広告 ポイ活

中学生・高校生でも安全にお小遣い稼ぎができる11選【スマホで手軽に副業】

お小遣いを稼ぎたい!と思っている中学生、高校生のあなたに簡単にできるお小遣い稼ぎを教えます!この記事を読むと安全で今すぐ始められるお小遣い稼ぎの方法がわかります。

実際に中学生の子どもがいる副業ライターみつばんが、親目線で「大丈夫!」と思えるおすすめ副業をお伝えしていきます。

中学生・高校生でもお小遣い稼ぎができるのか?

結論から言うとできます!できますがポイントをまず押さえましょう。お小遣いを何に使いたいのか、いくら稼ぎたいのか、いつまでに稼ぎたいのか。

1、目的、目標はなにか?

 お金がほしい!ごもっとも。お母さんも欲しいわ。子どもも大人も関係なく、お金って必要ですよね。でも、一番の目的ってあるでしょう?それはなんですか?

 たとえば筆者が子どものころ、お金が欲しい目的は友達と遊びに行くお金だったり、洋服や雑貨を買うお金だったりしました。

特に友達がお金に困らないタイプだったので、一緒に出かける回数が多くなると、友達はお金があるのに私はお小遣いが足りなくなってすごく困りました。

だからコンスタントに月に2万円くらい余分に欲しかったかな。

でも勉強もしなくちゃいけないし、学生ってとっても忙しい。テレビも見たい。だけど家にはお金がない様子。だからお小遣い増やして~とは言えなかった。

あなたが稼ぎたいと思うその目的は何ですか?何かを買いたい?貯金したい?お小遣いが毎月足りない?そもそもお小遣いをもらえない?家にお金がないから足しにしたい?(神の子か!)

その目的を達成するために努力や工夫をしたほうがいいと思います。最短で達成できる方法を考えましょう。

その目的がもし「勉強を頑張る」ことや「お手伝いをする」ことで達成するのなら、そちらに時間を費やしたほうがお得です。

知人に「テストで100点以上取ったら1万円あげる」と親に言われて、いきなり猛勉強始めた人がいました。100点取れなくてもすべての教科で成績が上がったので、たしか数万円もらっていましたよ。

これって、その後の学生生活において有益なんですよ。時間と努力を勉強に使って、効率よく稼ぐパターンですね。

もしもこのパターンが使えそうなご家庭なら、一度取引してみたらいかがかな?成績がこんな風になったらお小遣いをこれくらいUPという目安を作って、親にプレゼンするんです。プレゼンわかりますか?自分の考えを相手に説明して納得してもらう方法です。

我が家の場合、小学生の息子君がしているのはお手伝い課金。思春期の難しくなってくるお年頃と少しでもお金が欲しい欲求をかけ合わせたプランです。

娘は受験生。志望校に合格したら最新iPhoneゲット という目標を掲げ、黙々と勉学にいそしんでおります。合格できれば一石二鳥ですね。iPhone高いのでこのやり方いいと思います。

2、お小遣いをいくら稼ぎたい?

あなたがお金を稼ぎたいのはこんな目的があるからということがわかれば、いくら稼げばいいのかがわかってきますよね。

できるだけ多くほしい!という場合、扶養控除という大人の事情があるので、家庭によりますがある一定額を越えることができないという現実も知っておいてくださいね。

親に内緒で稼ぎたいんだ!という場合、全然おすすめできませんけど、いろいろな事情があるとおもいますのでざっくり45万くらいまでなら大丈夫、とお答えしておきます。(詳しくは後ほど書きます)

働いたら税金を払わないといけないんです。正式にアルバイトとして雇用されるのであれば、勤務先で代わりに税金を収めてくれるんですよ。

でもポイ活だとか、ネットでのビジネスなどの場合には大人でいうフリーランスの枠組みになるので、税金の管理は子どもを扶養している親がすることになるんですね。

子どもがたくさん稼いでしまうと、子どもには稼ぎが入っても、扶養している親の税金の負担は増えてしまうかもしれないということです。

これを読んでるのが親の立場の人で、もし現在お子さんがネットで稼いでいる場合には何をしているのかお子さんに教えてもらったほうがいいですよ。

いくら稼ぎたいのかの目標が決まりましたか?

3、いつまでに稼ぎたい?

これも大事です。友達の誕生日とか、彼氏彼女とディズニーランドに行く!とか。生配信したいから機材をいついつまでに揃えたい!とか。この日がゲームの発売日!とか。

いつまでに稼ぎたいという予定日を設定します。これで、どんなふうに稼いでいったらいいかのプランを考えることができるようになります。

絶対にその日までに稼ぐ!と気合をいれて、どの方法なら確実で、学校や部活や塾やその他もろもろの予定もクリアしつつ稼げるかを考えてくださいね。

どんな方法があるの?スマホで手軽に稼げる11選を紹介

中学生や高校生でスマホを持っている人の多さを考えると、スマホでできる稼ぎ方をお伝えするのがいいですよね。

保護者に稼ぎたい旨を伝えてOKをもらっておくと、スマホで稼ぐ場合には楽になります。なるべく親といい関係でいることが多く稼ぐコツです。

保護者の同意が必要なケースが驚くほど多いですからね。

1、ポイントサイトでポイ活

ポイントサイトというものがあります。このサイトに登録してポイントを貯めていき、溜まったら電子マネーなどに交換します。

未成年の場合、この初期登録の際に「保護者の同意」が必要な場合が多いです。溜まったポイントを交換するときや、銀行口座に入金できる場合などにも保護者のバックアップがあるとスムーズにいきます。

いろいろなポイントサイトがあるので使いやすいものを見つけてみてください。誰かからの紹介制度を利用すると登録するだけでポイントがもらえたりしますよ。

また、ポイントサイトは「毎日ログイン」するとポイントがもらえるものもあるので、コツコツ取り組んでみてくださいね。

高額案件は中学生、高校生は難しいので、コツコツ貯められる案件やゲームなどがおすすめです。時間を決めてポイ活してください。1日に何円貯めたらOKという自分ルールを決めておくことも大事です。

初心者にも貯めやすい!お小遣いサイト2選

モッピー(moppy)
ハピタス(Hapitas)

2、ラインポイントゲームでラインポイントを貯める

ラインで使えるラインポイントが、特定のゲームをすることで溜まっていくというものです。

Googleplayでラインを検索して、ラインコーポレーションの文字をタップするとゲームのアイコンが出てきます。この中で「p+」のロゴが入っているゲームがポイントの溜まるゲームです。アップデートされるとロゴが変わることがありますが、今現在は「p+」です。

まだゲームは数種類しかありませんが、楽しいゲームが多いそうですよ。毎日少しずつしかゲームのできない息子が言うには「一週間に10くらいたまる」そうです。こつこつためてラインスタンプなどに交換できますね!

3、歩いてマイルを貯めるアプリ

中学生は学校に持っていけませんが、高校生なら学校にスマホを持っていけるところもありますね。

通学で毎日歩くのでマイルがたまっていきます。マイルが増えたらポイントに変換できるので毎日スマホをもって外に出る人にはおすすめです。

歩くだけでなく、動画をみたらポイントが溜まるとか、アンケートに答えたらポイントが加算されるなどのミッションがあるウォーキングアプリもあるので、こちらもコツコツ貯めてみてください。

4、tiktokライト

tiktokライトに毎日ログインしたり動画を見たりするとザクザクポイントが溜まって、それがpaypayなどに交換できる夢の仕組みです。誰かの友達紹介で登録して、さらに誰かを友達紹介すれば、タイミングによりますがかなり高額のポイントが受け取れます。

ショート動画なので無限に見れてしまう中毒性はありますが、ポイ活としてはとっても優秀です。通常のtiktokよりもデータ容量が少ないのがいいですね。

tiktokライトは規約によると13歳以上が利用可能。友達紹介のポイントキャンペーンなど高額なものは18歳以上にしか付与されないというイレギュラーなものもあります。都度よく確認してくださいね。

5、アンケートのモニターになる

ポイントサイトの中でもアンケート案件のみのサイトがあります。アンケートに特化しているので一件のアンケートに対しての報酬が高いものも多いです。

簡単なアンケートばかりではないので、時間がかかることもありますが、時間と報酬に見合った案件のようでしたらおすすめですね。

6、文章を書いてみる(クラウドソーシングに登録)

一般的にクラウドソーシングはフリーランスとしてお仕事をするという契約を結ぶものです。年齢制限があり、18歳以上と決められています。高校3年生で誕生日が来ていれば登録ができます。未成年なので保護者の同意のもと、行ってください。

実はライターの仕事だけでなくイラストや声優、ロゴ制作、ブログ作成などさまざまなお仕事がありますので特技を活かしてお小遣い稼ぎすることができます。

初心者におすすめのクラウドソーシングサイト5選

関連記事:Webライターってどんな仕事?仕事内容や必要スキル、勉強方法を紹介【体験談あり】

7、不用品を売る

綺麗に使った洋服や推しのグッズ、雑貨や鞄など。もういらないなと思うものをフリマアプリで売ることができます。

メルカリなどは保護者の同意があれば年齢は問わないそうです。

初心者でもやり方の説明が簡単にわかるようなシステムになっているので、おすすめです。

家の中がすっきりするので、代わりに売ってあげたら、売れた分をお小遣いでもらえるかもしれませんよ!お母さんたちも家の中が片付いてにこにこになれます。

不要品をうるなら在庫がいらないので、とてもいいですね。

8、ブログを書いてみる

ブログを書いて、人気のブログになると広告を貼ってもらえます。

この広告をクリックしてもらえると自分に報酬が入ります。簡単にいうとこれがブログで稼ぐ仕組みです。

中学生、高校生であることを武器に、あなたでしか描けない学生のリアルを売りにしたら特化型ブログとして人気がでそう。記事を書くことで文章力が上がり、毎日投稿することでタイピングのスキルもあがりますね。

9、動画投稿する

YouTubeやtiktokに動画を投稿するというのも広告収入で稼ぐ方法の1つです。

二つとも13歳以上であればアカウントを作ることができます。後からのトラブルを防ぐために、アップロードする前に親にみせる勇気も必要です。

10、noteで創作活動をする

自分の好きな文章や画像、音声、動画を創作して投稿できる場所です。

気に入ってもらえたら購入してもらえますし、書籍になることもあります。

noteを授業にとりいれている学校もあるので楽しく安心して利用することができます。未成年は必ず保護者の同意のもとで利用をします。

11、プログラミング

今、小学生からプログラミングを習う時代ですから、もう大人顔負けでできる子どもたち多いはずです。

中学生高校生になれば、自分でなんでもシステム構築できる子もいるのでは?この技術を活かしてプログラミングのお仕事をするという選択肢あると思います。

仕事の受注は18歳以上にならないと難しいのだと思いますが、今のうちから技術力を磨いて、可能ならプログラミングの習い事をさせてもらっておくというのも手です。

この子すごいよ!ってことで人づてに依頼が来るかもしれませんね。

本当に安全なの?何が必要?疑問を解消

安全な稼ぎ方を探しましょう

副業のサイトとか広告をみると、甘い言葉が多いですね。一般的に副業で、楽してものすごく稼げるものはないです。

筆者の思う「楽」は一日1時間以内で「ものすごく稼げる」は万単位です。それってすごいですよね。本当に騙されないように気をつけてくださいね。

普通にアルバイトで仕事をする場合に最低時給で考えて計算を楽にすると1時間1、000円。30分で500円。10分なら166円。だからポイ活でも10分で200円とか稼げたらすごいんですよ。この感覚覚えてくださいね。

気がついたら犯罪に加担していた!詐欺にあってしまった!なんてことにならないように、楽して高額案件には罠があると思ってください。

見抜く力がないとおもったら、保護者や大人に相談すること。ついでにいいお小遣い稼ぎの知恵も教えてもらえるかもしれませんよ。

ポイ活などで無料で登録するとポイントが加算されるというものはいいのですが、無料期間が決まっていて一定期間内に解約をしないとその後課金されるというものには注意してください。

解約がしにくいケースがよくあるんです。解約ができないまま一定期間を過ぎてしまって携帯払いなどになり、毎月の支払いから課金分として引かれてしまいます。

親は気が付きますし、内緒ならバレます。ポイ活しているのにお金がかかるのは本末転倒。これ、解約しやすいかしにくいかはやってみないとわからないんです。絶対にやらないほうがいいです。どうしてもやるなら口コミなどを検索して対応策を見つけてからにしましょうね。

安全に稼ぐために必要なもの

危ないことは予測をして回避する能力。これすごく大切です。この際一緒に身につけていきましょう。ネットで稼ごうとしているのであれば大切なスキルになります。

こんな甘いこと書いてあるけど本当に大丈夫かな?と一度疑う。その会社のことをネットで調べてみて口コミを探す。というふうに、すぐに飛びつくのではなく慎重に調査してから検討するということです。

また、焦らないこと。最初のうちは慣れていないので思ったよりも稼ぐことができなくてだんだん焦って来ると思います。そんなつもりじゃなかったって。でも、慣れていないうちは倍以上の労力も時間もかかるものなんです。

だから焦らないこと。自分の性格や生活のリズムに合った稼ぎ方がきっと見つかるはずなので、いろいろと試してみましょう。

特に簡単なものからクリアしていくことは大事です。やりながら自分のレベルをアップしていくイメージです。

ブログを登録すると副業のやり方を教えてくれるようなやり方で誘導してくるコンサルの人もいますね。無料登録してある程度話を聞いていくのは問題ないと思うのですが、必ず有料のコースを進められます。ビジネスですからね。

この教材を買えばこうなるよ!という甘い言葉ですっかりやる気になるのですが。中学生高校生の皆さんは初期投資は控えましょうね。もちろん親が公認でOKしてくれるなら別です。やってみる価値がある教材もたくさんありますからね。

でも、「今、すぐに稼ぐのが重要」というなら、初期投資は控えましょう。それがもし、お年玉などを貯金していて一定額もっているから払えるよ!という場合でもです。

自分に投資は、ある程度稼いでからにしましょう。例えば1ヶ月2万が目標だったけど、2,000円多く稼げてるな~なんて場合にはその2,000円を貯めていくとスキルアップやレベルアップのための投資で使えますね。

初期投資は稼いだお金の中から使いましょうね。そういう癖をつけてもらいたいなと思います。お金は稼ぐことも大切ですけど、持ち合わせを増やしておくことも大切なものなんです。

中学生高校生の疑問、よくある質問

1.バレずにお小遣い稼ぎができるの?

やる仕事や環境によると思います。バレたくない相手が誰なのかにもよります。学校ならバレる可能性は低いでしょうが、親だと可能性は高くなります。

親にバレずにしようとすると保護者同意の案件ができなくなったり不便が多いので、親には協力してもらう体制を整えておくと本当はいいですね。

アルバイトと違い、ネットを使う稼ぎ方は基本的には学校などにはばれません。

ただ学業に支障がでたり、睡眠不足で授業中に寝るなど、今までと行動が変わる場合には問い詰められたり親からのヒアリングがあったりと、原因を探されてしまうので自分の生活態度に気を使いましょう。

自分の口からバラしてしまうということもありますよ。友達にペラペラ話したり。そこから伝わる可能性もあるので、絶対に秘密にしたいなら可能性のあるところに伝えるのは控えましょう。

2.どこかに申告は必要なの?

アルバイトをしていなくて、ネットなどの収入のみの場合には、収入から経費(仕事で使うために購入したもの。パソコンなどもOK)をひいた額が年間48万円を超えると申告が必要になります。

他にアルバイトをしていて、副業としてネットでの収入がある場合には、ネットの収入から経費を引いた額が年間20万円を超えると申告が必要になります。

単に申告をしたらOKというものではなく、年間の額が規定を超えるということはお父さんお母さんの支払う税金が変わったり、もらえるはずの手当が貰えなくなったりするんです。結果、家の収入が減ることがあります。

ですので、基本的にはネット収入のみでするなら、親の扶養のうちは48万÷12ヶ月で、月に4万を超えないようにうまく調整しながら稼ぐことが必要です。

経費を差し引くためにもお仕事に使ったもののレシート、領収書は必ず保管しておいてくださいね。

子どもは親の扶養になっているはずですので、アルバイトで稼ぐ場合でも年間103万円を超えないようにしましょうね。(超えると扶養控除をが外れ、社会保険料などを自分で払う必要が出てきます。

3.なんでバイト禁止されるの?

学業に支障がでるから。学校の決まりだから。親の目を離れるから。世間体や人の目を気にして。

などの理由があると思いますが、大人側の事情と子供の気持ちは大きく違うことがあるので、話し合うのが一番です。

自分の意見を言えるようになり、相手の意志を確認して調整しながら物事を進めていく力がつくので、すり合わせの作業を親と行うことってとっても重要です。

稼ぐことで大人の社会へ一歩踏み出すわけですから、いろいろな意見を取り入れて自分の気持ちと折り合いをつけていく能力をいまからつけていくのも、大切なことですよね。

まとめ

中学生高校生が効率よく稼ぐために必要なことは「親の協力」「明確な目標とスケジュール管理」。

スマホをみんなが持っている時代なので、スマホでできるお仕事をするのがベスト。

学業や生活をおろそかにしないこと。騙されないように最新の注意を払うこと。稼ぎ過ぎたら家に迷惑がかかることを理解して超えないように計画的に稼ぐこと。

中高生でも知恵と工夫でお小遣い稼ぎをすることは可能です。人にも自分にも迷惑をかけないように注意しながら、楽しく稼げるようにいろいろ探してみてくださいね!

色々な稼ぎ方を知るのはとっても大切なこと!経験を力に変えてね!ライター:みつばん

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

たまたま見つけた知識や聞いたことが人生を変化させることってありますよね。それが幸せになることも悲しみになることもあるはず。 当メディア「マネーリテラシー」は、ちょっとしたお得情報や体験談をわかりやすく、正確にまとめることで皆さまの幸せを増やします。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォローするだけで自然にお得な情報が得られます↓

-ポイ活
-, , ,