広告 副業

動画編集者の将来性と生存戦略!増えすぎてオワコンなのかを解説

近年、YouTubeやTikTokなどの動画市場が拡大したことにより、動画編集者の需要が増えています。

しかし、動画編集ソフトやアプリの進化により、以前よりも動画編集のハードルが下がり動画編集者が増えすぎているのも事実です。

本記事では、増えすぎた動画編集者は本当にオワコンなのか、現実と将来性を踏まえてオワコンにならないための施策も解説します。

動画編集者は増えすぎた?本当にオワコンなのか

動画編集は、動画市場の拡大と共に誰でも出来るようになりました。

そこで動画編集者は急激に増え、オワコンとも言われているのが現状です。

なぜ動画編集者はオワコンと言われてしまうのか、本当にオワコンで将来性はないのかを解説します。

動画編集者の現実

数年前までは、動画編集と聞くと特殊な技術が必要で、難しく感じる人も多くいたでしょう。

しかし、現在ではYouTuberやTikTokerなど自分で撮影から編集、投稿までする人や趣味レベルでも動画編集する人が増えています。

また最近ではYouTubeのショート動画やInstagramのリール動画のように、短い動画のニーズが多いです。

よって動画編集の仕事の需要は多くあるが、副業でも手軽にできる仕事になり、報酬単価が徐々に減っているのが現実です。

年齢問わず、新規参入者も年々増え続けており、動画編集の仕事はレッドオーシャンと言えるでしょう。

動画編集者は将来性

ここまで増えすぎた動画編集者には、将来性はないのでしょうか。

結論は、将来性はまだまだある市場であり、オワコンとは到底言えないことだと考えられます。

動画サービスやSNS、広告ビジネスでの需要は、今後も止まることなく成長しそれに伴い動画編集者の需要もさらに高まるでしょう。

動画編集者が増えすぎていても大丈夫な理由

動画編集者はオワコンでなく、これからも需要は高まると解説しました。

なぜ、動画編集者が増えすぎていても大丈夫なのか、その理由を2つ紹介します。

  • 今後も増え続ける動画視聴者
  • 増えるが辞める人も多い動画編集者

上記の理由について、それぞれ解説します。

今後も増え続ける動画視聴者

現在はTV離れも進み、小学生でも携帯を持ち歩き動画視聴をしたり、子供をあやすためにも動画を見せたりと、現代の子供は動画と切っても切れないくらい身近なコンテンツです。

また、YouTube、Twitch、Instagram、TikTokなど多くのプラットフォームが存在し、 さまざまな企業が各プラットフォームで、動画を使って広告を流しています。

このことから、今後も動画視聴者は増え続け、動画編集者は必要とされると言えるでしょう。

増えるが辞める人も多い動画編集者

もう一つの理由は、動画編集者は増えるが辞める人も多いからです。

副業でも、簡単に始められるようになった動画編集の仕事は、始める人が多い反面、単価の問題や仕事が上手く獲得できず、辞めてしまう人も多くいます。

実際に、私の周りでも「動画編集は単価が安くなってきたから辞めた」や「レッドオーシャンで仕事が取れない」などと言って、動画編集から離れている人が少なくありません。

この現状をポジティブに捉えると、クライアントワークができるだけの技術を磨き、継続していればライバルが減り自分は生き残れるとも考えられます。

オワコンにならないための動画編集者はどんな人?

では、どんな動画編集者はオワコンにならずに仕事を受け続けられるのでしょうか。

  • スキルアップ
  • 適応能力
  • マーケティング能力

それぞれについて解説していきます。

スキルアップ

ある程度、案件が獲得でき仕事ができるようになっても自己研鑽は大切です。

スキルアップにより、仕事の幅を広げることで他に埋もれず継続的に案件を獲得できるでしょう。

現状に満足し、できる範囲のみで仕事をしていると時代の流れに埋もれてオワコンとなってしまいます。

適応能力

動画編集ソフトやアプリはアップデートを重ね進化を続けます。

近年ではAI(人工知能)の進化も著しく、AIと上手く共存することで仕事効率が向上することもありますが、一方で環境の変化に適応できずにいるとAIに仕事を奪われるなんてこともあり得る話です。

臨機応変に対応できる力も必要ということになります。

マーケティング能力

動画編集者として、動画編集スキルが高いことはもちろん前提ですが、マーケティング能力の有無も生き残りに左右されます。

市場調査や分析、トレンドにあったプロモーションの提案など、動画編集スキル以外で強みがあると仕事依頼や案件UPに繋がりオワコンとならずに生き残れるでしょう。

まとめ:動画編集者は増えすぎてオワコンなのかどうかは自分次第

本記事では、増えすぎた動画編集者は本当にオワコンなのか、現実と将来性を踏まえてオワコンにならないための施策も解説しました。

時代の変化により、動画編集者が増えすぎていることも増えすぎてオワコンと言われることも間違いではありません。

しかし、今後も動画市場は盛り上がること間違いなしであり、それに伴い動画編集者の需要が高まることも予想できます。

ですが、動画編集のクオリティーはより高度のものが求められるため、オワコンにならないためにもスキルアップや適応能力、マーケティング力など身につけることで激戦の動画編集市場で生き残ることができるでしょう。

まずは、クラウドソーシングサイトに動画編集の仕事が出ているのか?どのくらいの金額なのか?を確認することがおすすめです。以下に大手のサイトをまとめましたので、無料で登録して確認してみてください。

初心者におすすめのクラウドソーシングサイト5選

関連記事:

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-副業
-