広告 転職・キャリアアップ

運送業を辞めたい方へ|辞めるための方法5ステップとメリット・デメリットを解説

運送業を辞める理由は人によって違いますが、「このまま本当に辞めて大丈夫なのか?」「転職して給料が減ったらどうしよ」「新しい業界に転職したいけど、どうしたらいいの?」など共通する悩みがあります。

辞めた人はワークライフバランスの改善、身体的・精神的負荷の軽減され、そして新たなスキルを身につけ労働時間は短くなり転職前よりも給料アップしている人も多いです。

なぜ運送業を辞めたいのか?辞める前に考えるべきポイント

仕事の負荷とストレス

運送業は長時間の運転や作業が伴うことが多く、肉体や精神的特に負荷が大きい職種です。

ストレスや疲労感が蓄積し、日常生活や家族との時間を犠牲にすることもあります。

給料とキャリアの見通し

運送業の給料は人によって様々ですが、労働時間や努力に比べ報酬が充分ではないと感じる場合もあります。

キャリアアップや成長の機会も限られていることがあります。

自分の将来や成長を考えるのもいいでしょう。

安全性とリスク

運送業は交通事故のリスクが高い職種の一つです。

長時間の運転や繁忙期による過重労働などが原因となり、事故の可能性が増えます。

これを踏まえて運送業のリスクを考えましょう。

個人の興味や適正

運送業に対する興味や適性は、仕事のやりがいや充実感に大きさまざまな影響を与えます。

自分が運送業に向いているのか自己分析を行うと良いでしょう。

運送業を辞めるための具体的な方法

ステップ1:目標と将来のビジョン

運送業を辞めたあとはどんな職種で働き、将来どんな生活を送りたいかになりたいか、どんな人になりたいかなど目標を決めるといいでしょう。

ステップ2:スキルの強化

運送業以外の職業に転職する場合、必要な知識やスキルを身に着ける必要があります。

新しい職業についてどんな知識やスキルが必要なのか良く調べて、専門学校やオンラインスクールで学ぶのもいいですし、独学も一つの手です。

ステップ3:転職先の情報収集

興味ある職種や業界をリサーチし、求人情報・業界の動向を確認。

企業の評判や将来性を調べ、自身のスキルや経験がマッチし、成長やキャリアアップの可能性がある転職先を選ぶとよいです!

ステップ4:履歴書の作成

自身の強みや今までの成果を具体的に分かりやすく自己PRを書きましょう。

名前、住所、連絡先、学歴、職歴などの基本情報を正確に書く。

スキルや資格は新たに就職するところで活かせそうなものは優先的に書きましょ う。

自己PRでは、自分のの強みやキャリアの目標、なぜその企業や職種に興味を持ったの理由を簡潔に書くとよいです。

書き終わったら誤字・脱字が無いかのチェックをしましょう。

ステップ5:面接対策

転職理由を具体的に説明しましょう。

例えば、運送業での成功事例や困難を乗り越えた経緯を説明し、その中で得た経験 やスキル、その職場でどのように活かせるかアピールするとよいです。

また、未経験の業界に転職する場合は新しいスキルを習得する意欲などの成長意欲 をアピールすることも重要です。

運送業を辞めるメリット

健康と日常生活の向上

運送業は長時間の運転や積込作業が伴い、肉体的・精神的な負荷が大きいです。

なので、辞めることでストレスや疲労感が軽減され、十分な休息の時間が確保できます。

成長の可能性

他の職業への挑戦する機会が得られ、成長のポテンシャルを求めることで、自己成長の幅を広げる事ができます。

リスクの軽減

交通事故のリスクが軽減され、安全な環境で働ける安心感を得られます。

運送業を辞めるデメリット

収入の減少

新しい職種での給料や待遇が運送業より低い場合があるので、それを考慮する必要があります。

知識や経験の活用の難しさ

他の職種に転職する場合、運送業での知識や経験を活かしにくという場合があります。

新たな職種で必要なスキルの習得時間と努力が必要になります。

イメージの変化

職業のイメージには個人差があり、 運送業を辞めることで社会的地位が変わる可能性があります。

運送業を辞めたあとのキャリアオプション

物流管理

運送業で培った知識や経験を活かして、物流計画や在庫管理、配送ルートの最適化など、効率的なプロセスに貢献できる仕事です。

運輸・交通管理

交通事故対策など、交通インフラや運送業界の発展に貢献する仕事です。

運送業の起業

自身の経験を活かして、運送業に関連した起業をするのも一つの手です。

まとめ

運送業を辞める決断は個人によって理由や結果は変りますが、不規則な勤務時間から解放され、プライベートの充実や家族との時間など休息に充てられる時間が増えます。

一方、給料の減少や新たな職種に転職するのにスキルや専門知識が必要になってくるので、習得までに時間がかかってしまいます。

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

たまたま見つけた知識や聞いたことが人生を変化させることってありますよね。それが幸せになることも悲しみになることもあるはず。 当メディア「マネーリテラシー」は、ちょっとしたお得情報や体験談をわかりやすく、正確にまとめることで皆さまの幸せを増やします。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォローするだけで自然にお得な情報が得られます↓

-転職・キャリアアップ
-