広告 転職・キャリアアップ

【必読】営業が向いてないのは自分への甘えではない!自分に合った道を探そう!

営業に向いていないと感じているあなた。

営業が苦手であることは必ずしも自分への「甘え」ではありません。

営業がなぜ苦手なのかを深く掘り下げ、自分にあった別の道があるかを考えるタイミングかもしれません。

この記事では、営業職としての向き合い方や自分に合った仕事を見つける方法を、お伝えしていきます。

この記事を通して、将来のキャリアアップや転職を見据え、新しい自分を発見する旅を始めましょう。

営業が向いていない理由を見つけよう

なぜ、営業が向いていないかを考えたことはありますか。

なんとなく向いていないと感じている方は、具体的な理由を見つけてみましょう。

なぜなら理由を知ることで今後の対策や改善が可能になるからです。

人によって、営業が向いていない理由はさまざまです。

例えば、多くの人が人とコミュニケーションが苦手であることを挙げます。

自分がどの点で苦労しているのか、どのような要因がストレスを引き起こしているのかを明確にすることで、自分にあった方向性を見つける手がかりになるでしょう。

営業が向いていない人の苦手3選

営業が苦手と感じる理由は人それぞれですが、「なんとなく苦手」という感覚も実は具体的な原因に基づいていることが多いでしょう。

実際に、多くの営業マンが共通して直面する苦手要素があります。

ここでは、特に多い営業の苦手ポイント3つをピックアップし、それぞれについて詳しく解説していきます。

この情報が、営業における自身の課題を理解し、改善する手がかりとなるでしょう。

苦手1 人と接するのが苦手

営業が向いてないと感じる苦手項目で1番に多く挙げられるのではないでしょうか。

営業の場合、必ず人と接してコミュニケーションをとる必要があるからです。

苦手意識は個人差がありますが以下のような特徴に当てはまる方は営業に向いてないと感じやすいでしょう。

  • あがり症やコミュ障
  • 人付き合いが苦手
  • 口下手

これらの要因は、営業職でのパフォーマンスに直接影響を及ぼす可能性があるでしょう。

苦手2 商材売り込みが苦手

営業のメイン業務になる商材の売り込みです。

新規顧客に対しても既存の取引先に対しても商品やサービスを効果的に売り込み、業績をあげることが求められます。

しかしこの売り込みが大きな苦痛になる方も少なくありません。

売り込みが苦手と感じる理由は以下になります。

  • 商材説明やプレゼンテーションが苦手
  • 説明しても購入に結びつかないことのストレス
  • 押し売りになっていないかという心配

苦手3 成績で評価されるのが苦手

営業の評価は、ほとんどの場合、業績や新規獲得件数などで評価されることが多いでしょう。

しかし、営業が苦手と感じる人にとっては、この成績ベースの評価は特にプレッシャーになることがあります。

営業が向いていないと感じている人は、以下のような要素も評価に含めてほしいと内心では願っているかも知れません。

  • 営業までのプロセスへの取り組み(例:準備や計画)
  • 行った商談件数
  • 既存顧客へのサポート件数

このような観点も評価に取り入れることで、営業の多面的な価値を公平に評価できるかも知れません。

苦手を克服する方法3選

営業で直面する苦手な部分を克服することはこの先も続けて行ける可能性が広がるでしょう。

ここでは筆者の営業経験をもとに、簡単に取り組める対策方法をご紹介します。

あなたもこれらの方法を試して、営業の苦手を乗り越えてみてください。

筆者の略歴:

  • 美容師として13年間の経験
  • 広告印刷業界での営業経験8年
  • 派遣業界での営業経験2年

多様な業界での経験を活かし、人と接することが得意な筆者が実践的なアドバイスをお届けします。

克服方法1 人と接するのが苦手な場合

人と接するのが苦手な方、特に人見知りや口下手な方と感じる方に共通するのは、コミュニケーションの取り方に対する不安です。

これからの悩みを解消するために、無理して会話をするのではなく以下の3つのポイントを意識して会話してみましょう

  • 自分自身について話をして相手に知ってもらう。
  • 相手のことをより深く知るために何でも聞く。
  • 言葉遣いは丁寧にしつつ、心は友達感覚で接する。

これらのポイントを実践することで、自然と会話がスムーズになり、苦手意識が軽減されるでしょう。

克服方法2 売り込みが苦手

売り込みに苦手意識を持つ方は意外と多いものです。

実は筆者も営業をやり始めたころは商材売り込みやプレゼンが苦手でした。

その理由は「押し売りをしている気がする」、「うまく説明できない」などでした。

しかし、筆者の転機は先輩からのアドバイスで「商品を売るのではなく、自分自身を売ること」でした。

この言葉の真意は、知らない人からの提案や商品紹介よりも、信頼できる人からの提案を受け入れやすいという心理に基づいています。

したがって、営業も商材売り込みも同じです。

商品説明よりも自己紹介や信頼関係の構築に重点を置くことが営業の成功の鍵になるでしょう。

以下の3つを意識して売り込んでみましょう。

  • 商品説明より自分の説明をする。
  • 信頼を築くために自分のことを知ってもらう。
  • 商品の特徴より将来にわたるメリットの説明をする。

克服方法3 成績で評価されるのが苦手

克服方法の1と2を実践しても成績が思うように伸びない、あるいは成績に基づく評価されるのはやっぱり苦手だと感じる方もいるでしょう。

このような状況に対処するには以下の2つの方法が有効です。

  • 成績に基づく評価を気にしないように意識的に心がける
  • 成績で評価されない職種への転職を検討する

これらの方法により、成績に囚われずに働くことが可能になるでしょう。

営業を辞めるかどうかの判断基準3選

苦手克服方法を試しても、営業が向いてないと感じたら転職を検討することも1つの選択肢です。

異なる業界や営業方法を試すことで、新しい適性を見つけられる可能性もあります。

また、営業職以外の職種への転職も考慮に値します。

転職を検討する際には以下の点を判断基準としてみてください。

これらに当てはまる場合、転職を真剣に検討してもいいでしょう。

判断基準その1 仕事がストレスになっている

営業職の仕事が原因でストレスが溜まっている場合、転職を検討するのが賢明です。

様々な方法を試しても仕事への不満やモチベーションの低下が続いている場合は特にです。

ストレスを溜めながら無理して仕事を続けて、健康を害するリスクを無視することは出来ません。

新しい職種や業界変更の転職を真剣に考えてみることをオススメします。

判断基準その2 コミュニケーションを少なくしたい

人とのコミュニケーションが苦手な方は、営業職以外で転職を検討しましょう。

性格的に営業に向いていない可能性が考えられます。

コミュニケーションの少ない職種に挑戦してもいいかも知れません。

例えば、技術職でプログラマーやデザイナー、動画編集者などが適しているかもしれません。

これらの職種では、必要最低限な会話や文字ベースのコミュニケーションが主になります。

判断基準その3 他にやりたい仕事がある

営業職以外で情熱を感じる仕事がある場合は、転職活動を始めることをオススメします。

新しい経験は価値があり、行動することが大切です。

ただし、次の仕事が決まっていない状態での退職は辞めましょう。

まずは転職先が決まるまでは現職を続け、計画的にキャリア移行をしていくのが重要です。

自分にあった仕事を見つけ方3ステップ

ここまで色々と説明をしてきましたが、実際にどのような仕事が向いているのかを自分自身で把握出来ている人は少ないかも知れません。

まずは自分の個性や強みなどを知ることで自分にあった仕事や職種を探せるようになるでしょう。

ステップ1 自分の強みや個性を知る

自己理解の第1歩として、自分の強みや個性を知ることが重要です。

これらを実現する方法の1つとしてストレングスファインダーや他の個性診断ツールを利用することをオススメします。

特にストレングスファインダーは有料ですが、手軽に自分の強みを理解するのに役立ちます。

設問に答えるだけで34の資質を分析し、自分の才能を明らかにしてくれます。

(公式サイト:GALLUP ストレングスファインダー)

ステップ2 資格や知識を身につける

自分の強みを理解したら、次はそれを活かせる職種を探してみましょう。

専門的な知識や資格が必要な場合、積極的に学んでみるのも良いでしょう。

資格や知識は多く持っていても損はありません。

今は無料で学べるYouTubeや有料のオンラインプラットフォーム、Udemyなどで簡単に学べます。

これらを活用して、専門知識を身につけ、キャリアの選択肢を広げましょう。

無料学習の場合はyoutube

有料学習の場合はUdemy

営業以外の職種1例

職種必要スキル•資格
事務系経理簿記3級、2級
技術系プログラマープログラミング
動画編集編集技術、編集ソフトの操作性
WEBデザイナーデザイン力、編集ソフトの操作性

ステップ3 転職活動をする

スキルや知識を身につけたら、転職活動をしていきましょう。

自分で求人を探すことも良いですが、転職エージェントを活用することが特に効率的です。

転職エージェントは未公開求人の紹介も提供してくれる場合もあります。

また、転職活動に余裕がある場合は、副業を通して希望の職種を試すのもいいでしょう。

この行動により、新しい職種が本当に自分にあっているかどうかを事前に体験でき、転職活動における実績としても役立ちます。

転職を考えている方は以下の記事を参考にしてください。

転職を成功させる!おすすめ転職エージェントの特徴と向き合い方について

辞めるのは甘えではない!自分にあった仕事を見つけよう

最後に営業が向いてないから辞めたり職種変更するのは決して甘えではありません。

自分にあった職種を見つけることが重要です。

人それぞれには仕事の向き不向きがあり、無理に合わない職に留まるより、自分の強みを活かせる職を見つけ楽しく働くことでモチベーションが上がり、豊かな人生にしていけるのではないでしょうか。

自分を見つめ直し、得意なことや強みを理解して自分にあった道を進んでいきましょう。

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

-転職・キャリアアップ