広告 お得情報

今すぐ5,000円作る方法計8選!審査なしで作る方法や高校生でもできる方法、5つの注意点も解説

「今すぐ5,000円を作る方法ってある?給料日前だから金欠で携帯電話料金が支払えないかもしれなくて。」

「欲しい物があるんだけど、高校生でも今すぐ5,000円を作る方法ってある?」

そんな悩みを抱えていませんか。

結論をいいますと、今すぐ5,000円を作る方法はあります。

審査が必要なものから審査もなく高校生でもできる方法もあり、合法的にお金を作ることも可能です。

この記事では、今すぐ5,000円作る方法について

  • 審査なしの方法5選
  • 審査が必要な方法3選
  • 注意点5選

を紹介します。

この記事を読むことで、今すぐ5,000円を作る方法に加えて知っておくべき注意点も分かります。

ぜひ最後までお読みください。

審査なしで今すぐ5,000円作る方法5選【高校生でもできる】

ここでは審査なしで今すぐ5,000円作る方法として、以下の5つを紹介します。

  • 家族や友人から借りる
  • 不要品を売る
  • 質屋で借りる
  • 日払いバイトで稼ぐ
  • スマホアプリを利用する

1つずつ解説していきます。高校生でもできる方法があるため、ぜひお読みください。

方法①:家族や友人から借りる

5,000円であれば、家族や友人から借りることも一つの方法です。

借りる際は、5,000円が必要な理由や返済期日をしっかりと伝えましょう。

すぐに欲しい物があるけど、今は手持ちのお金が無いから5,000円を貸してほしい、1週間後の〇日までには必ず返す、などと伝えることが大切です。

返済期日を自分から設定し、伝えることで貸す側の家族や友人を安心させられるでしょう。

ただし返済期日は原則、守る必要があります。

もし遅れる場合は、遅れる理由を伝えて新たな返済期日を設定し納得してもらうことを心がけましょう。

方法②:不要品を売る【高校生は保護者の代行または同意書が必要】

使わなくなった不要品を売ることも、今すぐ5,000円を作る方法の一つです。

以下のものは、高額買取が見込めるでしょう。

  • 腕時計
  • ブランドバック
  • ブランド服
  • アクセサリー(貴金属や宝石など)
  • ゲーム機
  • カメラ
  • 使っていないスマホ
  • 家具、家電
  • スポーツ用品

心当たりがある品物があれば、売却の検討をおすすめします。

高額買取が見込めるものが無くても、不要になった漫画やDVD、ブルーレイなどを大量に売却すれば、5,000円ほどであれば作れるでしょう。

なお高校生が不要品の売却をする場合、保護者に付き添ってもらう必要があります。

都道府県条例で、不要品の買取には年齢制限が定められているためです。

保護者の付き添いが難しい場合、同意書を一緒に提出することで買取してもらえる店舗もあります。

書式は買取店舗によって異なるため、事前に確認することをおすすめします。

関連記事:中学生・高校生でも安全にお小遣い稼ぎができる11選【スマホで手軽に副業】

方法③:質屋で借りる【高校生は保護者の代行が必要】

使わなくなったとはいえ売るのは嫌だという場合は、質屋に預けてお金を借りる方法もあります。

質屋は、自分の品物を預ける代わりにお金を貸してもらえるお店です。

預けた品物を返してもらうためには、期限までに借りたお金と利息を返す必要があります。

5,000円を作る理由が給料日前の金欠で携帯電話料金が支払えないけど、給料日になれば返済できるなどといった一時的にお金が必要というものであれば、質屋の利用も検討しましょう。

なお、高校生は質屋でお金を借りる場合、保護者に付き添ってもらって手続きを代理してもらう必要があります。

同意書を提出しても、利用はできないため注意が必要です。

方法④:日払いバイトで稼ぐ

家族や友人がお金を貸してくれない、売れる物がないという場合は、日払いバイトで5,000円を稼ぎましょう。

5,000円であれば、日払いバイトでも十分に稼げる金額です。

イベントスタッフやデータ入力などのオフィスワークもあり、面接不要で即採用のバイトもあります。

日払いバイトの検索は、以下のアプリからもできます。

高校生でも採用してもらえるバイトもあるため、土日祝日や部活動が無い日などを利用して日払いバイトで稼ぎましょう。

関連記事:単発バイトはやめたほうが良い?適性や求人次第ではデメリットばかりではない

方法⑤:スマホアプリを利用する【ポイ活】【高校生が5,000円作るのは時間がかかる】

結論をいいますと、スマホアプリでポイ活することは今すぐ5,000円を作る方法ではあるものの、今すぐ5,000円を受け取れる方法ではありません。

出金までに時間がかかるためです。

この項目で紹介するポイ活とは、ポイントアプリを経由してサービスの申し込みをすることでポイントを稼ぐことを指します。

例として以下の案件ですと、5,000円以上のポイントを稼ぐことができます。

  • クレジットカードの発行
  • 証券口座の開設
  • 光回線の開通
  • 投資セミナーへの参加
  • ガスの申し込み
  • 合宿免許の予約 など

以下のポイントアプリであれば、1ポイント=1円で交換可能です。

ポイ活では、アプリを経由してサービスを申し込むだけでポイントが稼げるわけではありません。

例として、証券口座の開設の場合を紹介すると、開設に加えて一定額以上の取引が必要などの条件が設定されていることもあります。

条件を満たさないと無効となり、無駄にサービスに申し込むことになるため注意が必要です。

なおポイ活アプリは、高校生も利用できます。

サービスの申し込みだけではなく、アプリを経由して楽天市場などの通販サイトで買い物するだけでもポイントが稼げます。

多くの案件があり、コツコツ稼いでお小遣いにすることもできるため、高校生も積極的に利用することをおすすめします。

関連記事:ポイ活は稼げるのか?1万円貯めるための方法を体験談から徹底解説

今すぐ5,000円作る方法3選【審査が必要、高校生不可】

ここでは、審査が必要ですが5,000円を作る方法として、以下の3つを紹介します。

  • クレジットカードのキャッシングを利用する
  • 消費者金融を利用する
  • 銀行カードローンを利用する

1つずつ解説していきます。

方法①:クレジットカードのキャッシングを利用する

クレジットカードを持っている場合、キャッシングを利用することで今すぐ5,000円が作れます。

ただし、すべてのクレジットカードにキャッシング枠が付いているわけではありません。

クレジットカードの申し込み時にキャッシング枠を付けることを忘れていて、付いていない場合も考えられます。

今すぐ5,000円作る方法としてクレジットカードのキャッシングを利用する場合、まずはキャッシング枠が付いているかどうかの確認をおすすめします。

もしキャッシング枠が付いていない場合、次で紹介する方法で5,000円を作りましょう。

関連記事:キャッシングの金利が安いおすすめのクレジットカードはどれ?厳選した7選と間違えやすい部分も解説

方法②:消費者金融を利用する

消費差金融を利用することで、最短20分ほどで5,000円を借りられます。

審査は必要ですが、すぐに5,000円が欲しいときには有効な手段です。

アイフルアコムプロミスといった大手の消費者金融であれば、24時間365日申し込み可能です。

アイフルやアコム、プロミスは一定の期間、無利息(利息0)で借りられる無利息サービスを提供しています。

無利息サービスの期間は、初回契約日の翌日から最大30日です。

無利息サービスの期間中に返済すれば、利息を支払う必要がありません。

今すぐ5,000円を作りたい場合、消費者金融の利用を検討しましょう。

関連記事:消費者金融からの借金800万円の返し方|自力で返す方法を徹底解説

方法③:銀行カードローンを利用する

利用している銀行にカードローンがあれば、銀行カードローンで5,000円を作ることも一つの方法です。

ただし消費者金融と比べて申し込んだら即日、お金が借りられるわけではありません。

審査もあり、最短でも翌営業日でないとお金を借りることは難しいといえるでしょう。

しかし即日にお金を借りることが難しい分、消費者金融と比べて、金利が低いという特徴があります。

金利が低いということは、消費者金融よりも支払う利息が減って、お得にお金を借りられるということです。

「今すぐ」が即日5,000円を作りたいというわけではない場合、銀行カードローンの利用をおすすめします。

関連記事:カードローンが払えない!遅延を絶対に放置してはいけない理由とは

今すぐ5,000円作る方法の注意点5選【高校生も知っておきたい】

ここまで今すぐ5,000円を作る方法を計8つ紹介しましたが、注意点もあります。

注意点は、以下の5つです。

  • ヤミ金業者は利用しない
  • 家族や友人からお金を借りた場合、必ず返済する
  • クレジットカードの現金化は避ける
  • ギャンブルは避ける
  • 節約を検討する

高校生もこれから卒業して、進学就職した後のためにも知っておいて欲しい内容です。

ぜひお読みください。

注意点①:ヤミ金業者は利用しない

「無審査」や「誰にでも貸します」と、うたっている業者が見受けられます。

いわゆるヤミ金業者です。

ヤミ金業者からは、お金を借りないようにしましょう。

賃金業法(第13条:返済能力の調査)において、金融業者は顧客にお金を貸す際には事前の審査が義務付けられています。

審査をせずにお金を貸すことは、法律違反となります。

5,000円ほどを借りるのであれば、審査がなくて誰でも借りられるということは、有効な手段だと思うかもしれません。

しかしヤミ金業者でお金を借りてしまうと、法外な利息を請求されるなどのトラブルに発展する可能性が高いといえます。

ヤミ金業者からは、絶対にお金を借りないようにしましょう。

注意点②:家族や友人からお金を借りた場合、必ず返済する

借りたお金は必ず返済しましょう。

期日までに返せそうにない場合、期日よりも前にお金を借りた人に返せない事情を説明することが大切です。

期日直前や期日を過ぎての相談は避けるべきです。

事前の説明といったコミュニケーションを怠ると、関係が壊れる可能性が非常に高くなります。

本来であれば、家族や友人であってもお金の貸し借りは避けた方がよいといえます。

しかし、やむを得ない事情でお金を借りるときもあるでしょう。

家族や友人とお金の貸し借りをした場合、誠意ある対応の心がけをおすすめします。

注意点③:クレジットカードの現金化は避ける

クレジットカードの現金化とは、換金率が高い商品をクレジットカードで購入し、買取業者などで売却して現金化することをいいます。

クレジットカードの現金化は、法律に違反する行為ではありません。

しかし各クレジットカード会社が、規約で禁止している行為です。

クレジットカードの現金化がバレると、強制解約のおそれがあります。

強制解約されると信用情報機関に事故情報が登録され、ブラックリストに入ります。

ブラックリスト入りすると

  • 新しいクレジットカードが作れない
  • 住宅や車のローンが組めない
  • スマホが分割払いで購入できない

などの悪影響が出るでしょう。金融庁や消費者庁もクレジットカードの現金化を警告しています。

例えば、誕生日にプレゼントする目的で、クレジットカードで商品券を購入したけど結局、プレゼントしなかったなどの理由で換金したいという場合もあるでしょう。

買ったけど使わなかったから換金するという行為自体は、十分想定できるためカード会社も大目にみてもらえるといえます。

しかし故意にクレジットカードの現金化を繰り返すことは、バレる可能性が非常に高いため避けることをおすすめします。

関連記事:クレジットカードの信用を上げる3つの方法!5つのNG行動やクレヒスについても解説

注意点④:ギャンブルは避ける

娯楽目的でなく、お金を作る目的でギャンブルすることは避けましょう。

お金を作る目的でギャンブルする場合、心に余裕がなくなっていることが多いため、冷静な判断ができなくなります。

お金を作るどころか、失う可能性が高くなるでしょう。

万が一ギャンブルでお金が作れたとしても、またギャンブルでお金を作ればいいという依存心が生まれます。

お金を作る手段として、ギャンブルを選ぶことは避けましょう。

関連記事:ギャンブルで後悔した体験談|銀行カードローンで借金100万

注意点⑤:節約を検討する

節約することも、お金を作る方法です。

例えば

  • スマホのキャリアを格安SIMにする
  • 利用頻度が減ったサブスクを解約する
  • 通勤や通学時に目的駅の1駅手前で降りて歩く(定期券を利用していない場合)

なども節約につながります。

筆者は過去に両親のスマホのキャリアを、docomoから格安SIMのOCNモバイルに変更しました。

変更前は二人で月2万円の携帯電話料金を支払っていましたが、OCNモバイルへ変更したことで二人で月3,000円ほどになりました。

月1万7,000円ほどの節約に成功したのです。

お金を作る方法だけでなく、節約も検討することもおすすめします。

関連記事:スマホ料金プランの節約方法と裏ワザを紹介!固定費見直し&ディアルSIM活用でゆとりある生活にしよう【体験談】

まとめ

この記事をまとめると、以下のとおりです。

  • 審査なしで今すぐ5,000円作る方法は以下の5つ
    • 家族や友人から借りる
    • 不要品を売る
    • 質屋で借りる
    • 日払いバイトで稼ぐ
    • スマホアプリを利用する
  • 審査が必要だけど今すぐ5,000円を作る方法は以下の3つ
    • クレジットカードのキャッシングを利用
    • 消費者金融を利用
    • 銀行カードローンを利用
  • 今すぐ5,000円を作る方法の注意点は以下の5つ
    • ヤミ金業者は利用しない
    • 家族や友人からお金を借りた場合、必ず返済する
    • クレジットカードの現金化は避ける
    • ギャンブルは避ける
    • 節約を検討する

今すぐ5,000円を作る方法は、社会人や専業主婦(夫)だけでなく高校生でもできます。

しかし今すぐ5,000円を作る方法には注意点もあり、無視すると家族や友人との関係が壊れたり、ブラックリスト入りしたりとトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

この記事を参考に、正しい形で5,000円を作るようにしましょう。

  • この記事を書いた人

マネーリテラシー編集部

お金の知識を発信する「マネーリテラシー」編集部です。 当メディアの記事内容や体験談は、ライターが執筆したリアルな体験談や記事を編集者が校正・チェックをした上で公開されています。 インスタグラムではさらにわかりやすくお金の情報を発信中!フォロー&いいねが励みになっています↓

-お得情報