広告 News・最新情報

誰でも航空券(国内線)を安く買う方法5選【初心者もラクラク】

ガソリン代も高くなり、国内線の飛行機も値上がりしてますね。

LCC についてよく知らないけどなんだか乗りたくない。どうにか交通費を抑えたいとお困りの方も多いのではないでしょうか。

年4,5回飛行機に乗る筆者が、誰でも簡単にを安く航空券を予約する方法を紹介します。

この記事を読むだけで最善の航空券選びができるようになることが可能になります。

こちらもおすすめ↓

航空券を安く買う方法5選

早めに予約する!1〜3か月前までに

予定が早めに分かっているなら、すぐに飛行機をチェック!

お目当ての経路には何時のどの航空会社の便があるか調べましょう。1番安いのはやはり早割です。LCC(格安航空会社)などは早い時期から販売していないこともあるので1~3ヶ月前には購入することが重要です。その期間を過ぎると概ねどんどん値上がりしていく傾向があります。

比較サイトで安い航空券をチェック

エアトリ、ソラハピといった比較・予約サイトの名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。この比較・予約サイトは乗りたい日付、区間で検索して航空券の値段や時間を比較でき、予約までできます。最安値がどこの航空会社のどの便かまで一発でわかります。

この比較・予約サイトで予約してもいいのですが、最安値を目指すならそれぞれの航空会社の公式サイトで予約する方がお安く購入できる可能性が高いです。比較・予約サイトから予約するとサイト利用の手数料がかかったり、キャンセル料がかかったりしてしまうことが多いです。

比較・予約サイトの独自ポイントを貯めている、時間をかけるのが面倒くさいという方はそのままサイトを経由して予約してみるのもいいかもしれません。そういう私も忙しいときは楽さを取ってしまうこともあります。

宿も取るならパッケージ利用を

いくら安くてもLCCは嫌だ!ホテルに宿泊する予定がある!という方にはパッケージを利用するのもオススメです。預け入れ手荷物があったり、選びたいシートがあったりすると下手にLCCを選ぶよりパッケージの方がお安くなることもあります。じゃらんや楽天トラベルで比較するとぴったりのプランを見つけられると思います。他にもANAやJALのダイナミックパッケージ等も提携しているホテルなので自分で宿を見つけるよりも泊まってよかったと思える場所が多いです。マイルも多く付くキャンペーンもあってマイルを貯めたい人もアリ。

航空券が安いオフシーズンを狙う

航空券が安い季節は秋から冬にかけてです。やはり夏休みやお盆の時期に旅行や帰省で飛行機を利用するため元々お高く設定されています。GW後の6月やシルバーウィークと年末年始の間である11月も安くなる傾向にあります。

さらに、平日の利用も土日に比べて安くなります。ただし、注意が必要なのは金曜日の夜です。平日ですが、単身赴任の方や土曜日に予定がある方などが利用される方が多いため金額も高くなりがちです。

ほかにも早朝や夜といった時間帯でも安い便を選ぶというのも安く買えるコツ。

いかに他の人が利用しない時期に利用できるかがカギになります。

セールを活用する

とにかく劇的に安い航空券がゲットできるのがセールです。セール時期と旅行日程が被っているなら使わない手はありません!

大手航空会社でもやっているし、半額以下で買える可能性もあるビックチャンスです。定期的に開催されているので、いつ開催されるのか把握しておいて間違いありません。

サイトに繋がらない、買おうと思っていた便が売り切れしてた!といったこともよくあるので、予約できたらラッキーという気持ちで別の選択肢も予約しておきましょう。

航空会社のLCCはおすすめ?なぜ安いのかを解説

LCCはローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略で、JALやANAといった大手航空会社と比較して安い運賃で航空券を販売している会社のことです。サービスの有料化や機内設備の簡略化、人件費の削減等でコスト削減が可能になっています。

LCCのメリット

LCCの良さはなんといってもその安さ!

大手航空会社の航空券の半分以下で購入可能ですよね。交通費の節約に何度となくお世話になりました。少しでも航空券を安く買いたいなら欠かせない存在です。

LCCのデメリット

荷物が多かったり、予定の変更があると余計にお金がかかることです。

ついつい大量のお土産等を購入してしまい機内持ち込み重量を超えて追加料金が発生してしまうというのはよくある話です。予定変更不可、キャンセル有料のプランも多いため計画が確定している場合の利用がオススメです。お子さんがいたり、仕事が突発的に入る可能性がある方は予定変更可のプランにするか、大手航空会社のものにした方が安心かもしれません。

他にも空港によっては離れた場所に乗り場があるため遠くまで歩く必要がある、遅延・欠航のフォローがない等があります。

以前とあるLCCを利用した際に機材トラブルの影響で遅延しましたがなんの保証もなく、キットカット1個が配られただけでした。無事3時間後に運行したのでましだったのかもしれません。ちなみに大手航空会社では別の航空会社の便への振り替えやホテル代まで支給された経験があります。

LCCってぶっちゃけどうなのか

予定の変更がない、荷物が少ないならLCCはオススメです!

ピーチ、ジェットスターなど様々なLCCに乗ったことがありますが、私は不便さを感じませんでした。座席が大手航空会社と比較すると狭くなっているようですが、私には違いが分かりません。また、ドリンクのサービスも有料であるため、飲み物をもらいませんが自分で持参したペットボトルの飲み物で十分です。私は基本的にイベントやライブに行くため荷物もリュック1つで、預ける物もありません。飛行機は交通手段でしかない、乗っている間は寝ているだけだと考えるならLCCを選ぶのもアリだと思います。

まとめ:ポイントを押さえて安い航空券を買おう!

航空券を安く買う方法、LCCのメリット・デメリットについて紹介してきました。

ポイントを押さえるだけで安い航空券に出会える可能性がグンとアップします。

飛行機の運賃が安くなることでご飯代や宿泊代によりお金を使えるようになり、さらに充実した旅行を楽しめるようになるのではないでしょうか。

LCCについて知ることで、飛行機に求めるものが「移動も旅の楽しみ」と考えるのか、「移動手段でしかないので安く抑えたい」と思うかといった目的に合わせて航空券の選択を行っていけば良いと考えます。

この記事をここまで読んでいただきありがとうございました。素敵な旅ができることを祈っています。

ライター:motty

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

たまたま見つけた知識や聞いたことが人生を変化させることってありますよね。それが幸せになることも悲しみになることもあるはず。 当メディア「マネーリテラシー」は、ちょっとしたお得情報や体験談をわかりやすく、正確にまとめることで皆さまの幸せを増やします。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォローするだけで自然にお得な情報が得られます↓

-News・最新情報
-