広告 クレジットカード

楽天カードの利用可能額が回復しない理由4選!回復を早くする5つの方法なども解説

「楽天カードの引き落としって毎月27日じゃないの?27日になっても利用可能額が回復しないんだけど。なぜ?」

「楽天カードの利用可能額を早く回復させる方法ってある?あれば知りたいな」

そんな悩みを抱えていませんか?

楽天カードの利用可能額が引き落とし後に回復しない理由には、引き落としが反映されていない、キャッシングの返済が済んでいないなどがあります。

利用可能額の回復を早くする方法としては、繰り上げ返済などがあるでしょう。

この記事では、楽天カードの利用可能額について

  • 回復しない理由4選
  • 早く回復させる5つの方法
  • 回復の遅さに悩んだら増枠の検討する
  • 急ぎでお金が必要ならカードローンの利用を検討する

を解説します。

この記事を読むことで、楽天カードの利用可能額が回復しないと悩んだときに取るべき行動が分かります。

ぜひ最後までお読みください。

楽天カードの利用可能額が回復しない理由4選

楽天カードの利用可能額が回復しない理由として、以下の4つがあげられます。

  • 引き落としが反映されていない
  • キャッシングのリボ払い返済が済んでいない
  • 分割払いまたはリボ払いの利用金額が多い
  • 返済の延滞がある

1つずつ解説していきます。

理由①:引き落としが反映されていないから

楽天カードの引き落とし結果が、楽天e-NAVIに反映されないと利用可能額は回復しません。

引き落とし日は、毎月27日(土日祝日の場合、翌営業日)となります。

引き落とされた金額が利用可能額に反映される期間は登録した金融機関によって異なり、以下のとおりです。

  • 楽天銀行:27日(引き落とし日当日)または翌28日中
  • 楽天銀行以外の銀行口座:2~4営業日後に反映

引き落とし日が土日祝日や大型連休と重なった場合、反映が遅くなるため注意が必要です。

理由②:キャッシングのリボ払い返済が済んでいないから

キャッシングの利用により、利用可能額が回復しない場合もあります。

楽天カードのキャッシングの返済方法は、一括払いとリボ払いの2種類です。

キャッシングの返済を一括払いにした場合、ショッピング枠の返済と同じように利用日の翌月27日に引き落とされます。

しかし、返済をリボ払いにした場合、毎月一定の金額しか返済できず、返済した分だけしか利用可能額が回復しません。

理由③:分割払いまたはリボ払いの利用金額が多いから

分割払いまたはリボ払いの利用金額が多いことも、利用可能額が回復しない理由になります。

月々の返済額を抑えたいという理由で、分割払いまたはリボ払いを多用することもあるでしょう。

しかし多用することで、利用残高が増え返済額が減ります。

結果、利用可能額の回復が遅くなります。

理由④:返済の延滞があるから

返済の延滞がある場合、利用可能額は回復しません。

一例として、口座にお金を入れ忘れてしまい、残高不足で引き落としされていなかった場合もあるでしょう。

この場合でも、延滞したとみなされます。

楽天カード利用可能額の回復を早くする5つの方法

楽天カードの利用可能額の回復が遅いと感じた場合、少しでも早く回復したいと思うことでしょう。

ここでは、利用可能額の回復を早くする方法として、以下の5つを紹介します。

  • 楽天銀行の口座を開設する
  • 毎月27日の引き落とし日より早く返済する
  • リボ払いの残額を一括返済する
  • 分割払いの残額を一括返済する
  • 延滞している支払いを返済する

1つずつ解説していきます。

方法①:楽天銀行の口座を開設する

(画像引用元:楽天銀行

楽天カードの利用可能額を少しでも早く回復させたい場合、楽天銀行の口座を開設し、口座振替の登録をしましょう。

楽天銀行を口座振替に登録している場合、毎月の引き落とし日である27日の当日または翌28日中に利用可能額に反映されます。

楽天銀行以外の銀行の場合、毎月27日から2〜4営業日後の反映となり、楽天銀行と比べて反映が遅くなります。

楽天銀行の「スピード口座開設」であれば、最短翌営業日で開設、利用可能です。

利用可能額を1日でも早く回復させたい場合は、楽天銀行の口座の開設をおすすめします。

関連記事:楽天銀行の5000ポイントはいつもらえる?キャンペーンの詳細を解説

方法②:毎月27日の引き落とし日より早く返済する【一部繰り上げ返済】

楽天カードは繰り上げ返済が可能です。

毎月27日の引き落とし日より前に返済できます。

繰り上げ返済は、楽天カードコンタクトセンターで手続き可能です。

電話番号は、以下になります。

電話番号:0570-66-6910(有料)

営業時間: 9時30分~17時30分(土日祝日対応、年末年始は休み有)

上記電話番号が利用できない場合、以下の電話番号に連絡しましょう。

092-303-7188(有料)

または

092-474-6287(有料)

楽天カードを手元に置いて電話すると、スムーズに手続きができます。

なお、繰り上げ返済は受付期間の締め日(口座振替済:毎月24日、コンビニ・銀行振込払い:10日)までに、手続きと振込みを済ませる必要があります。

手続きは締め日前に済ませたものの、振込みが締め日以降となった場合、27日の引落しに間に合わず返済ができません。

二重払いとなり、口座残高を調整する必要があるため注意が必要です。

方法③:リボ払いの残額を一括返済する【ショッピング枠・キャッシング枠】

ボーナスや臨時収入などでお金に余裕ができたときは、一括返済することで利用可能額を早く回復できます。

楽天e-NAVIの「リボ残高のおまとめ払い」から手続きすることで、次回の引き落とし日に全額返済ができます。

全額返済だけでなく、リボ残高の一部返済も可能です。

なお、毎月のリボ払いの返済金額も増やせます。

リボ払いの返済金額を増やすことで、支払う手数料や返済回数を減らせます。

お金に余裕があるときは、一括返済などで利用可能額を早めに回復させましょう。

方法④:分割払いの残額を一括返済する

楽天カードは、分割払いの残高も一括返済できます。

自動音声専用ダイヤルから手続き可能です。

電話番号は、以下となります。

0120-30-6910(24時間対応、通話料無料)

電話をかけたら音声案内に従って、以下の手順で手続きします。

  1. 「4」の支払関連を選択
  2. クレジットカード番号、生年月日を入力
  3. 「1」のご利用残高の一括(全額)お支払いを選択

なお、一括返済の受付期間は、引き落とし結果の反映後から翌月9日14時45分まで(土日祝の場合は前営業日)です。

受付期間外は、チャットサポート(楽天e-NAVI内)または楽天カードコンタクトセンターへの問い合わせとなるため注意が必要です。

方法⑤:延滞している支払いを返済する

延滞している支払いがあれば、1日でも早く返済しましょう。

返済することで、利用可能額の回復ができます。

なお、返済を延滞すると遅延損害金が発生します。

遅延損害金は引き落とし日の翌日から返済までの期間に対して発生し、年率は以下のとおりです。

  • ショッピング枠:14.6%
  • キャッシング枠:20%

延滞した金額に加えて、遅延損害金を支払うことになります。

返済が遅くなると支払う遅延損害金も増えるため、1日でも早く返済しましょう。

楽天カードの利用可能額が回復しないと悩んだときは増枠する

楽天カードの利用可能額の回復を早くする方法を解説しましたが、それでも回復の遅さに悩む場合は増枠を検討しましょう。

増枠の申請は、楽天e-NAVIからできます。

楽天e-NAVIからできない場合、楽天カードコンタクトセンターかチャットサポート(楽天e-NAVI内)から申請可能です。

増枠には審査があり、結果が出るのは最短で申請当日、最長で1週間ほどです。

そのほか増枠申請の際に、収入や職業に関する情報を入力する必要があります。

なお、楽天カードでは一時増枠もできます。

一時増枠にも審査があり、結果が出るのは最短で申請当日、最長で3日ほどです。

一時増枠は、審査が完了した日から3ヶ月間のみ有効です。

楽天カードでは、割賦枠の増枠もできます。

割賦枠とは、分割払いやリボ払い、ボーナス払いの利用可能額の上限をいいます。

ただし、リボ払いの返済のために割賦枠を増枠して利用可能額を増やす場合は、注意が必要です。

具体的には、以下の3つの注意点があります。

  • 返済総額が増える
  • 返済期間が延びる
  • 返済の終わりがみえないおそれがある

リボ払いは月々の返済額が一定になる分、利用残高に手数料が加算されますが、利用残高が多いほど支払う手数料も増えます。

リボ払いの利用可能額を増やしても、月々の返済額を少額に設定している場合、大半が手数料の返済にあてられます。

結果、利用残高がほとんど減らないことになるため、注意が必要です。

関連記事:リボ払い100万円超えの原因と1年半で完済した体験談

急ぎでお金が必要なときはカードローンを利用する

楽天カードの利用可能額が回復しないことに悩む理由が、急ぎでお金が必要という事情であればカードローンの利用を検討しましょう。

カードローンとは、お金を借りることに特化したキャッシング専用のサービスです。

審査は必要ですが、最短30分ほどでお金を借りることができます。

アコムプロミスといった大手の消費者金融であれば、24時間365日申し込み可能です。

カードローンの注意点として、いわゆるヤミ金である違法な業者を利用しないことです。

「無審査」や「誰にでも貸します」などと、うたっている業者が当てはまるでしょう。

賃金業法(第13条:返済能力の調査)において、消費者金融が顧客にお金を貸す際には事前の審査が義務付けられています。

審査がない、誰でも利用できる、といった理由で違法な業者からお金を借りることは、後々のトラブルになります。

絶対に利用しないようにしましょう。

関連記事:カードローンが払えない!遅延を絶対に放置してはいけない理由とは

まとめ

この記事をまとめると、以下のとおりです。

  • 楽天カードの利用可能額が回復しない原因は以下の4つ
    • 引き落としが反映されていない
    • キャッシングのリボ払い返済が済んでいない
    • 分割払いまたはリボ払いの利用金額が多い
    • 返済の延滞がある
  • 楽天カード利用可能額の回復を早くする方法は以下の5つ
    • 楽天銀行の口座を開設する
    • 繰り上げ返済する
    • リボ払いの残額を一括返済をする
    • 分割払いの残額を一括返済する
    • 延滞している支払いを返済する
  • 利用可能額が回復しないと悩んだときは増枠を検討する
  • 急ぎでお金が必要なときはカードローンを利用の検討をする

楽天カードを利用可能額ギリギリまで利用している場合、1日でも早く回復したいと思うことでしょう。

土日祝日や大型連休が引き落とし日に重なった場合、回復が遅くなります。

利用可能額の回復の遅さに悩む場合は、増枠を検討しましょう。

ただし、増枠した結果、さらなる使い過ぎにつながるおそれもあるため注意が必要です。

この記事を参考に、楽天カードを計画的に利用することをおすすめします。

関連記事:楽天経済圏の始め方2023!効率よくポイントを貯めるコツを初心者向けに解説

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

-クレジットカード