広告 米国株

スーパー・マイクロ・コンピューターの将来性|驚異の株価上昇を見せる銘柄の今後を解説【米国株】

スーパー・マイクロ・コンピューターは、1993年に設立されたアメリカのPCサーバー、マザーボードおよび周辺機器メーカーです。

(引用:株探米国)

2007年3月にNASDAQへ上場しました。

上場直後は9ドル前後の株価でしたが、現在はなんと780ドルオーバー!

テンバガーどころか、90倍近く値上がりしました。

スーパー・マイクロ・コンピューターは、ここまで右肩上がりに成長してきたわけではありません。

2024年に入り、爆発的に株価が上昇し始めたのです。

その勢いはアメリカの大手半導体メーカーのエヌビディアを凌ぐほど!

2022年末からの株価の上昇率は約700%にまでのぼります。

(引用:Yahoo!ファイナンスHP)

ここまで大きく株価を伸ばすと、その反動が怖いものです。

スーパー・マイクロ・コンピューターは今後も伸び続けるのでしょうか?

この記事を読むと次のことがわかります。

  • スーパー・マイクロ・コンピューターの事業内容
  • スーパー・マイクロ・コンピューターの株価が高騰した理由
  • スーパー・マイクロ・コンピューターの将来性

スーパー・マイクロ・コンピューターが将来的にも伸び続ける銘柄か、判断する材料になるでしょう。


「大口投資家がどんな銘柄に投資しているのか確認できればなぁ・・」という方!!moomoo証券を使えば大口投資家の動向を無料でチェックできます↓↓

株式投資の情報収集におすすめの投資家向けアプリ・証券会社

moomoo証券

◼️moomoo証券のおすすめポイント

  • 無料デモ取引で勉強できる
  • 全世界2,000万ユーザー
  • 約7,000と最多水準の取扱銘柄
  • 米国株取引に24時間対応
  • 大口投資家の売買動向を確認できる
  • プロのアナリストの株価予測を確認できる
  • 投資の神様ウォーレンバフェットのポートフォリオと売買銘柄を確認できる
  • 日本経済新聞に投資家が使うツールとして掲載
  • Yahoo! JAPANファイナンスがパートナー企業なので安心

\無料で大口投資家が買った銘柄をチェックできるってどういうこと?/

moomoo証券の詳細をみる(公式サイト)

スーパー・マイクロ・コンピューターの事業内容

スーパー・マイクロ・コンピューターは、台湾出身の起業家チャールズ・リャンが創業しました。

1993年からサーバー関連の製品を製造・販売を続けており、当初は部品やサブシステムを、成長とともにサーバー・ストレージ製品へと領域を拡大、安定した経営を行っています。

そのため、創業以来ずっと黒字を保っており、直近5年の業績は以下のとおりです。

(引用:株探米国)

2020年には少し減少していますが、おおむね右肩上がりです。

最終益と修正1株益にいたっては一度も落とすことなく利益を上げ続けています。

注目すべきは2022年以降です。

前期の営業益・経常益・最終益・修正1株益の2倍以上の利益を生み出しています。

なぜ、ここまで成長することができたのでしょうか?

理由は、経済のメガトレンドに乗ることができたからです。

スーパー・マイクロ・コンピューターは現在、AIやクラウドコンピューティングといった最先端のトレンドに乗った製品を提供しています。

さらに、グリーンITといった環境に配慮したテーマにも取り組んでいます。

※グリーンITとは、地球環境への負荷を低減できるIT関連機器やITシステムなどの総称です。

AIやクラウドは、Web3.0世代の神器ともいえる分野です。

その分野の最先端技術の需要は大きく、今後も成長が見込まれる市場です。

スーパー・マイクロ・コンピューターは「ビルディングブロック」と呼ばれる戦略により、顧客のニーズに対してサーバーやシステムを最適化することができます。

この競争優位性が、理由は、経済のメガトレンドに乗ることができたからです。

スーパー・マイクロ・コンピューターは現在、AIやクラウドコンピューティングといった最先端のトレンドに乗った製品を提供しています。

さらに、グリーンITといった環境に配慮したテーマにも取り組んでいます。

※グリーンITとは、地球環境への負荷を低減できるIT関連機器やITシステムなどの総称です。

AIやクラウドは、Web3.0世代の神器ともいえる分野です。

その分野の最先端技術の需要は大きく、スーパー・マイクロ・コンピューターに大きな利益をもたらしました。

さらにスーパー・マイクロ・コンピューターのサーバーは、業界で最もエネルギー効率が高いとされ、AI分野で重要視されています。

ビルディングブロックとグリーンITという2つの武器により、確固たる地位を築いたのです。

スーパー・マイクロ・コンピューターの株価が高騰した理由

2024年に入り、株価が高騰した理由はスーパー・マイクロ・コンピューターのサーバーに強い需要があるからです。

AIアプリケーションを実行する半導体のインフラであるサーバーが他社と比べ優位を持っています。

そのため、投資家からの注目を集めたのです。

2023年の10‐12月期の暫定決算が予想を上回ったことも要因です。

AIサーバー、特に冷却システムへの堅調な需要が示唆され、売上高見通しを引き上げました。

市場の見方は、スーパー・マイクロ・コンピューターはAI競争に関心がないとしています。

AIチップの購入先がどこであろうと、そのチップを接続し冷却する必要があります。

その冷却の役割を担うのが、スーパー・マイクロ・コンピューターの独壇場だからです。

メガトレンドの中のニッチな分野を制したスーパー・マイクロ・コンピューターは、AI競争から逃れた上に絶対的な地位を獲得しました。

スーパー・マイクロ・コンピューターの将来性

スーパー・マイクロ・コンピューターの将来性は明るいといえます。

スーパー・マイクロ・コンピューターの市場であるデータセンターサーバー市場が、2022年から2030年までの期間で年間成長率10%以上の成長が見込まれているからです。

2021年には600億ドル、日本円にして約6兆円の市場が毎年10%以上成長するとなると、とんでもなく大きな市場になります。

日本国内だけで見ても2022年に2兆275億円(前年比15.3%増)と非常に大きいですが、2026年には3兆2,083億円になると予想されています。

(参考:総務省)

(参考:IDC Japan株式会社)

少なくとも2030年まではスーパー・マイクロ・コンピューターの株価の上昇は見込まれます。

まとめ:スーパー・マイクロ・コンピューターは今後も伸びる

スーパー・マイクロ・コンピューターの事業内容は、AIやクラウドコンピューティングといった最先端の分野です。

その中でも、AIサーバーの冷却システムに注目が集まっており、AI市場においてニッチな分野で確固たる地位を築きました。

さらにスーパー・マイクロ・コンピューターのサーバーは業界で最もエネルギー効率が良いとされ、グリーンITの分野でも一目置かれています。

AI市場にグリーンITといった注目を集める分野で競合優位性を持つスーパー・マイクロ・コンピューターは、非常に優れた企業といえるでしょう。

また、スーパー・マイクロ・コンピューターが提供するサーバーの市場であるデータセンターサーバー市場は、2023年から2030年まで年間で10%以上の拡大が見込まれる市場です。

大きな成長が見込まれる市場で、競合優位性を持つスーパー・マイクロ・コンピューターは今後も伸び続けるでしょう。

市場の予測どおりなら少なくとも2030年までは伸び続けることが可能です。

現在の株価は2024年の年初と比べると大変高騰しているように感じますが、今後の伸びを加味すると、今購入することも悪くない選択肢ではないでしょうか?

スーパー・マイクロ・コンピューターの株式を購入する時の参考にしてみてください。


「大口投資家がどんな銘柄に投資しているのか確認できればなぁ・・」という方!!moomoo証券を使えば大口投資家の動向を無料でチェックできます↓↓

株式投資の情報収集におすすめの投資家向けアプリ・証券会社

moomoo証券

◼️moomoo証券のおすすめポイント

  • 無料デモ取引で勉強できる
  • 全世界2,000万ユーザー
  • 約7,000と最多水準の取扱銘柄
  • 米国株取引に24時間対応
  • 大口投資家の売買動向を確認できる
  • プロのアナリストの株価予測を確認できる
  • 投資の神様ウォーレンバフェットのポートフォリオと売買銘柄を確認できる
  • 日本経済新聞に投資家が使うツールとして掲載
  • Yahoo! JAPANファイナンスがパートナー企業なので安心

\無料で大口投資家が買った銘柄をチェックできるってどういうこと?/

moomoo証券の詳細をみる(公式サイト)

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

-米国株
-