広告 仮想通貨

NFTアート買ってどうする?NFTの使い道9つを解説【疑問解消】

NFTアートなんて、ただのデジタルの画像でしょ。

そんなものを買ってどうするの?

疑問に感じている人も多いと思います。

ですが、「売れた」「儲かった」などの話をSNSで見かけることも多くなり、気になりますよね。

そんなNFT初心者の方へ、NFTの使い道や買うメリット・何故買うのかを解説します。

この記事の著者は2022年5月にNFTの購入を開始。1年以上NFTに触れてきました。

NFTを買ってみた体験談もお伝えします。

ぜひ、最後まで読んでください。

NFTアート買ってどうする?NFTの使い道9つ

1:コレクションする

まずは何と言っても、コレクションです。

人は誰しも自分の好きなものを集めるのが大好き。子供の頃にカードを集めた経験はありませんか?好きなキャラクターのグッズを集めた経験はありませんか?

コレクションを友だちと見せ合うのは楽しかったと思います。

それと同じことがNFTでもできます。

しかも、NFTならウォレットアドレスにアクセスしてもらうだけで、日本中・世界中の人に自分のコレクションを見てもらえます。

さらにNFTはデジタルアートなので、劣化や破損の心配なし。

2:SNSのアイコンにする

NFTはSNSのアイコンにすることもできます。

NFTをアイコンにすることで、同じNFTの所有者にアピールできて交流が始まることも多くあります。


同じNFTを持っているインフルエンサーからフォローされたり、コメントが来ることも。

特に有名なNFTや、高額なNFTはアピールする力が強い。

最近では、著名人やインフルエンサーもアイコンをNFTにしている人を多く見かけるようになりました。


海外セレブの間では数千万円もする高級NFTをアイコンにすることが流行ったことも。



【BAYCを所有している有名人】

・ジャスティン・ビーバー(アーティスト)

・ネイマール(サッカー選手)

・エミネム(ラッパー)

(参照:BAYC(Bored Ape Yacht Club)とは?特徴や人気の秘密を徹底解説!

3:転売して稼ぐ

NFTは転売もできます。

人気のあるNFTだとほんの数日で何十倍にもなるものもあり、「爆益!」となることも。

新しい「せどり(転売)」としても捉えられています。

NFTは劣化・破損の心配がなく、梱包作業もいりません。クリック1つで発送も完了。

関連記事:NFTの稼ぎ方とは?初心者が稼げた実体験を紹介

4:メタバースのアバターにする

NFTアートを購入すると、メタバースで使用できるアバターがもらえるプロジェクトがあります。

・XANA GENESISS

・BABY

など。



↓は、メタバースで使用できるデジタルペット「XANA-PENPENZ」

https://pbs.twimg.com/media/Fmgja-mXEAMJPRa?format=jpg&name=small

5:コミュニティーに参加する

NFTプロジェクトにはコミュニティーがあります。

同じNFTを購入した人たちが集まるコミュニティーですので、アイコンにして入ると大歓迎してもらえます。

コミュニティーで活発にコミュニケーションを取っていると、仲間も増えて楽しい居場所に。

仲間たちと新しいプロジェクトを始める人がいたり、運営陣として誘われたりすることもあり、「仕事」につながる人もいます。


代表例は「DANKU」さん

コミュニティーに来るNFT初心者さんへの丁寧な対応が評価され、NFTコミュニティーNinjaDAOの「コミュニティーマネージャー」に抜擢されました。

https://twitter.com/DANKU_mj

6:優先購入券をもらう

NFTを買うと、優先購入券がもらいやすくなります。

「優先購入券」とは、「AL/WL」とも呼ばれるもので、NFTを優先的に「早く・安く」購入できるもの。

お得にNFTが買える招待券みたいなものです。

そのため「優先購入券をもらえたら、爆益確定」とさえいわれます。

NFTプロジェクトは、NFTを長期で保有して長くプロジェクトにかかわって欲しい。

そのため、売る人を選びます。優先購入券はその選別に活用されます。

つまり、優先購入券をもらってNFTをお得に買いたいのであれば、NFTを短期で手放さない方が有利といえるでしょう。

7:商用利用する

NFTアートは商用利用してもよいものがあります。

通常は自分が購入したとしても、他人がつくったアートを商用利用することは禁止です。

ですが、NFTプロジェクトは違う。
プロジェクトが生み出したアート・キャラクターの商用利用を、認めているプロジェクトがいくつかあります。

・NFTアートを使ってオリジナルのグッズを作って売ることが可能。

・自分の商品のアピールに使うことも可能。

・2次創作NFTさえも可能。

ただし条件があり、これは各プロジェクトによって異なりますので、しっかりと確認してください。

8:ギブアウェイする

ギブアウェイとは、プレゼントのことです。

自分が購入したNFTアートを、誰かにプレゼントする「ギブアウェイ企画」をTwitterなどで行う人は多く見られます。

・認知につなげる

・フォロワーさんへの感謝

などが目的です。

9:投資対象になる

NFTは投資対象になります。

NFTはこれから成長が期待できる分野ですので、市場の伸びとともにNFTアートの価値も上がっていくことが予想されます。

また、NFTは海外のユーザーにもリーチしやすく、販売や送付もクリック1つ。

マーケットプレイスに置いておけば、海外のユーザーが見に来て買っていく状況がすでに起きています。

「株を塩漬けしておくくらいなら売り払い、将来性のあるNFTアートを買った方がおもしろい」と判断する投資家も少しずつ増えています。

NFTアート買ってどうなった?【体験談】

ここでは記事の著者の体験談をご報告します。

2022年5月からNFTアートの購入を開始。1年以上経った結果はどうなったのでしょうか。

1:儲かった(含み益ですが)

2022年5月15日にリリースされたNFTアート「CNP」

マーケットプレイスでの最低価格は「0.569ETH」

日本円で「147,000円」(1ETH=260,000円 2023/07/13レート)

この「CNP」を、著者はリリース当日にマーケットプレイスで「5,000円」で買いました。

つまり、14万円ほどの含み益が出ています。

約30倍になりました。

儲かりました。

2:普段出会えない人たちと出会えた

NFTアートを買ってコミュニティーへ行くことで、新たな出会いがありました。

通常生活していても、つき合う人はだいたい固定してしまうもの。

ですが、NFTコミュニティーには様々な人がいます。普段の生活では出会うことのない人とコミュニケーションができます。

しかも、今NFTを買っている人はリテラシーが高く人としても質が高い傾向。

みんなでNFTアートを盛り上げていこう、とする気運が高く、仲間として迎えてもらえます。

コミュニティーで嫌な思いをしたことはまったくありません。

みなさんとても親切にしてくれます。

NFTコミュニティーは非常に心地よい空間ですね。

3:いち早く新しいテクノロジーに触れられた

NFTははじまったばかりの新しいテクノロジーです。

世の中を変えていくのはテクノロジー。

インターネットで人々の生活は大きく変わり、スマホの普及でさらに変わりました。

NFTもやがて普及していくことが予測されています。

NFTが世の中に普及していく前から触れておくことは、非常に意味があると言えるでしょう。

NFTアートは新しいテクノロジーに触れるよいきっかけです。

アートだけじゃない、NFTの使い道

NFTはテクノロジー

NFTなんてただのデジタルの画像でしょう。

そんなもの買ってどうするの?

と思っている方。NFTはアートだけではありません。

NFTはあくまでもテクノロジーです。

概念としてはインターネットと同じくらいのもの。

NFTのテクノロジーを使って何をしていくのかはこれから。

NFTアートは、NFTの使い道のほんの一例にすぎません。

支援の証明になる

NFTは支援の証明になります。

記録は「ブロックチェーン」と呼ばれる公開台帳に残されるから。

「ブロックチェーン」を閲覧してもらえれば、自分がいつどんな支援をしたのかが証明されます。

NFTアートを購入したアーティストが将来世界的に有名になったら……。

そのアーティストを無名時代から支援したことが証明されることに。

「あのアーティストは将来有望だと思ってた」と言うことはいくらでもできますが、今後は公にそれが証明される時代となります。

資金調達に使える

アニメ制作の資金調達にNFTが活用されました。

NFTアートを購入してもらい、売上がアニメ制作の資金になるものです。

なんと、開始1分で2,000万円ものお金が集まりました。

しかも、もっと資金提供したいという意見が殺到。

当初1回の予定だったものが、その後数回行われました。(参照:NFT活用クラウドファンディング、1分で2,000万円を調達。web3で人気のIP“CryptoNinja”のアニメ化プロジェクト

もちろん、このNFTを購入して資金援助したことは未来永劫証明されます。

チケットや本として販売されている

イベントのチケットや本としてのNFTがすでに販売されています。

・チケットの例(NFTチケットとは?特徴や活用事例を解説

・本の例(世界初NFT電子書籍セット「ハヤカワ新書」 二次流通でも著者に還元

まだまだ、不動産や学生証などにも使われ始めています。

これからNFTは様々な場面で活用されていくでしょう。

NFTアート買ってどうする【まとめ】


今回は、「NFTアート買ってどうするの?」という疑問にお答えしました。


NFTアートは、

・コレクション

・アイコン

などの使い道がありますし、転売して稼ぐことも可能。


コミュニティーに行くことで、新しい出会いもあります。

また、アートにとどまらないこともおわかりいただけたと思います。

これからNFTはますます活用されていくでしょう。

時代の新しい変化をいち早く体験するためにも、NFTアートを購入してみるのは非常に意義のあることだと考えられます。

せっかくNFTアートに興味を持ったのですから、はじめてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

                          [ライター名:とーひー

NFTの買い方↓

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

たまたま見つけた知識や聞いたことが人生を変化させることってありますよね。それが幸せになることも悲しみになることもあるはず。 当メディア「マネーリテラシー」は、ちょっとしたお得情報や体験談をわかりやすく、正確にまとめることで皆さまの幸せを増やします。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォローするだけで自然にお得な情報が得られます↓

-仮想通貨
-