広告 仮想通貨

マイニングは儲からない その理由を徹底解説 今後やるべきことは何か

仮想通貨のマイニングは、儲かるのか?儲からないのか?

結論からいえば、儲かりません。

理由はコストがかかりすぎることと、難しすぎること。

基本的には、一般人が手を出せるようなものではないからです。

ただ、仮想通貨のマイニングに興味を持った時点で意識が高いともいえます。

マイニングは、仮想通貨をささえる重要な仕組み。

マイニングについて知ることは、あなたの知識レベルや思考レベルを向上させてくれるでしょう。

【この記事でわかること】

  • マイニングが儲からないといわれる理由
  • マイニングをする意義
  • では、どうするべきか(代替案)

記事の後半では、仮想通貨業界の朗報についてもお伝えします。

ぜひ、最後まで読んでください。

(本記事の仮想通貨とは、暗号資産のことです。)

こちらもおすすめ:

そもそも仮想通貨のマイニングとは

「マイニング」とは、仮想通貨が運営されていくために非常に重要な仕組み。

仮想通貨の取引は、不正を防止するために、取引のデータを検証・承認する必要があります。

検証・承認には膨大な計算が必要で、その処理をもっとも早く完了させた者に報酬として仮想通貨が支払われます。

その行為はまるで鉱山から金を掘り当てるようなものなので、「採掘」を意味する「マイニング(mining)」と呼ばれています。

仮想通貨の取引台帳を正確な状態に保ち、安全性を確保するためのもの。

従来の銀行のような中央集権的システムであれば管理者がおり、取引情報を精査・管理しています。

ですが仮想通貨はそうではない金融システムを構築する目的ではじまったために、マイニングの仕組みで管理されています。

マイニングをする人のことを「マイナー」といいます。

マイニングは儲からない:マイニングに必要なもの

マイニングは儲かりません。

とにかく、まずはじめるために準備しなければならないものが多くあるからです。

おまけに、ランニングコストもかかります。

どのようなものがあるのか。

1つずつ見ていきましょう。

パソコン

前述の通り、マイニングには膨大な計算が必要です。

そのための処理を高速で行うには、高性能なPCが必須。

ゲーミングPCでもいいようですが、金額としては「8万円~24万円」ほどします。

さらに、その高性能PCを複数台用意しなければなりません。

個人だけでなく企業も参入している分野です。

世界中で日々激しい競争がされており、より速い処理能力が求められています。

冷却装置

マイニングは、高性能PCをフル稼働させる必要があります。

そうするとPCが高温となりダメージを受けてしまうので、本体を冷やす必要があります。

冷却を怠るとPCの性能が悪くなるだけでなく、最悪火災の原因に。

ですので、冷却をおろそかにするわけにはいかないのです。

電力

高性能PCを複数台フル稼働させ、冷却装置も稼働させるわけですから、電気代がかなりかかります。

使うPCの性能や台数にもよりますが、30日間のマイニングで1万円ほど電気代がかかります。


【とある個人マイナーの記録】

 期間:2022年5月~年末

  • マイニング報酬:7万2,418円
  • 電気代:6万7,310円
  • 利益:5,108円

ある程度の報酬を得たとしても、9割が電気代で消えていくことがわかります。

おまけに初期費用として、PCや冷却装置など様々かかっていますので、まったくわりに合いません。

2021年にマイニングブームが起きました。

稼げるからブームになったわけです、

当時はいくら稼げたか、その記録はこちら。

2021年マイニング収益公開

(10ヶ月やって、2万円ほどの儲けです。)

知識

ハードウェアさえ揃えれば、マイニングできるかといえばそうではありません。

当然、知識が必要になってきます。

マイニングに必要なソフトウェアやウォレットを用意する必要もありますし、セキュリティ対策もいります。

またリサーチの結果、自作PCでマイニングをしている人も多く、その程度の知識やスキルは必要になってきます。

↓の記事を読んで、 簡単だと感じた人は見込みがあるかもしれません。

【2021年版】マイニングPCのパーツの選び方と作り方を解説

さらに仮想通貨の知識や、最新の業界の動向を知る上で英語も必要です。

マイニングは儲からないといわれている理由

マイニングは儲からないといわれています。

その理由は、必要なものが多すぎてコストが合わないだけではありません。

他にも様々な理由があります。

1つずつ見ていきましょう。

日本では無理

マイニングで儲けるには、日本では無理といわれています。

理由は、電気代です。

マイニングはとにかく電気代がかかるため、安く電力が使えないとコストがかかるだけ。

そこで、比較的安価に電力が利用できる中国にマイナーが集まった時期もありました。

世界のマイニングの4分の3が中国に集中していた時期も

おまけに、冷却装置から出る音の問題もあります。

となりの部屋の家電の音を気にしなければならない、日本の狭い住宅事情では厳しいといえるでしょう。

さらに、コトバの壁も。

マイニングの情報を得ようとするのなら、英語で書かれた文章をスラスラと理解できるレベルが必要です。

個人では無理

マイニングで儲けるには、個人では無理です。

とにかく高性能PCと電気代が、個人ではまかないきれません。

ですから、多くのマイナーは「マイニングプール」に所属します。

マイニングプール: マイニングを行うグループ。

高性能PCを共有して、協力しながらマイニングを行う。

計算力を上げることでマイニングの成功確率を上げる。報酬は分配。

マイニングプールには、参加条件があり、ルールもあります。

運営者についても確認し、信用できるかの判断も必要です。

さらに戦う相手は、世界。

世界中の猛者たちを倒して1番とならないことには、報酬は得られません。

企業が事業としてやっているレベルです。

難しくなってきている

さらに、マイニングが難しくなっています。

これはマイニングの参加者が増えたため。

勝つためには高性能PCが何台も必要になっていることは、すでにお伝えしました。

おまけに、得られる報酬も少なくなっています。

これは半減期といわれるもの。

ビットコインは発行枚数の上限があらかじめ決まっており、一定期間ごとにマイニング報酬が半分になります。

これが、半減期。

【マイニング報酬の推移】

  • 2012年 25BTC
  • 2016年 12.5BTC
  • 2020年 6.25BTC
  • 2024年 3.125BTC(予測)

難易度が上がり、コストが上がり、報酬は下がっている、という状況です。

マイニングが難しくなっているのはビットコインであって、他の仮想通貨のマイニングは稼げるという意見があります。

ですが、マイニングで稼げる仮想通貨を知るためには「英語」が必須。

専門的な世界を、母国語ではない英語で理解しなければならないわけですから、結局は難易度が上がっています。

結論:マイニングは儲からないので仮想通貨を買ったほうが良い

結論としまして、今からマイニングをはじめるのはおすすめできません。

仮想通貨を取引所で買ったほうが儲かります。

記事を書いているのは、2023年の11月初頭。

今、仮想通貨の業界は追い風です。

それは、「ビットコインETF」が承認されることが濃厚だから。

ETFとは「上場投資信託」といわれるもので、上場している投資信託です。

上場している株のような扱いになる投資信託。

つまり、ビットコインが上場している株のような取り扱いになるということ。

金融商品として、ランクが上がるイメージです。

正式に承認されたわけでもないにもかかわらず、そのニュースだけでビットコインは高騰しています。

(ビットコインのチャート:コインチェック)

チャートを見ていただけるとわかるように、3,900,000円台から5,100,000円台まで上昇。

15日くらいで30%も上昇しています。

「承認されるかも」というニュースだけでこの上昇ですので、正式に承認されたらさらに上昇することが予測できます。

米国でビットコイン現物ETFが間もなく承認か。今後の相場展開を予想

おまけに、半減期。

2024年には半減期を迎え、ビットコインの発行枚数は減ります。

これからは、ビットコインがどんどん希少なものになっていきます。

【ビットコインが今後上がっていく要因】

  • ビットコインETFが承認される
  • ビットコインの発行枚数が減っていく

価値が高く評価されれば、さらに多くの人が欲しがるものになっていきます。

そのみんなが欲しがるものの数に限りがあれば、価格はさらに上昇していくことは、容易に予測できます。

人々が欲しがる→ビットコインが上がる→さらに人々が欲しがる→さらにビットコインが上がる……。

このような構造。

ビットコインは、これからどんどん上がっていく可能性が十分にあります。

マイニングは儲からないが、やる意味はある

マイニングは儲かりません。

ですが、興味があるのでしたらやる意味はあるでしょう。

今回のリサーチ結果では、マイニングを個人でやっている方も多くいらっしゃいました。

儲かっている、とは 言えませんが……。

  • 純粋に楽しい
  • マイニングに意義を感じている
  • スキルアップにつながる
  • 個人マイナー同士の交流

お金以外に得られるものがあるようです。

まとめ

今回は「マイニングは儲からない」について解説しました。

マイニングは、儲かりません。

  • 初期費用がかかりすぎる
  • ランニングコストもかかりすぎる
  • 報酬が減っている

マイニングで儲けられたのは、過去の話になりました。

ただし、仮想通貨で儲ける方法はまだ残されています。

安いうちに購入しておいて、高くなったら売ればいいのです。

現在、ビットコインは追い風。

ビットコインが上がると、他の仮想通貨も上がる傾向にあります。

将来楽しみな仮想通貨はたくさんありますし。

2023年10月末、1枚500万円超えのビットコインでも「0.1」「0.01」「0.001」などの小さい単位で買うことも可能。

500円とか、1,000円とかからビットコインは買えます。(取引所による)

できる範囲で購入しておくと、儲けられるかもしれません。

仮想通貨の購入には、仮想通貨取引所の口座が必要です。

(ライター:とーひー)


おすすめの仮想通貨取引所


関連記事:

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-仮想通貨