広告 お得情報

YouTubeの広告が人によって違う理由と嫌な広告を失くす方法をご紹介!

YouTubeの広告が人によって異なるのは、視聴履歴や検索履歴、デバイスや地理的位置などを考慮してターゲットされているからです。

嫌な広告を避けるには、広告設定の管理で興味のない広告を非表示にしたり、検索や視聴履歴をクリアして個人情報を最小限にしたりする方法があります。

さらに、プライバシー設定をカスタマイズすることで、ターゲティングされる可能性を減らすこともできます。

このサイトでは、広告が表示される理由と広告を減らす方法についてご紹介します。

体験談:YouTubeの広告でお茶の間が凍った体験談

ある日、家族でテレビの画面でYouTubeの動画を見ていました。

芸能系のチャンネルを見ていたのですが、突然現れたセクシーな広告が再生されました。

5秒でスキップボタンが出たので、すぐにスキップできましたが、お茶の間は凍りついたような静まり返った状態になってしまったのです。

セクシーな広告を見た母から「変なのばっかり見ているから、こういうのが出てくるんじゃないの?」なんて言われてしまいました。

YouTubeに恥をかかされるとは、思ってもみませんでした。

皆さんも急にセクシーな広告やうざい広告が出てきて、楽しい雰囲気を台無しにするなんて経験があるのではないでしょうか。

今回はそんな苦い経験をしないためにも、YouTubeの広告の仕組みと広告を減らす方法を見ていってください。

YouTube広告が人によって違う理由とは?

まず、YouTube広告が人によって異なるのは、視聴者それぞれが異なる興味や嗜好を持っているからです。

YouTubeは視聴者に合わせて広告を出すことで、視聴者の関心を引きつけ、広告の効果を最大化しようとしています。

視聴者が自分の関心に合った広告を見ることで、商品販売に繋がりやすくなるからです。

こういった仕組みによって、YouTube側に収益が生まれ、長く運営を続けられるようになります。

ターゲティングによってYouTube広告が決まる

YouTube広告のターゲティングは、視聴者の動画視聴履歴と検索履歴に基づいています。

動画視聴履歴は、視聴者が過去にどのような動画を視聴したかを示す情報です。

たとえば、料理動画をよく見ている場合、YouTubeはその情報を利用して、料理に関連する広告をその視聴者に表示することがあります。

また、検索履歴は、視聴者が過去に何を検索したかを示すものです。

たとえば、誰かが特定の商品やトピックについて検索している場合、それに関連する広告が表示される可能性があります。

これらの情報は、個々の視聴者の興味や関心を把握し、それに基づいて広告をカスタマイズするために活用されます。

YouTubeは、視聴者が特定のジャンルの動画を視聴したり、特定のキーワードで検索したりすることによって得られる情報を収集し、それを広告のターゲティングに活用しています。

このようにして、視聴者の過去の行動に基づいてターゲティングされた広告が提供されることで、視聴者の関心を引きつけ、より効果的な広告体験が実現されるのです。

自分の属性を確認する方法

YouTubeの情報を確認することで、自分がどんな属性を持った視聴者なのかわかるようになります。

まずはGoogleアカウントでYouTubeにログインしましょう。

次にYouTubeのホームページに移動し、右上のアイコンをクリックして、ドロップダウンメニューから「設定」を選択します。

「設定」ページに移動したら、左側のメニューから「プライバシー」を選択しましょう。

「プライバシー」ページには、さまざまなプライバシー関連の設定が表示されます。

その中に「YouTubeの広告」があります。

「マイアドセンター」をクリックすることで広告に関連する設定や興味に基づく広告設定を確認できます。

「マイアドセンター」をクリックすることで、様々な広告を表示する設定が可能です。

広告ブランドを見ることで、自分のアカウントはどんな属性なのか確認できます。

YouTube広告非表示化の設定手順

マイアドセンターは広告を確認するだけでなく、正しく設定することで、嫌な広告を非表示にできます。

「プライバシーの管理」をクリックし、「広告の表示に使用されるカテゴリ」の中から、見たくないジャンルを選択して、オフにしましょう。

この手順を行うことで、嫌な広告が表示される頻度が減ります。

また、広告で特に表示されて困るのが、セクシーな広告やうざい広告です。

そういった広告が表示されないように設定しましょう。「広告のカスタマイズ」の中にある「デリケートなトピック」をオフにします。

この手順でさらに、嫌な広告を減らせます。

YouTube広告を失くすための実践的な手法

広告非表示を求める場合、YouTubeで最小限の広告を視聴する方法がいくつかあります。

ここからはYouTubeの広告を減らす方法についてご紹介します。

YouTube広告を最小限に抑える視聴方法

YouTubeでうざい広告を最小限に抑えるための方法は2つです。

まず、個人情報の収集を最小限にするために、YouTubeにログインせずに動画を閲覧することが挙げられます。

これにより、あなたの興味や関心に基づいた情報がYouTubeに蓄積されるのを減らせます

また、ブラウザのシークレットモードを活用することも効果的です。

これにより、個人の検索履歴やクッキー情報が保存されず、広告ターゲティングの材料となる情報が限定されます。

これらの方法を実践することで、YouTubeでのうざい広告を最小限に抑えられます。

ただし、設定やブラウザの利用方法は個々の環境によって異なるため、ご自身の環境に合わせて適切な方法を選択してください。

YouTube Premiumに入会する

広告を完全に減らすにはYouTube Premiumの加入が必須です。

YouTube Premiumに加入すると、うざい広告を見なくて済むだけでなく、さまざまなメリットがあります。

広告が表示されないことで、動画視聴がよりスムーズでストレスフリーになります。

また、バックグラウンド再生やオフライン再生といった便利な機能も利用できます。

YouTube Premiumは個人プランが月額1,280円(税込)、ファミリープランが月額2,280円(税込)です。

広告が見たくないなら、加入するかどうか検討するとよいでしょう。

広告ブロッカーがおすすめできない理由

過去には無料でYouTubeの広告を表示させないアプリケーションもありました。

しかし、YouTubeの規約には、サイトやサービスを意図的に操作したり、規約に違反したりする行為が禁止されています。

広告ブロッカーはYouTubeの広告表示を妨げるものであり、YouTubeの収益モデルに影響を与えるため、YouTubeはこれを許容していません。

近年では新しい広告ブロッカーのアプリケーションが開発されていますが、規約に引っ掛かる可能性があるため、使用はおすすめできません。

まとめ:ストレスを減らしてYouTubeを楽しもう

今回の情報を少しまとめると、まず、YouTubeの広告は見ている視聴者の属性に合わせて、効果的に表示されます。

そのため、YouTubeからマイアドセンターを開き、自分の属性を確認し、広告を表示されたくないジャンルをオフに設定しましょう。

広告を気にすることなく動画を視聴するために、YouTube Premiumへの加入を検討しましょう。広告のないストレスフリーな視聴体験が可能です。

これらの設定を見直して、快適な視聴環境を整えましょう。

関連記事:

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

人気記事トップ5

仮想通貨取引所のおすすめ3選!初心者にも使いやすい取引所をご紹介 1

仮想通貨を始める際にどの取引所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。 仮想通貨の取引所は、安全性や希望する取引が可能なのかを確認したうえで選ぶのが重要です。 この記事では、投資初心者の筆者が実際の体験談を ...

ふるさと納税のおすすめサイト5選!お得な選び方を徹底解説【2023年版】 2

2023年現在、ふるさと納税を受け付けているサイトは20を超え、各サイトごとに独自のポイント還元やキャンペーンを行っています。 ふるさと納税の実質負担は2,000円ですが、これらのポイント還元やキャン ...

FX自動売買やってみた 3

今より収入を増やしたいけど、昇給は期待できないし、副業をする暇はない。 このような悩みをお持ちの方には、FXの自動売買がおすすめです。 でも、FXといえば「ロスカットして借金した」なんて話を聞くし、難 ...

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 4

「Webライターの仕事を探したいけど、どのサイトがおすすめなの?」 「初心者におすすめのサイトはあるのかな。」 「クラウドソーシングって何?」 結論から言うと、初心者Webライターはまずクラウドソーシ ...

How to start Rakuten economic zone 5

圧倒的なポイント還元率でお得に暮らすことができる、人気No.1の楽天経済圏。 楽天経済圏には70を超えるサービスがあります。 利用するサービスだけでなく、始める順番によってもお得さは変わってきます。 ...

-お得情報