広告 米国株

パランティア・テクノロジーズの将来性 AI活用事業の今後を解説【米国株】

凄まじい勢いで成長していくテクノロジー業界。

ビットコインなどの仮想通貨に使われているブロックチェーン技術やスマホと連動して動かせるIoT家電など、私たちの身の回りには新技術であふれています。

さまざまな技術の中で今一番話題となっているのがAIではないでしょうか。

ChatGPTのような生成AIや将棋のプロ棋士が使うようなAI学習ソフトなど、さまざまです。

近いうちに多くの職業がAIにとってかわるとまで言われています。

AI事業と聞くとイメージするのが、生成AI・自動運転・自動学習・AI学習に必要なクラウド・AIを作るのに必要な半導体、といった分野がメジャーです。

しかし、それらのメジャーな分野以外で注目を集めている企業があります。

(引用:株探米国)

パランティア・テクノロジーズはAIを活用した技術で投資家からの注目を集めています。

この記事では、パランティア・テクノロジーズの株価や将来性について解説します。


「大口投資家がどんな銘柄に投資しているのか確認できればなぁ・・」という方!!moomoo証券を使えば大口投資家の動向を無料でチェックできます↓↓

株式投資の情報収集におすすめの投資家向けアプリ・証券会社

moomoo証券

◼️moomoo証券のおすすめポイント

  • 無料デモ取引で勉強できる
  • 全世界2,000万ユーザー
  • 約7,000と最多水準の取扱銘柄
  • 米国株取引に24時間対応
  • 大口投資家の売買動向を確認できる
  • プロのアナリストの株価予測を確認できる
  • 投資の神様ウォーレンバフェットのポートフォリオと売買銘柄を確認できる
  • 日本経済新聞に投資家が使うツールとして掲載
  • Yahoo! JAPANファイナンスがパートナー企業なので安心

\無料で大口投資家が買った銘柄をチェックできるってどういうこと?/

moomoo証券の詳細をみる(公式サイト)

パランティア・テクノロジーズの概要

パランティア・テクノロジーズはアメリカのソフトウェア会社です。

2003年に設立、2020年9月末にニューヨーク証券取引所に上場しています。

パランティア・テクノロジーズの強みはビッグデータの分析です。

政府機関や大手企業が集めた膨大なデータを分析し、組織に必要な気付きを得るためのプラットフォームを提供しています。

パランティア・テクノロジーズが誕生したきっかけは9.11の同時多発テロ事件です。

このようなテロ事件が二度と起こらないように情報収集とAIを活用したデータ分析を行い、テロリストの活動の早期発見・防止を目指しました。

初期の製品は政府機関や防衛関連の組織に対するソフトウェアで、潜在的な脅威の視覚化と適切な対策を講じることが可能です。

その後、民間企業向けにも展開し、現在では金融・ヘルスケア・法執行機関などさまざまな分野の企業が利用しています。

上場当時は10ドルだった株価が2021年には45ドルの最高値を付けた後、2023年には10ドル以下になりました。

しかし、最近は注目を集めて25ドル付近を推移しています。

(引用:Yahoo!ファイナンス)

一体パランティア・テクノロジーズの何が投資家の注目を集めたのでしょうか?

この記事を読めば、以下のことがわかります。

  • パランティア・テクノロジーズの事業内容と強みついて
  • パランティア・テクノロジーズの将来性

パランティア・テクノロジーズが将来的にも伸び続ける銘柄か、判断する材料になるでしょう。

パランティア・テクノロジーズの事業内容と強みについて

パランティア・テクノロジーズの収益の柱は主に2つです。

  • ソフトウェアのプラットフォームの使用ライセンス料
  • 長期契約・サポートなどのサービスによる収入

一番の収益はプラットフォームの使用ライセンス料のサブスクリプションモデルになります。

プラットフォームには提供する組織や機能によって2種類を用意しています。

  • Gotham(政府機関向け)
  • Foundry(民間企業向け)

上記2種の保守運用を行うApolloというサービスも展開しており、常に最新機能を利用可能で、安全性と信頼性の確保が可能です。

Gothamでは、データの分析・統合を行い、犯罪予防・戦闘地域での意思決定を行えます。

ほぼリアルタイムの情報を視覚化し、決定者がデータ共有、データを基にした意思決定が可能です。

9.11のテロ事件後に発足しただけあり、政府や防衛期間が主に使っており、複雑な課題に対して有効策を提示します。

(参考:PalantirHP)

政府機関ではアメリカをはじめ、イギリスやドイツなどが使用しています。

Foundryでは、事業運営最適化が可能です。

組織が自社内のデータを統合、管理、分析し、データを基にした意思決定を行えるプラットフォームを提供しています。

Foundryが目指すのは、組織全体でデータ利用をすることを可能にし、データ使用の効率性と効果性の向上です。

  • 資産管理
  • エコシステム
  • サプライチェーン
  • エンジニアリングおよび製造
  • 医療サービス
  • 金融およびリスク管理

上記のように多様な分野で活躍し、大手企業が活用しています。

さらに、「AI/MLプラットフォーム分野の「リーダー」に選ばれる」、「世界人工知能ソフトウェア調査において市場シェアと売上高でNo.1」と認知も広がっています。

(参考:PalantirHP)

確かなサービスと実績により、信頼は絶大です。

AIが注目されるようになってから、深層学習や文章や画像の生成、多様な職業がAIに代替されるといったことが注目されています。

パランティア・テクノロジーズはAIを活用し、データの統合・分析・意思決定までの一連の流れを提供できることが強みです。

最先端技術を利用し、使いこなせる点がパランティア・テクノロジーズの強みといえるでしょう。

パランティア・テクノロジーズの将来性

パランティア・テクノロジーズの将来性はあると思います。

理由は以下のとおりです。

  • AI産業の市場規模と成長性
  • データの分析が難しい

世界のAI市場規模は2030年まで、日本のAIシステム市場規模も2027年まで拡大していくと予想されています。

(参考:総務省|令和5年版 情報通信白書 第2部 情報通信分野の現状と課題)

成長市場に身を置いているパランティア・テクノロジーズは、今後も伸び続けることでしょう。

パランティア・テクノロジーズが伸びると思う根拠は、データの分析が難しいからです。

以前、私は地方公務員として町役場で働いたことがあるのですが、統計を取るためにあらゆる計測やアンケート調査を行いましたが、その結果を町政に活かすことができていたとは思えませんでした。

データを収集することには長けていても、収集したデータを生かすことが難しいのです。

転職歴が多く、さまざまな業界・職種で働いたことがありますが、どの職場でも同じような現状でした。

収集したデータを有意なものにしたい、と考えている組織は多いでしょう。

パランティア・テクノロジーズが提供するサービスは、そのニーズに答えることができます。

パランティア・テクノロジーズは、これから世間の期待を集めていくのではないでしょうか。

まとめ:データ活用には未来がある。買うなら今!

パランティア・テクノロジーズはAIを使ったプラットフォームを提供し、ビッグデータの統合・分析を可能にする企業です。

主な収益の柱は、プラットフォームの使用料(サブスクリプション)とサポートサービスなどの利用料です。

政府機関や大手企業が顧客のため、財務状況の健全性が伺えます。

着実に売上を伸ばしていき、2023年度には黒字化を達成しました。

(引用:株探米国)

AI産業の市場規模と成長性、データ分析の難しさからパランティア・テクノロジーズの将来性はあると思います。

2019年にSOMPOホールディングスと提携し、パランティアジャパンを設立しました。

(参考:日経ビジネス|日本はリアルデータの「宝庫」)

日本はデータを集めるのは得意でも活用が苦手な国です。

今後は日本のような国々がパランティア・テクノロジーズのプラットフォームを使っていくのではないでしょうか?

そうなれば、パランティア・テクノロジーズの株価はもっと跳ね上がると予想します。

パランティア・テクノロジーズの株式を購入する時の参考にしてみてください。


「大口投資家がどんな銘柄に投資しているのか確認できればなぁ・・」という方!!moomoo証券を使えば大口投資家の動向を無料でチェックできます↓↓

株式投資の情報収集におすすめの投資家向けアプリ・証券会社

moomoo証券

◼️moomoo証券のおすすめポイント

  • 無料デモ取引で勉強できる
  • 全世界2,000万ユーザー
  • 約7,000と最多水準の取扱銘柄
  • 米国株取引に24時間対応
  • 大口投資家の売買動向を確認できる
  • プロのアナリストの株価予測を確認できる
  • 投資の神様ウォーレンバフェットのポートフォリオと売買銘柄を確認できる
  • 日本経済新聞に投資家が使うツールとして掲載
  • Yahoo! JAPANファイナンスがパートナー企業なので安心

\無料で大口投資家が買った銘柄をチェックできるってどういうこと?/

moomoo証券の詳細をみる(公式サイト)

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

-米国株
-