広告 PayPay

メルカリ売上金とPayPayの連携は可能?簡単にチャージする方法についても解説

便利な支払方法として電子マネー決済の普及が進んでいます。

その中で、メルカリ売上金を電子マネーのPeyPeyで使いたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

ほとんどの方は売上金をメルカリ内で使うか、メルペイにして加盟店で使うことが多いはずです。

せっかくなら、ヤフーショッピングで使えたり、加盟店が多いPeyPeyで使えるようになると便利ですよね。

そこで、今回は「メルカリ売上金はPeyPeyと連携できるの?」「チャージする方法は?」といった内容について解説していきます。

メルペイだけでは満足できない方はぜひ最後までご覧になってくださいね。

【基本】メルカリ売上金は3つの利用方法がある

メルカリ売上金は主に3つの利用方法があります。

ここでは、それぞれの利用方法の特徴について詳しくご紹介します。

①メルカリ内で使う

メルカリで買い物をすることが多い人は、メルカリでの購入ポイントとして使うのがおすすめです。

メルカリ売上金はそのままでは、メルカリでの買い物に使用できません。

そこで、メルペイ画面から売上金をポイントに交換する必要があります。

ポイントは1ポイント=1円で交換することができます。

ポイント交換の際には手数料がかからないので、メルカリ売上金を無駄なく使うことができます。

また、面倒な本人確認や口座登録をする必要がなく、メルカリ内での買い物がスムーズにできるのがメリットです。

②メルペイとして使う

メルカリを電子マネーで使いたい場合は、メルカリ売上金をメルペイ残高として使用するのがおすすめです。

メルカリの設定画面から「支払い用の銀行口座」と「アプリでかんたん本人確認」を登録すると、自動的に売上金はメルペイ残高に移行します。

このようにしておくと、メルカリ売上金を現金化する申請期限(180日)を気にすることなく使うことができます。

また、この移行の際には手数料がかからないので売上金が目減りすることはありません。

③現金化して使う

メルカリ売上金は現金にすることもできます。

メルカリ内での買い物やメルペイといった電子マネーでの利用をする機会がない方なら現金化しておくのがおすすめです。

売上金を現金化するには「振込申請」を行います。

振込申請を行うと、振込手数料の200円(お急ぎ振込を選択した場合はさらにプラス200円を引いた額が振り込まれます。

振込申請は180日以内と決まっており、その期間を過ぎてしまうと売上金は失効してしまいます。

ただし、事前に振込口座を登録しておくと期限を過ぎても残金が自動でその口座に振り込まれる仕組みになっているので、つい忘れてしまってもいいように事前に口座の登録は済ませておきましょう。

メルカリ売上金はPeyPeyと連携可能なの?

メルカリ売上金の主な利用方法は「メルカリ内の買い物」「電子マネーとしてのメルペイ」「現金化」の3つです。

しかし、中には加盟店の多いPeyPeyと連携させて日々の買い物に使いたいという方もいるのではないでしょうか。

現時点では、メルカリとPeyPeyの連携は「不可」です。

今後も連携する可能性は非常に少ないので、その理由をここで少し解説します。

連携不可な理由

メルカリとPeyPeyが連携不可となっている理由は、それぞれの提携会社がライバル関係だからです。

メルカリはドコモと業務提携をしており、メルペイでの支払いではバーコード決済の他にドコモが運営している電子マネーiD決済にも対応しています。

一方、PeyPeyはソフトバンクグループが運営している電子マネーです。

ドコモとソフトバンクはライバル関係にある会社ですので、今後もメルカリとPeyPeyが提携する可能性はかなり低いと考えられます。

メルカリ売上金を簡単にPeyPeyにチャージする方法

メルカリとPeyPeyが直接提携する可能性はありませんが、メルカリ売上金をPeyPeyで使えるようにする簡単な方法があります。

ここでは、その仕組みと方法について詳しく解説します。

メルカリ売上金をPeyPeyにチャージする仕組み

メルカリ売上金をPeyPeyにチャージする仕組みとは、メルカリ売上金を現金化し、その現金化したものをPeyPeyにチャージするという方法です。

仕組み自体は簡単なのですが、メルカリ売上金を一度現金化しなければならないので少し手間が掛かります。

ただし2つの手順を踏むだけで簡単にチャージができるので、ぜひ挑戦してみて下さい。

手順①メルカリ売上金を現金に替える

メルカリで商品が売れた後、売上が計上されたら以下の手順でまずは現金化の手続きを行います。

  1. メルペイ画面から「振込申請」を選択します。
  2. 「振込先口座情報」を登録したら「次へ」を選択します。
  3. 口座情報に間違いがなければ「はい」を選択します。
  4. 「振込申請金額」で振込みしたい金額に振込手数料の200円を入れた金額を入力します。
  5. 「お急ぎ振込」を選択するなら、「振込申請金額」の入力時に振込手数料200円にプラス200円(合計400円)を入れた金額を入力します。
  6. 「確認する」を押した後、申請金額を確認して「振込申請をする」を押したらメルカリでの手続きは完了です。

手順②現金をPeyPeyにチャージする

次にメルカリから銀行に振り込まれた現金をPeyPeyにチャージしていきます。

ただし、メルカリから銀行に入金されるまでには振込スケジュールによって数日かかります。

時間に余裕を持ってメルカリでの現金化を行い、PeyPeyへチャージするようにしましょう。

  1. PeyPeyのアプリから、ホーム画面にある「チャージ」を押します。
  2. 「チャージ方法」の箇所から、メルカリから売上金を振り込んだ銀行を選択します。
  3. そこからチャージしたい金額を入力して「チャージする」を押したら完了です。

【余談】メルカリ売上金はメルペイとして使うのがおすすめ

メルカリ売上金は一度現金化することで簡単にPeyPeyにもチャージすることができます。

加盟店の多いPeyPeyなら便利に使えるようになりますが、最もお得にメルカリ売上金を

使い切るなら電子マネーのメルペイとして使うのがおすすめです。

メルカリ売上金を現金化するときに手数料がかかる

メルカリ売上金を現金化するときの最大のデメリットは手数料がかかることです。

1回の振込申請で200円かかるので、現金化する回数が多いほど手数料が多くかかります。

一年間で毎月1回現金化するとなると、200円×12か月で2400円も手数料がかかることになります。

振込申請の回数を減らして手数料を節約する方法もありますが、現金化することができるのは売上金が入ってから180日以内に申請をした場合のみです。

この申請期限を超えてしまうと、売上金が消失してしまうので注意が必要です。

メルペイならメルカリ以外でも使える

メルカリ売上金をお得に利用するなら、電子マネーのメルペイで使うのがおすすめです。

一度「支払い用口座」と「本人確認」を登録しておくだけで自動で売上金がメルペイに移行するようになります。

この時に手数料はかかりません。

つまり、メルカリ売上金を損することなく使い切ることができます。

さらにメルペイにしておくと、現金化の時のような期限がないので、焦って使う必要もありません。

加盟店も徐々に増えており、iD決済が可能なお店でも使えるメルペイなら、日々の買い物で無駄なくメルカリ売上金を使うことができます。

まとめ:メルカリ売上金は簡単にPeyPeyにチャージできる!

今回はメルカリ売上金をPeyPeyにチャージする方法について解説しました。

一度現金化してからチャージするだけなので、思いのほか手続きも簡単です。

現金化するときの手数料さえ気にしなければ、ヤフーショッピングや加盟店の多いPeyPeyで便利に買い物をすることができるのが魅力的ですね!

もし、売上金を丸ごと使いたいと思っているなら、メルペイとして利用するのが最善策です。

メルカリ売上金をより便利に使えるように、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

たまたま見つけた知識や聞いたことが人生を変化させることってありますよね。それが幸せになることも悲しみになることもあるはず。 当メディア「マネーリテラシー」は、ちょっとしたお得情報や体験談をわかりやすく、正確にまとめることで皆さまの幸せを増やします。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォローするだけで自然にお得な情報が得られます↓

-PayPay
-,