわかります。

✔︎基本情報

年会費(税込)本会員:11万円
家族カード:2万7,500円
還元率1.25%〜2.75%
国際ブランドMastercard
申込年齢20歳以上
付帯サービス・24時間365日対応のコンシェルジュサービス
・国内・海外旅行傷害保険(最高1億2千万円)
・VIPホテル優待(会員限定価格・優先予約)
・空港ラウンジ(1,300ヶ所以上)
・会員限定コミュニティ有り
追加可能なカード家族カード・ETCカード

JCB THE CLASS

【出典:JCB PREMIUM公式】

JCB THE CLASSはJCBの最上位カードです。

手に入れるためには、下位カード「JCBプラチナ」の利用実績を積んで、招待があれば入手できます。

年会費が5万5,000円と安く、コスパの良さを求めるならこのカードを目指すのもおすすめです。

✔︎基本情報

年会費(税込)本会員:5万5,000円
家族カード:無料
還元率0.5%〜5.0%
国際ブランドJCB
申込年齢25歳以上(JCBプラチナ)
付帯サービス・24時間365日対応のコンシェルジュサービス
・空港ラウンジ(1,300ヶ所以上)
・国内・海外旅行傷害保険(最高1億円)
・ディズニー・USJの専用ラウンジ
・グルメベネフィット(対象のレストラン料金1名無料)
追加可能なカード家族カード(8名まで無料)・ETCカード

ダイナースクラブ プレミアムカード

【出典:ダイナースクラブカード公式】

ダイナースクラブ プレミアムカードは招待制のため入手難易度は高くなります。

ただ、さらに上位のダイナースクラブ ロイヤルプレミアムカードが誕生したことにより、以前よりも入手難易度が低くなり狙い目のブラックカードだと言われています。

下位のダイナースクラブカードの利用実績を積めば、入手は難しくありません。

✔︎基本情報

年会費(税込)本会員:14万3,000円
家族カード:無料
還元率0.50%~1.00%
国際ブランドDiners Club
申込年齢27歳(ダイナースクラブカード)
付帯サービス・プレミアム専用デスク
・国内・海外旅行傷害保険(最高1億円)
・空港ラウンジ(1,000ヶ所以上)
・主要航空会社5社にマイル交換可能
・「TRUST CLUB ワールドエリートカード」を無料発行
追加可能なカード家族カード・ETCカード

ハイステータスなクレジットカードで理想の生活を手に入れよう!

この記事では、ハイステータスカードの特徴や特典、おすすめのクレジットカードについて詳しく紹介しました。

ぜひ、最上級ランクのブラックカードを手に入れて、専用のラウンジ利用やコンシェルジュサービスを使い、ワンランク上の理想の生活を実現しましょう!

関連記事:

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-クレジットカード