広告 転職・キャリアアップ

給料を上げるにはどうすればいいの?給料の交渉の成功する言い方とタイミングを徹底解説

給料面での不満を感じる方も多いかと思いますが、給料交渉は慎重に行う必要があります。

成功するためには、準備とタイミングが重要で、明快なトーンで交渉を進めることが肝心です。

また、失敗しても諦めず、キャリアチェンジを視野に入れることも一つの選択肢です。

転職時の給料交渉では、自身のスキルや市場価値を的確に提示し、エージェントの助言も活用することが成功へのカギとなります。

皆さんもこの記事を読んで慎重に、しかも戦略的に給料交渉を進め、より良い条件を手に入れてください。

職場での給料アップ交渉の言い方・やり方

自分の職務内容には満足していても、給料に対して不満を感じている方は多いのではないでしょうか。

スキルや経験が積み上がっているのに、同じ給料水準が続くのは何だか不満を感じてしまいますよね。

そう思っているのなら、勤務先との給料交渉を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、給料の交渉に成功するためには、その方法やタイミングが肝心です。

ここでは、給料交渉に備えるための準備方法や、適切なタイミング、表現や伝え方、注意すべき点について詳しく解説します。

収入を増やしたいと考えている方は、円滑な給料アップのためのテクニックを習得しておくことが重要です!

給料交渉の前準備

給料交渉において、準備はとても肝心です。

ただ「給料を増やしてほしい」と主張するだけでは、通常は期待通りの結果は得られません。

それよりも、計画的に準備をし、会社や施設が納得する理由を提示できれば、交渉は成功する可能性が高まります。

成功する可能性を高めるために給料交渉の前に大切な3つのポイントをご紹介します。

1.自身の業界や職種の給料相場を調査しましょう

平均年収が低い場合、大幅な給料アップは難しいかもしれません。

自身の相場をチェックし、「交渉の余地はあるか」を確認しましょう。

参考までに様々な職種についての年収の相場について、下の表に例を示しました。

すべての職種を網羅することができず、概ねの数字なので、あくまで参考としてご覧ください。

職種平均年収
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士約430万円
看護師約500万円
臨床検査技師約500万円
診療放射線技師約550万円
栄養士約370万円
その他の保健医療従事者約420万円
飲食物調理従事者約330万円

(参考:現職で給与交渉する方法!収入を上げるポイント・上手な言い方とは)

2.社内の昇給基準を確かめましょう

基準から大きく外れた交渉は信用を失うことになりかねません。

無謀な交渉は評価にも響くため、慎重な準備が必要です。

3.自分のスキルを裏付けるエビデンスを用意しましょう

経験や実績を提示し、「同じレベルの人がこの程度の給料をもらっている」と説明することが効果的です。

いずれにせよ、給料交渉は準備が成功の鍵です。しっかり準備をして、納得いく結果を得られるよう努力しましょう。

給料交渉のタイミング

給料交渉において重要なのは、まずは直属の上司に相談することです。

上司に相談する前に人事に直接相談してしまうと、上司の信頼を損なうことになりかねませんので、できるだけ避けましょう。

直属の上司との交渉が進展しない場合は、その時点で人事にアプローチすることを考えます。

また、給料交渉においてはタイミングも肝心です。

経験年数やスキルの向上、そして企業やプロジェクトへの貢献度が高まった時に交渉するのがベストです。

さらに、仕事で大きな成果を上げた際も、会社からの評価が高まり、給料交渉を進めやすいタイミングとなります。

成功する給料交渉の言い方

給料交渉の場面では、明快な希望を落ち着いたトーンで伝えることが大切です。

単に「給料を増額してほしい」とだけ伝えるのではなく、具体的な数字や自身のスキル、業界の給料水準との比較など、説得力のあるエビデンスを提示することが重要です。

家庭の事情を交渉材料として用いるのは避けるべきです。

企業にとっては直接関係のない要素であり、給料交渉では自身の貢献度や価値をアピールすることが肝要です。

 もし希望が受け入れられない場合は、代替案を提示することも有効です。

例えば、スキル向上のための休暇取得や希望の部署への移動など、自己成長に繋がる提案をすることで、時には受け入れられる可能性もあります。

給料交渉に失敗した時の対策

所属している企業や機関が、厳格な評価基準を備えていたり、スキル向上をサポートする体制を整えている職場であれば、給料面での交渉余地は存在します。

しかしながら、企業や機関によっては、どれだけ準備を整えても、給料交渉が難航することがあります。

交渉の結果、「現状の給料アップは困難だ」と感じた場合、キャリアチェンジを検討することも1つの選択肢です。

新たな職場で自身の経験やスキルを的確にアピールできれば、給料が大幅に向上する可能性もあります。

転職時の給料交渉の言い方

転職、つまり中途採用は新卒採用と異なり、個々の採用者によって条件が変わります。

経歴やスキルによって、同じポジションでも給料の条件が異なることは珍しくありません。

転職希望者は、できるだけ良い条件で採用されたいと考えることが一般的です。

そのため、中途採用の際には給料交渉が重要視され、条件を改善する努力が求められます。

それでは実際に企業と給料を交渉する範囲や限界はどこまでなのでしょうか。

また、成功するためにはどのような言葉遣いやタイミングが重要なのでしょうか。

ここからは、転職時の給料交渉で失敗しないための方法やポイントを詳しく解説します。

そもそも転職時に給料交渉してもいい?

最初に、採用プロセスにおいて、給料条件を交渉することは適切なのでしょうか。

求人情報には給料条件や年収の目安が提示されており、採用後にその条件が適用されると考える人が多いでしょう。

では企業に対して給料交渉を行うことが礼儀に反するのか、いつ給料交渉を行うべきかなどについて検討していきます。

 結論としては転職時に給料交渉を行うことは問題ないです!

給料の交渉は難しいですが、自分にとってより良い条件を得るチャンスです

中途採用において、転職者が給料交渉を行うことは特別なことではありません。

先程述べた通り、個々によって条件が異なるため、交渉の余地があると捉えることができます。

「求人情報に給料が記載されているのに、条件を変更するのは気が引ける」「傲慢に思われるのでは?」と不安に感じることもあるかもしれませんが、給料の交渉自体は問題ありません。

実際には、入社後に給料条件を変更する方が難しい場合もあります。

採用プロセス中での交渉が有効なのです。

自分にとってより良い条件を得るチャンスとして捉えてください。

給料交渉のタイミング

給料の話し合いは最も現実的なのが面接の際です。

通常、採用が確定した時点で給料条件も確定することが一般的ですが、交渉するなら採用前に提示することが重要です。

ベストなタイミングは一次または二次面接です。

給料条件は企業から提示される場合もありますが、話題にならなければ積極的に質問するべきです。

提示された給料が期待に達しない場合は交渉が必要です。

内定後に交渉することも可能ですが、ラストチャンスとして考えるべきです。

内定後の大幅な条件変更は現実的ではないため、できれば面接で合意するのが理想です。

給料交渉に成功する言い方

面接時に求められる希望年収に対する答え方について、パターン別に以下に3つの例を示します。

いずれにしても、印象を良くするためには、過度に条件にこだわらないことがポイントですので参考にしてください。

1.求人情報に合わせた回答をする場合

求人情報には基本的に年収が記載されているため、「貴社の求人情報に掲載されているように…」と合わせるのが無難です。

例文

面接官:「希望する年収はありますか?」

応募者:「貴社の求人情報に掲載されている年収水準である700万円を、入社後は相応の業績で果たせると考えております。ご検討いただければ幸いです」

2.前職の年収との比較を交えた回答をする場合

前職の収入との関連性を示すことも有効です。

ただし、当たり前のような表現は避けるようにしましょう。

また、異なる業種や職種に転職する場合、一般的に収入は減少する傾向にあります。

新たな職場で要求されるスキルや知識をまだ獲得していない場合、前職の収入を根拠にした交渉は避けた方が良いケースもありますのでご注意ください。

例文

面接官:「希望する年収はありますか?」

応募者:「前職の収入はこの金額でしたので、少なくともこの水準は保っていただけると助かります」

3.相手である企業に合わせた回答をする場合

まずは相手の企業の定める金額の提示に従う意思を示し、金額を直接示さず、相手の立場に配慮した表現も効果的です。

例文

面接官:「希望する年収はありますか?」

応募者:「年収の希望については、貴社の方針に従います」

給料交渉を成功させるための4つのポイント

給料交渉を避けるのではなく、適切な戦略で交渉すれば、転職時により好条件を得る可能性があります。

実際、交渉の結果、より良い条件を手にすることも十分あります。

ただし、給料交渉は容易なものではなく、必ずしも成功する保証はありません。

そのため、成功するための4つのポイントを押さえておくことが重要です。

1.自身の希望額と最低ラインを明確にすること

給料交渉を始める前に、希望額と最低ラインを明確にしましょう。

漠然と高い給料を求めるのではなく、具体的な金額を設定することが大切です。

さらに、手当や賞与、残業代などを含めた年収を考慮することも忘れずに。

2.業界の給料水準と自身の市場価値を把握すること

 業界の給料水準と自身の市場価値を理解しましょう。

提示する給料が業界水準より高い場合、それを裏付ける必要があります。

逆に低すぎる場合は、自身のスキルや経験を正しく評価してもらえるよう準備しましょう。

 3.給料交渉の根拠を準備すること

給料交渉の根拠を整えることも重要です。

過去の実績やスキル、今後の成果などを具体的に示し、企業側に納得してもらう必要があります。

 4.必要に応じて転職エージェントに相談すること

必要に応じて転職エージェントに相談してみることもお勧めします。

彼らは交渉に慣れており、アドバイスや代行をしてくれることもあります。

給料交渉は慎重に行うべきですが、適切な準備と戦略を持てば、自分にとってより良い条件を手に入れることができます。

まとめ

給料交渉は、準備と戦略が成功の鍵です。

自身の業界や職種の給料相場を把握し、社内の昇給基準を確かめることが重要なことはもちろん、エビデンスを用意し、具体的な数字やスキルを示すことで説得力を持たせましょう。

給料交渉のタイミングは、成果やスキル向上、そして企業への貢献度が高まった際がベスト。

言い方は明快で落ち着いたトーンで具体的なエビデンスを提示し、家庭の事情は避けるべきです。

失敗した場合は、キャリアチェンジも視野に入れることも大切です。

また、転職時の給料交渉では、自分のスキルや経歴を重視し、適切なタイミングで条件を提示しましょう。

給料交渉の成功には希望額と最低ラインを明確にし、業界の給料水準と市場価値を把握すること、交渉の根拠を準備すること、必要に応じてエージェントに相談することが肝心です。

さあ、皆さんもこの記事を参考に給料交渉してみてはいかがですか。

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-転職・キャリアアップ